独り言のツレヅレ

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。


朝晩の気温がグッと下がり、昨日は初めてウールのコートを着て出かけました。
(20数年~着ている、マーガレットハウエルのコート)

ラグランスリーブのAラインコート。生地自体は薄手なのにかなり暖かく
クリーニング屋さんで、仕立ての良さを誉められたことも。
虫に喰われなかったのが、ホントラッキー。

仲良しのお洋服屋さんのマダムも仰っていましたが
「最近は直線断ちのものが多いから、丁寧に作るというのはやはり作り手の腕なんですよね」
その分高くなるのも当然だけどって。


なんとなく、そんなことを書きたくなってしまった今朝ですが
実は、今ぐらいの寒さが一番好きだったりする(#^^#)
そして、少し体型が”人間らしく”なったお陰で?コートも今の方がしっくり馴染む。
なんだろう?肩幅?それとも体を包む感覚かなぁ・・?


どーでもいい、独り言の記事を朝から書いていますが
季節の移ろいを感じるのが、とても個人的に好きなので。
お付き合いいただき、ありがとうございます。





★最後に、元気なビタミンカラーのマリーゴールド。
なのに、花言葉は「嫉妬、裏切り」等。どゆこと?
だけど可愛いから、いいか。
黄色のマリーゴールドの花言葉は「健康」だそうです(笑)

バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年から開講している、大人の方向けバレエスタジオ。
都内は参宮橋・目白にて、近県の幼稚園では、子供のバレエも行っています。
講師は現在も現役で踊っているバレエダンサー。
基礎を大切にしながらバレエの体の使い方、伸びやかに踊る方法をお伝えしています。

オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内

11月は体験月間!
体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
個人レッスンも承っています。


ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ



子供達と接することで

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日の勤労感謝の日は、友人の代講で、子供3クラスを指導してきました。
子供って面白いなー、可愛いな、と思うのは、まず小さいからと言うのもあるけれど
それぞれが自己主張してくることと、「できた!」と言うことについては何度も
「見て!見て!」とアピールしてくる点、かな(#^^#)


子供をよーく観察していると、本当に興味があることは進んでやるんだよね、って思います。
反対に、つまんないとか、飽きた、と言うのもとっても分かりやすいけれど。

幼稚園のバレエでも、皆が一緒にやってる時に座り込んじゃったりする子、居ますが
関心が向く時まで放置してたりします(笑) もちろん状況を見つつだけども
叱ったりするのではなく、気を逸らせてこちらを向かせる、と言う方法を取っています。
これが案外有効的なんですよね・・ちゃんとコッチ向いてくれるし。


子供達の無邪気な部分、本当に可愛くて、突然スルッと手を掴んできたりしますから
「なぁにー、どしたのー、先生のお手手、あげないよ!」と敢えて隠したりすると
探し出そうと群がってきたり(笑)
コミュニケーションを取ろうと懸命になってくる姿は、ほんと可愛らしい。
「はじめまして、こんにちわー」であっても、40分と言う短い時間の中で仲良くなれちゃうから
子供達が持ってるコミュニケーション能力って高いんだなって、いつも思います。



個人的に、小さな子を教えることで、大人へのヒントを見つけてるような
いつも、そんな気がしています。



バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年から開講している、大人の方向けバレエスタジオ。
都内は参宮橋・目白にて、近県の幼稚園では、子供のバレエも行っています。
講師は現在も現役で踊っているバレエダンサー。
基礎を大切にしながらバレエの体の使い方、伸びやかに踊る方法をお伝えしています。

オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内

11月は体験月間!
体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
個人レッスンも承っています。


ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ


お洋服が似合うためにも、筋肉付けよう

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

11月15日に、こんな記事を書いていました。
コロナ禍になり、困ってることは・・・

先だって、手持ちの衣装の整理をしていたら、当時の実寸サイズが書いてありました。
20代後半の頃の衣装・・ 実はどれもまだまだ使える。
今はそこから・・+〇㎝!
でもどうやら骨格的にも、大きくなったのかも?と。
特に呼吸を意識して行えるようになると、如実に肋骨は広がりますし
周辺の筋肉の付き方も変わってくる。
そしたら、胸囲のサイズやヒップサイズが上がるのも、必然かな・・・(;^ω^)


