お手伝いに感謝

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

4月末から幼稚園でのバレエに、お手伝いの方が加わました。

まずは姉妹園の保育園からの、お子さんの送迎をお願いしています。以前は毎回園の先生に頼っていたのですが職員不足とのこともあり、10数分程度のことであっても大変だな…と思っていたので。
そして、子どもたちの着替え。
通常のバレエ教室の場合、親御さんや場合によってはベビーシッターさんが送迎し
着替えさせますが、園の中のため教師側が着替えさせます。
(コロナ禍で親御さんは入ってこれない約束があるため)
一人でみれるのは3~4人が限界。今回人数も少し増えて、手が足らず。

クラス前には教室内の拭き掃除をして、バーを並べて、備品をチェック。
その後子供達のお迎え~着替え、そしてクラス。
そんな中大人の手が一人増えたことで、本当に助かります。
帰りはいつもぐったり・・・1時間半近くの移動はいつも爆睡。

子供の世界に触れてないと(関心が無いと)別次元のこととして見てしまいがちですが
子供達は社会性を育みつつ、成長してる段階にいます。

そのため1週間または1か月先に入会した子が、まだ慣れず形もおぼつかないお友達に対して
「〇〇ちゃん、足の(手の)ポジションのかたちがちがうよ」なんて、まるで先生のような口をきいてるの、ほんと笑っちゃう笑笑
同じ学年だから、同じクラスだから、知ってる相手の事が気になるんだもんね。
(でも大人にこれをやると、下手すりゃ嫌われる)

で、そんな様子を見ながらお手伝いに入ってくださった方は
「子供達、なんてしっかりしてるんだろう・・」とその都度感動だそうで・・それを見てるのも面白い(笑)


人をまとめる時に必要なのは、その場に少し先輩的な存在が居ること。皆横並びだと、自分を主張しだすから。小学生のクラスでも長くやってる子に手本をやってもらったら、後ろの子達はジーっと見て覚えようとしていました。

子供を見ながら、私自身も振り返ることが多いです。
大人の方が新しいコミュニティに属しようとする場合、まず勇気が要ると思いますが
社会性は沢山経験されてきてるはずなので、気負いすぎなくても大丈夫。
むしろ年齢を経ると知り合う機会が減るので、閉じこもらない工夫も必要なように思います。
バレエのレッスンは社会性大事ですよ~。

これは去年の写真。この子達も大きくなりました。


『大人のバレエはエレガントに美しく』
2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。

体験、レッスンに関してのご質問やお問い合わせはこちらから。
講師依頼等も承ります。

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ


種を撒き、育てる

こんにちは。
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。


しがない一バレエ教師兼ダンサーの私ですが
時々「バレエってまだまだ認知度が低い!」と言う投稿をみると
そうかな・・・・?と思っています。


興味のある人がグンと掘り下げる。そもそも、そういう分野。
そして何でもってその分野の秩序が保たれているか、認知度にこだわる人は
そこを見るべきじゃないかなと思っています。


今日は幼稚園バレエ。
お子さんが習うことは、親御さんが居られるわけですから
体験後に受講のお礼と共にバレエの歴史や成り立ちを簡単に伝え
レッスンの意図を示し、そして様子を見ます。

その時間が、楽しさえすればいいのか
難しかったと言ってたけど、頑張らせてみるのか
まずそこが分かれ目です。
そこは強制できないし、相手の判断に委ねるしかないけれど
その中で一人でも入れば◎。
実際そういう子は続けるし、自分の肌で感じて沢山のことを覚えてゆく。


大人も似てるかな。
同じ方向を向いてる方同士は気が合うし、教えたことが伝わり良くなっていかれる。
基礎の段階で土壌耕し、テクニックを覚える段階でそれが芽を出す。


とても地味だけど、育てることや知ってもらうには種を撒くところから始めるわけで
その種が育つ土壌も必要です。
微力だけど自分はその種をコツコツと撒き、せっせと土壌を耕してる気がします。

