バレエ作品を踊ろう、レッスンレポ

こんにちは。

昨日はポワント特別クラスを行いました。
暑い日で、しかもやむを得ないキャンセルが出たり等でマンツーマンに。
でも頑張ってくださいました。

またタイプラプス動画を撮りました。
今回は床に直置きにしたため、全体が低く見えていますが
実際は天井も吹き抜けになっていて、とても良い感じなのです。
もっと上手く撮らないといけませんね(汗)


”経験が有る”方のバックグラウンドも様々。
高校生ぐらいまではポワントを履いて踊ったことがあっても
そこから時間が過ぎてしまうと、感覚なんてすっかり変わっちゃいます。

そのためただ「踊ってもらう」だけでなく、その前の必要なことを伝えておかないと
怪我の元になるので。(なのでポワントシューズは、かなりハードルが高くて当然)

まずバーレッスンの最初はバレエシューズ。途中でポワントに履き替え
足慣らしやバランスを取る練習を行った後、振り写し。
バーを掴まった状態ではそれなりに大丈夫でも、実際に支えが無いと爪先が痛くなったり
指先が痛くなったりします。それは体重が乗っかってしまうから。
なのでその場合は無理せずにやってもらい、補強のためのグッズを紹介したりもします。

ゴムを使ってバランスの拮抗を感じてもらうお手本中

ライモンダの作品についても簡単に説明。
Act3のソロは特に、自分の感情を抑えて昇華させる側面があるので
どちらかと言うと本当に「大人の女性」向けのものかなぁと思います。
テクニックもだけど、作品の背景も知っておくと良いですよね。

個人的なことですが、膝の痛みが徐々に解消されつつあり
昨日初めて、殆どポワントでこちらの手本を見せることができました。
(最後の部分はカットしてますが)
今治療を二つの側面から見ながら行っているところ。
この先まだどうなるやらですが、長く踊れるためにも頑張りたいと思います。

『大人のバレエはエレガントに美しく』
2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。→5月末まで入会キャンペーン!

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。

体験、レッスンに関してのご質問やお問い合わせはこちらから。
講師依頼等も承ります。

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