お洋服選びをする時、体型に合うアドバイスをくれるお店があると良いです。
好みも分かってくれて、色々チャレンジさせてくれるようなところ。
仲良しのお店で、ボトムを試着。



なんか、人間らしい体つきになったなと思う(笑)


お店の方曰く「ホント筋肉がしっかりついてますね。」といつも言ってくださる。
筋肉がしっかり付いてることが、洋服が似合うためには必須だから、と。
(お店のマダムはコロナ禍で筋肉が削げてしまったらしく、今色々されてるそうですが
中々難しい・・と。なので、簡単なエクササイズお伝えしました♪)

相手の体型を考えながら選んでくれる店員さんは、信用できます。
なぜなら、その人にとって一番素敵に見える形やアイテム、ラインを一緒に考えてくれるから。
ボトム選びは難しいと思う。お客さん側になると、商品が選べなくて迷うことも多い。
そういった時、ヒップの形や大きさ、脚線の状態を見て選んでくれると嬉しいですよね。




バレエのレッスン=エクササイズは、「締めて締めて!」の意識が強いけれど
アラフォーやアラフィフ世代にとっては、キツク感じることも多い。
なので「広げて、解放しながら、締めるところは締めて!」
この概念は、大事です。

バレエのレッスンの仕方や意識、変えてみませんか?


バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年から開講している、大人の方向けバレエスタジオ。
都内は参宮橋・目白にて、近県の幼稚園では、子供のバレエも行っています。
講師は現在も現役で踊っているバレエダンサー。
基礎を大切にしながらバレエの体の使い方、伸びやかに踊る方法をお伝えしています。

オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内

11月は体験月間!
体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
個人レッスンも承っています。


ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

二度目の!東京バレエ団「M」鑑賞

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

三連休に入りましたね。
昨日は午前中にオンラインレッスンをした後
神奈川県民ホールへ東京バレエ団の「M」を観に行きました。


「M」は先月の10/24(土)に、上野東京文化会館で初見。
→ 東京バレエ団公演「M」鑑賞。
余りにインパクトを受けてしまい、鑑賞後に代表作を読みはじめたりも。
文化の日に『鹿鳴館』を読む

こういったプロセスを経て「やっぱり行っておきたい」と思うに至り、チケットを取りました。


三島由紀夫は、バレエについてこんな言葉を遺しているそうです。

「バレエはただバレエであればよい。雲のやうに美しく、風のやうにさわやかであればよい。人間の姿態の最上の美しい瞬間の羅列であればよい。人間が神の姿に近づく証明であればよい」

https://nbs.or.jp/webmagazine/


2度目は心に少し余裕ができたせいもあり、この言葉とベジャールさんの哲学的な考え、そして
抽象化した動きが今回の作品の大元なのかなぁと。

この作品は一か所だけを追い求めてみていると、他で何か起こってるかが分からなくなる不思議さがあって、そのため割と全体が見渡せる遠めの場所を選んだのだけど、やっぱり今回もマジックにかかりそうでした・・(^^;

ダンサーの方達、前回よりもこなれてきたというか、より力強くそして優美に感じました。
女性群舞の”海”、あの踊り、個人的にとても好みです。瞑想のようなポーズから始まり、見ていて穏やかな気持ちになる。
男性群舞は、かつて踊ったことのある方にお伺いした時「とにかく男のパートはキツイんですよ!」と仰っていたけど本当にその通り。その分迫力がどんどん増して行ってて、全体の精神性も高くなってきてるのが伝わってきました。
群舞が良いのですから、ソリストや芯になる人達も更に上がっていて、シ=死の池本祥真さんは更に変化(進化)されていて、静セバスチャンの樋口祐輝さんと共に目が釘付けになりました。

女性として象徴的だったのが”月”の金子仁美さんと、”女”の上野水香さん。
光の放ち方が対照的だけど、三島由紀夫が求めた女性像だったのかもしれない。
優美でそして強く、だけど儚い。
そこへ音楽:サティやワーグナー、ドビュッシーや能のリズムが入り交ざり、そして静寂が多い”間合い”が、緊張感を保ちながらストーリーをどんどん引っ張っていく。


この作品は、一人の一生を描いてるものだけど、輪廻転生がテーマじゃないかな。
それは冒頭の部分がまた最後にもなり、営みって続いていくものなのだなぁ、と言う気持ちになったから。
クライマックスの自決シーンでは、やはり泣けて来たけれど。