今回は入会が4名♪ にぎやかになりそうです。




『大人のバレエはエレガントに美しく』
2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。

体験、レッスンに関してのご質問やお問い合わせはこちらから。
講師依頼等も承ります。

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

















「深み」と「高み」

こんにちは。
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

芸術事(芸事)を長く続けられる人って、ある意味”のめり込める人”。
自分自身がそうだし、周りを見ていても。

ただ「深く深く」と、どんどん掘り下げるだけが良いとも最近は思わず
深く掘った分高みにも上がらないと、バランスが取れないなぁと感じます。
その「高み」と言うのは「人間力」のような気がしています。

不景気だし、まだコロナ禍だし、まだ戦争してるところもあるしで
皆「より良く生きたい」の方向性が、お金に向いていたり
もっと「自分のやりたいように」に、向いているのかなとも思いますが
表面的な部分で流されていくと、結果禄でもないことになる。

特に芸事は習い事であっても「他者との関わり」無くして向上しえない分野なので
倫理観や価値観が違う、となると容易に拒まれるという現実をもっと直視しないといけないかもしれない。

先日ある舞台を観に行った後に振付の先生に感想のメッセージを伝えたところ
本当に丁寧な言葉でお返事を頂きました。
72歳の先生がまだ若輩の私に対し、尊敬の感情をこめて言葉を書いてくださり、本当に頭が下がった思いです。深く掘り下げた分高みに上がる、と言うのは、多分こういうことなんだろうなと思います。





『大人のバレエはエレガントに美しく』
2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。

体験、レッスンに関してのご質問やお問い合わせはこちらから。
講師依頼等も承ります。

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ








KAATにて近藤良平さんの「新世界solo」鑑賞

こんにちは。バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

KAATにて近藤良平さんの「新世界solo」を観てきました。

空間アートがまるで頭から降ってきそうな中、ソロを踊る近藤良平さんは
以前WSを受けた時に感じた

「この人、おもろいな」
をそのまま再現されるような動きと踊り(?)で、あっという間の50分でした。

「50分で何か変えるのは難しいけど、50分後に幸せな気持ちになることはできる」
(だったかな?)観終わった後は、ほんわりとした優しい気持ち。


近藤良平さんって、ダンス界の「竹中直人」さんぽい、と言ったら失礼かな?(褒めてます)
謙虚な態度に面白くて、キレのある動きで無駄がない。
自分もこうあるべきだなぁと、背筋が伸びました。




こちらは”長塚圭史の思い付き” KAATペーパーから引用します。

「越境する芸術」と言う特集テーマが決まり、真っ先に思い浮かんだのが写真家の篠山紀信さんです。
篠山さんは写真を撮ることで、あらゆる領域を「越境」してゆく存在です。昨年、東京都写真美術館で開催された「新・晴れた日 篠山紀信」展では、ポートレイト、写真広告、東日本大震災の被災地の風景等、60年以上に渡る篠山さんの作品が展示されていました。それはまさに、昭和と平成の時代そのものでした。そして篠山紀信さんは、被写体と写真の境を超え、響き合い、インスパイ仕合いながら、新たなエネルギーを獲得し続けているのではないかと感じたのです。

総合芸術と呼ばれる「パフォーミングアーツ」は、様々な要素が絡み合い、ジャンルをクロスオーバーし、その輪を広げながら発展を続けています。400年の歴史を持つ歌舞伎は、話題の事件を文化を題材に、過去と現代を照らし合わせながら「今」を演目に取り込んできました。だからこそ「古典」という枠に収まらずに、漫画などの現代日本カルチャーと融合した新しい歌舞伎が生まれているのだと思います。一方で「新劇」の流れを汲む「演劇」は、まだ歴史が浅く、「今」に新しい出会いを求めるのと同時に、過去を振り返り、古典に立ち返ることで新しい何かをつかめることがあります。そうやって「越境」し続けることで、舞台芸術が活性化してゆくのではないでしょうか。~以下略~


