「10年後に差が出るからね」

先月から、ビジター受講でバレエを始めたTちゃん。
バレエは人生でまだ6回めです^^
クラスを受けている彼女を見て思うのは
いつもきちんと説明を聞き
そして指先へのディティールへの意識が細かく
「あ、この人綺麗になりそうだな」と思う部分が沢山有る人。

バレエの注意は、普段余り言われないような部分を見られていたりすることが多いですね。
表面だけ人の話を聞いている人は、それが動きにやはり出ちゃうことがあります。

そんなTちゃんが、先日お友達に「バレエ始めたんだ」と言うと
「へぇ、バレエって大人からでもできるんだぁ」
と言われたもののどこか否定的なニュアンスだったそう。
そんな風に言われると、折角の気持ちも萎えてしまいますよね。

なので、こう伝えました。
「何もしていない人と、今やっている人との間には
10年後に必ずハッキリ違いが出てくるから、今は頑張ってね」

10年と言ったけど、もしかすると3年後に差が分かり始めるかもしれません。
だからもしも、周りの人から否定的に受け取られたとしても決して負けないで!^^

最近世の中では「バレエは運動=スポーツ」と言う概念で見られてるんじゃないかなと感じることが多くて
ローザンヌでメダルを取ると、オリンピックだと勘違いされていることがあるのかも、とか
フィギュアの世界選手権と同じだと思われてるのかなとか、変な勘違いが先走ってる感。

そういう誤解を無くしてゆくためにも、初心者クラスの時最初に必ず
「バレエは踊りです」と伝えます。
踊りを通じて、自分で自分の身体を管理し
自分で「良い」と思ったものを拾って感性を磨くもの。

初心者の方のバレエ、しっかりサポートしてお教えします☆
Kayano Ballet Studio HP
2012_05_05_000792 - コピー
撮影:Natsumi Tokuyama

⇒日本ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村