二度見ることで、膨大な情報量が少し自分の中で整理できました。
そしてやはり良いものを見た後は心の中がそれでいっぱいになって、これからのことを落ち着いて考えたりも。良いものを見た後って、新しい視点が生まれますよね。


舞台、色々見てみましょうね。
理解しようとして見るのではなく、スペシャル的に秀でた人たちが創り上げたものを見て、ただ感じる。
そこにはきっと、自分を豊かにしてくれるものがあるはずなので。




終演後の舞台より




バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年から開講している、大人の方向けバレエスタジオ。
都内は参宮橋・目白にて、近県の幼稚園では、子供のバレエも行っています。
講師は現在も現役で踊っているバレエダンサー。
基礎を大切にしながらバレエの体の使い方、伸びやかに踊る方法をお伝えしています。

オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内

11月は体験月間!
体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
個人レッスンも承っています。


ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

コロナ対策を取りながら、バレエクラスを開講中です。

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

コロナの感染者が、また増えていますね。
でも寒くなってきてるし、空気乾燥してきてるし・・と、個人的には思ってる。


普段バレエクラスを行っている両スタジオ(目白の杜、スタジオミキ)は、常に換気しています。
またスタジオによっては、最新の大型空気清浄機(ウィルス除去装置付き)を設置くださっていたりも。



スタジオに着いたらまず、手洗いまたはアルコール消毒をしていただいた後、更衣室に入って頂けるとより安心です。(スタジオミキさんはスタジオ入口入ったところの左右に、お手洗いがあります。)

秋~冬にかけては気温が下がり空気も乾燥してきているので、夏の暑さとはまた違った対策が必要だと感じています。マスクは夏ほど苦しく感じなくなりましたが、これも当分続きますよね。
替えのマスクを持って出かけるのも良いと思います。まだまだ汗もかくし。

手指が乾燥しやすくなるのでこまめに手を洗う反面、ハンドクリームでのケアも大事。
皮膚の表面が整ってると、それだけでバリア機能高まるように感じてるのですけども^^


レッスン前には体を暖めるウォームアップウェアやレッグウォーマーを着用し、風邪をひかれませんように。
普段のお食事でも心がけて温かいスープやお味噌汁など、心がホッとしするもの、滋養や栄養になるものを摂りましょう。(免疫力アップに繋がるはず★☆★)

★今月は体験月間。コロナ対策を取りながらクラスを開講中です。
1レッスン¥1500で体験できます。(※1回のみとなります)
お問い合わせお待ちしています。

バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年から開講している、大人の方向けバレエスタジオ。
都内は参宮橋・目白にて、近県の幼稚園では、子供のバレエも行っています。
講師は現在も現役で踊っているバレエダンサー。
基礎を大切にしながらバレエの体の使い方、伸びやかに踊る方法をお伝えしています。

オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内

11月は体験月間!
体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
個人レッスンも承っています。


ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

音符や数字(リズム)に、目を向ける

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

12月13日、生演奏で踊らせていただきます。
この記事を書いたあとから
みっこさんがくださった楽譜に目を通すことが増えました。
楽譜って本当に色んなヒントが入ってるなぁ・・と感じます。

踊ること=表現ではあるけど
外れていたら変だよね、なんか違うよね、と言う部分が沢山あるもの。
特にリズムや音の間合いは、動きとズレていたら違和感を覚えます。

昨日は幼稚園バレエの日。
私が到着する頃は、ちょうど子供達がお帰り前の時間で
園内では、いつもお歌が聞こえるのですが
先生の歌声が高音のキーが全くずれてなく、とても綺麗なのです。
「綺麗な歌声♪ しかも全く音程が外れてないってすごいな」
と、いつも思ってるけど
やはり模範となる先生の音程が外れていたら、まずいですよねぇ・・・・

なので、子供にも大人にも「リズム感」や「間合い」については
しつこいぐらい、大切に伝えるようにしています。


そして踊りの背景にあるものは「音楽」。
それには「楽譜」があるように、踊りにも「舞踊譜」と呼ばれるものがあります。
だからずっと、廃れずに残って来れている。


「誰かの感覚」を真似ても、自分とはどうしても異なるもの。
そしたら、音符や数字(リズム)に目を向けてみましょう。
音に合わせるのが楽しい、と感じられるなら、間合いを掴む
動きの違いを観察する・・等など。
それがゆくゆく、自分の感覚と相まって、自然になっていきます。