これを読んで感じたのは、高い次元で物事を考え、行動されてるから越境しても受け入れられる。
他を利用して自分の思想を乗せることではない、と言うことです。



『大人のバレエはエレガントに美しく』
2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。

体験、レッスンに関してのご質問やお問い合わせはこちらから。
講師依頼等も承ります。

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

レッスンチケット、少しお得に

こんにちは。バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。


走り梅雨っぽいお天気ですね。

ご褒美シールで、子供たちのやる気を自然と引き出してたようですが
大人クラスの場合、ささやかな割引がございます^^

実は【使い終わったレッスンチケットが、500円の金券に】なります。

レッスンチケットを使い切った日に次回のチケットをお求めになると、500円の金券としてお使いいただけます。※チケット購入時のみ適用。購入されたチケットは1か月以内に使用開始ください。

チケットの料金他はこちらをご覧ください。スタジオレッスン/オンラインレッスン受講料金 

「ポワントでバレエ作品を踊ろう」5/29(日)
お申込みお待ちしております。


『大人のバレエはエレガントに美しく』
2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。

体験、レッスンに関してのご質問やお問い合わせはこちらから。
講師依頼等も承ります。

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

出演者募集の告知ページ

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。



10/29(土)スタジオパフォーマンス出演者募集

の告知ページを作成しました。いつでも見に来てくださいね。

私もいまだに舞台オーディションや出演者募集、と言うページを見ると
ついつい隅々まで読んでしまう癖があるので、今回の募集要項の作成時には
とても考えました。

でも基本的に外側を盛ったり、内容も出来てないのに誇張したりするのができない性分ですので
今考えていることを、そのまま載せてみました。

さて、頑張ろう。
お問い合わせ、ご質問お気軽にお待ちしています。

こんな作品創ってます。ご参考までにぜひ。

『大人のバレエはエレガントに美しく』
2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。

体験、レッスンに関してのご質問やお問い合わせはこちらから。
講師依頼等も承ります。

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

スタジオパフォーマンス募集要項アップしました

こんにちは。
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

~出演者募集~10/29(土)にスタジオパフォーマンスを開催予定

募集要項、お待たせいたしました。

こちらは改めて、募集期間中ブログの固定ページにも掲載いたします。(もう少し詳しく載せる予定)

実は気づくと、今年私バレエ始めてから44年目。スタジオ開講して22年目笑笑
綺麗に2で割り切れる年なんです。こんな時は多分滅多に巡って来ないなぁと。

複数名の群舞(創作)作品は2つ、頭の中で思い浮かべています。一つは以前創ったものの焼き直し。
もう一つは過去に踊った作品の音楽で、もう一度この曲で踊ってみたい気持ちの方が先にあり、できるなら出演者の方と一緒に演じたい。

踊る機会を創りそれを成功させるためには、日頃のレッスンの継続と周りの人との協調がカギなので、そこは絶対に大切にしていきます。その趣旨をご理解いただき、賛同してくださる方を募ります。

ご興味頂けた方は、ぜひお問い合わせくださいね。


『大人のバレエはエレガントに美しく』
2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。

体験、レッスンに関してのご質問やお問い合わせはこちらから。
講師依頼等も承ります。

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ



ご褒美シール

こんにちは。
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

『ご褒美』

何かできるようになった後や達成した後に、ご褒美がもらえたら嬉しいもの。
でも「ご褒美のために」頑張る癖をつけてしまうと、ちょっと大変かも・・^^;
(でもそのために頑張る!と言うのも、よぉく分かる)

子供のバレエでは、出席カードにシールを貼っています。
ご褒美のつもりで始めたのではないのだけど、結果子供達にとってはご褒美になってたらしいのだ。


これを始めた頃からの、全部取ってあった。他の子たちも「捨ててないよー」と見せてくれて。
すごいね。嬉しい。
1枚のシールをレッスン後にペタっと貼るだけなんだけど、着実に歩みになってます。



★2回にわたり、体験会を行いました。
「シール欲しいからバレエしようかなあ?」と言う子もいました笑 
それも良いかもしれん。

続けてきた子と初めての子の差を改めて感じた体験会でしたが、継続するって大事ですね。



『大人のバレエはエレガントに美しく』
2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。

体験、レッスンに関してのご質問やお問い合わせはこちらから。
講師依頼等も承ります。

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ



応用力の付け方

こんにちは。
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

レッスン後の感想で「出来ると思って臨むのに、少しでも違う動きが入るともうパニックになるんです」
アルアルですよね。だけどその状態から抜け出すために、応用力が必要です。
自分は出来ない、覚えが悪い、と言う叱咤激励ループにハマる前にこちらをチェックしてみましょうね。