音符と数字は不変ですから。


私は中高と数学がとても苦手だったため、途中で嫌になっちゃったけど
こういった考え方があるということを、かなり後で知りました。
もっとしっかり勉強しておけばよかった!と、後悔したものです・・・・^^;
これも上達のヒントなのですよね。

個人的に「音に合ってる」ことは
もっと褒められて良い、と思ってます(#^^#)

まず音ありき、だと思うので
動きはそれに(すぐに)かぶせていくものじゃないかな、と。




バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年から開講している、大人の方向けバレエスタジオ。
都内は参宮橋・目白にて、近県の幼稚園では、子供のバレエも行っています。
講師は現在も現役で踊っているバレエダンサー。
基礎を大切にしながらバレエの体の使い方、伸びやかに踊る方法をお伝えしています。

オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内

11月は体験月間!
体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
個人レッスンも承っています。


ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ


「M」が有料配信されるそうです

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日Twitterで発見!
なんと!と思わずリツイートいたしました。


先月「M」を観に行った際のブログ記事はこちら
東京バレエ団公演「M」鑑賞。

今度11/21に神奈川県民ホールでも上演されますが
そちらのチケットも取りました。
もう一度観てこようと思って。
席は前回とは別アングル。どんな風に見えるんだろう。

前回は圧倒されて感情が揺さぶられたけど
今度はもう少し(落ち着いて)観れる気がします(#^^#)


同じ公演をもう一度観るなんて・・ちょっと大人の気分でもあります(笑)
でも、良いと思ったら繰り返して観て良いんだもんね。


★前回の公演のでしょうか。動画もアップされてましたよ。
難しそうと考えるよりも
「気になる・・」と感じたらご覧になってみた方が良いと思いますよ(๑・̑◡・̑๑)



バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年から開講している、大人の方向けバレエスタジオ。
都内は参宮橋・目白にて、近県の幼稚園では、子供のバレエも行っています。
講師は現在も現役で踊っているバレエダンサー。
基礎を大切にしながらバレエの体の使い方、伸びやかに踊る方法をお伝えしています。

オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内

11月は体験月間!
体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
個人レッスンも承っています。


ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

コロナ禍になり、困ってること、の本音を少し

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

コロナ禍になり、困ってることは・・・

と言う記事を昨日書いたけど
自分の中である意味、笑い話的な位置づけになってる。

昨夜は色々なことを久しぶりに考えすぎてしまい、中々寝つけず。
心配事と言うのは、ひとつ減ったと思うとまた一つ出てくるし
やったー、少し改善したーと思うと他が下がったり。
そんな時には、心身ともにフル稼働していた20代~30代の頃を思い出す。

昨日レッスン前に、生徒さんともお話していたことなんですけども
要は、続けるということは
「自分の居るピラミッドの立ち位置が上がっていく」ことなんですよね。

私は上京してきた折、「バレエ団に入りたいな」と言う希望を持っていたけど
実力が全く伴わなくて、個人のとても実績ある先生の教室に入りました。
小さくとも一つの組織に属することで、鍛えられていくけれど
ずっと同じ場所に居ると、自分の立ち位置が分からなくなってくる。

それもあって13年所属した教室を辞めた後は、フリーで頑張る道を選んだのだけど
一人で頑張るというのは、自分で自分の立ち位置を上げる努力も必要で
どこかに属してる方が先生からお墨付きもあるし(笑) 有難いものなんです。

だけどそういう状況を横目で見つつ・・
あちこちの舞台オーディションやWSにも行き
同時にスタジオも始め、発表会も毎年やっていた頃で
私としてはものすごく頑張ったのです。
その時分の頑張り方と、ただ習ってみたい人との間に温度差が生じて
だから色々なことが起きたのかなぁ、と今なら思えるけれど。

当時どうして必死だったかと言うと
「自分の立ち位置が上がらないと、周りから認めてもらえない(のではと言う)恐怖」
と言うのが、有ったからなんだなぁと。

今は今で、若い子達が席巻しだしてるから
自然と公の舞台で踊ることは、減りだしてきてる。
でも自分で創ったりするのを辞めないのは
「もうちょっと頑張れるかなー?」と言う想いがあるからで。
でもそこにコロナ禍になり、そしてまさかの体形変化が始まるとは・・・^^;
と言うのが、本音。

でも、負けませんよー
幾つまで踊れるかな、と言う自分へのチャレンジです。
これって、大人の方で結構お年を召した方もよく仰ってるけど
その気持ちと近いのかも?



バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年から開講している、大人の方向けバレエスタジオ。
都内は参宮橋・目白にて、近県の幼稚園では、子供のバレエも行っています。
講師は現在も現役で踊っているバレエダンサー。
基礎を大切にしながらバレエの体の使い方、伸びやかに踊る方法をお伝えしています。

オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内

11月は体験月間!
体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
個人レッスンも承っています。


ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

コロナ禍になり、困ってることは・・・

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。


コロナ禍になって困ってることをあげてみて、と言われたとしたら

●外ではずっとマスクしてること
●それなりに活動はしてるものの、出づらくなったなぁと感じてること
●新規体験の方の問い合わせがぐっと減ったこと(大いに切実!)

等々ありますが・・

個人的に一番切実なのは・・
”体形に変化が起きてしまったこと”

なんというか、皮膚の質感が柔らかくなり
身体全体が、なんとなく丸く見えるようになった(現実的に服が合わない)
それなりに私、良いお年頃なんですけども
明らかに、緊急事態宣言の時にスイッチ入った気がする。
下着のサイトにも書いてありましたので、リンクしておきます。→『下着の基礎知識』
さすが下着メーカーさん。



困ったなぁ・・・と
だけど手をこまねいているだけじゃダメなので
只今「身体への意識の持ち方」を、変えている真っ最中なのです。

オンラインでヨガをずっと受けているのも、少しでも下腹部が
これ以上弱くならないように!と言う願いを込めて(^^;
だけど「困った!!!」と言う出来事が起きてこそ
今何が必要で、どういったことが大切かが分かる気がしています。
そしてこういった経験が、教える時に役に立つのも実感中。


ダウンドックは最もお腹を使うエクササイズ。

時々敢えて薄い色を着る・・・

多分20年前の自分であれば、この状況は到底受け入れ難いと感じただろうけど
「ま、仕方ないか」と半ば諦めつつも、「今何ができるかな?」と考えられるようになってる。

一緒に思い悩んで、レッスンしていきましょうね。

バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年から開講している、大人の方向けバレエスタジオ。
都内は参宮橋・目白にて、近県の幼稚園では、子供のバレエも行っています。
講師は現在も現役で踊っているバレエダンサー。
基礎を大切にしながらバレエの体の使い方、伸びやかに踊る方法をお伝えしています。

オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内

11月は体験月間!
体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
個人レッスンも承っています。


ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ



『竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス』

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日山種美術館にて
『竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス』を鑑賞。
会期が明日までだったのですー。間に合った!

日本画の良さが最近少しずつ、分かるようになってきました。
色彩の柔らかさ、描かれる線の細やかさ
描かれているものが配置されている”間”の頃合いなど
西洋の絵画とはまた違った趣きがありますね。
描かれている動物や鳥たちなどが、ほんわりとしていたり
時には力強く生き生きとしていたり。

★お写真は山種美術館のインスタグラムからお借りしました。
観たい!と思った方はぜひ、美術館でご鑑賞くださいね。

展示物を飾るショーケースの片隅に目をやると、奥村土牛の言葉を見つけました。

「生き物の生きている感情を出すことは並大抵の困難さではない。生きているように見せようと描くより、描く前に鳥なら鳥、花なら花にしみじみとした愛と絵心を覚えてその気持ちで描いていれば、たとえ稚拙であってもよい味わいのものが出来るのではないか、その気持ちが何より大切なのではないかと思う」

この言葉に出会っただけで、なんだかとても有意義なものに。
大家であればあるほど、ささやかなことを大切にしているんですね。

バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年から開講している、大人の方向けバレエスタジオ。
都内は参宮橋・目白にて、近県の幼稚園では、子供のバレエも行っています。
講師は現在も現役で踊っているバレエダンサー。
基礎を大切にしながらバレエの体の使い方、伸びやかに踊る方法をお伝えしています。

オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内

11月は体験月間!
体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
個人レッスンも承っています。


ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