★応用力の付け方★

1.その場では言われたことだけを行い、目標を持たずにただやってる人は、何年やっても応用力が身につかない
2.分からない事を、その場ですぐに言わずに飲み込みがち
3.目標の持ち方の本気度が違う(趣味or仕事)

1.の場合:「先生がこう言ったから」を、過去に教わったことを結びつけられる人はそれが応用力になる。
2.の場合:「分からない」ことをその場ですぐサラッと伝えられる人は、相手にも伝わるから教え易い。
3.の場合:目標の本気度は「少しでも仕事としてやるならば」の基準があるため、趣味の範疇とは目線が違う。



「応用力をもっと付けなさい」


これを子供の頃から、もう嫌ぁー・・・と言うぐらい聞かされて育ってきた私。
私は父が教師で(母も学校関係)。そのためか言われたことだけやって「できたー」と済ませてる状況が、歯がゆかったのかもしれませんけれど。なので大きくなるにつれ、中々誉めてくれなくて。

そのせいもあってか「教わる」「教える」の両方の見方が、一般的な価値観の部分とは少し違ってるかもしれません。でも芸術面に進んだことで、多分少しは救いになってる(気がする)。

また勉強では「わかってることが1つでもあるなら、まずそこから先へ進みなさい」と言われ
分からないところで考えて時間を使わずに、分かるところからやる。分からないところは後から振り返る。

—————–

体で体感するものであっても、わかってることがあるならそれを信じて進みましょう。
具体的には、そのひとつ先まで覚える。
間違えても、全部ができないわけではないはず。


その辺りをご自分なりに見極めていくと、きっともっとレッスンは楽しくなると思います。
頑張りましょ。


『大人のバレエはエレガントに美しく』
2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。

体験、レッスンに関してのご質問やお問い合わせはこちらから。
講師依頼等も承ります。

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

募集要項、考え中

こんにちは。バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

~出演者募集~10/29(土)にスタジオパフォーマンスを開催予定

こちらの募集要項を作るべく、GW中もぼんやり考えていたのですが
一番刺激になるのは”舞台を観ること”なので、時々発表会を鑑賞しに行きます。
で、観ながら「ふむふむー」と使われてる曲をチェックしたり、構成、演出等を見た後
自分の中に眠ってる(またはしまい込んでいる)アイディアがむくッと出てくるという
いつも大体そんなパターン。

今回は全体のテーマを決めて行いたいと考えています。
それに沿った形で群舞作品(少人数)+ソロ等。
クラシカル的なものからネオクラシック的な形で振付る。
人数にもよるけど、1時間半ぐらい?でまとめられたら良いな。


個人的には、発表会はやはり”生徒さん”が主流なのが良いと思う。だけど、まだ引っ張る力が弱い等で上手な人やゲストに手伝ってもらうと言うのは、もちろんアリだと思います。
出演してる人数や構成にもよるけれど”与えられたものの中で、最大限工夫してやってみる”意識が制作側にあるかないかで、観客として観た後の余韻が全く違う気がする。

根底にある「なぜそれを、お客さまに観てもらいたいのか」が、何なのか。

昔所属していたバレエ教室の子とは、こんなことをよく話してました。
「ゲストの◎◎さんやメンバーの△△ちゃんが上手だから、発表会観に来て~と誘いやすいんだけど、実際のところ親しい友達や親は、それも良いけど、ウチの◇◇はどこに出てるの?だよね」
真実を衝いてるなぁと感じます。皆舞台に出るからには、責任をもって臨むことを学ぶ機会だもんね。

両親も昔は公演や発表会の度に、遠路はるばる来てくれていました。上手な先輩方のことも褒めてはいたけど、私がどんな役でも「よく頑張ったね」と。(それ以上は余り言わない両親)。

出演してくれる人を応援してくれている人、のためにも、楽しい会を考えたいと思います。






『大人のバレエはエレガントに美しく』
2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。

体験、レッスンに関してのご質問やお問い合わせはこちらから。
講師依頼等も承ります。

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