物持ち良し

先日帰省した折に、遺品整理の意味もこめて
幾つか母の洋服類や、あれやこれやをもらって帰ってきたのですが
「ホント物持ち、ええわ・・・」という言葉がぴったり。

子供の頃からも、ことある度に言われ続けていたので
私自身もその傾向が強いです(笑)

このマフラー、made in Western Germanyとあって
「西ドイツ・・おぉ、ベルリンの壁崩壊前かぁ」
でも生地も良くて、発色がとても綺麗なのです。

物持ちが良い=ある程度、質の良いものを選ぶ
丁寧に扱う=使った後には陰干しする等して休ませる、整理整頓
どこかに置き忘れない=無くさない
飽きが来ない=それを身に付けることで、気分が上がる 等等

多分それらをずーっと自然にやってきて
結果、遺していったのだろうなと思います。

そういったことを「きちんとしてる」というのかもしれませんが
それが当たり前の人に「きちんとしてるね」と言うと、怒られます。
(何言ってんの!と、言われたこと多々 笑)

「あなたが”きちんとしてる、すごい”と思うなら、なぜ自分でできないのか」
と言われたことも沢山(イタタタ)

でも大いにこういったことは
歳を経てから分かるものだったりもして。

モノもきっと、その人自身なので
大事に扱うことが皮膚感覚になってると
それが身のこなしにもなりますよね。

貰ってきたものは、しっかり使ってあげたいと思います。

2月4日(土)ピアノ伴奏付きバレエクラス、講師とピアニストさんのご紹介

体験レッスン等に関してのご質問やお問い合わせはこちらから
講師依頼等も承ります

バレエブログランキングに参加しています。

ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ









2/4の会が近づいてきました

なんだかんだと、2/4の会が近づいてきました。

何かをやるのは、運営含めて大変
だけど絶対、開催する価値があると思って頑張り中。

母は糊こぼしが好きで、冬になるとよく飾っていたなぁ
綺麗よねえ。


糊こぼしというのは二月堂近くにある、東大寺を開山した良弁僧正を祀る開山堂の庭に咲く椿の品種です。 その名は真紅の花びらの一部が、あたかも糊をこぼしたように白くなっていることから来ています。 別名「良弁椿」ともいわれます。

あらかたプログラムもまとまってきたので
そろそろタイムテーブルを作ります。
パフォーマンスのみだと、30分〜40分程度の内容になりますが
古典バレエのソロ、創作、ピアノ生演奏付き作品、ピアノ生演奏と結構盛沢山です。
もちろん鑑賞もできます。

もう出たい方、居ないかな?^^
場数を踏む意味で、スキル(レベル)アップにもなるので
ぜひご活用ください。
1/20で締め切ります。
今回、知人のバレエの先生のご厚意で、お二人の生徒さんにも出演頂きます。
とても楽しみ!

10:30~12:00のバレエクラスへのお申し込みは、まだ可能です。
あと10名ぐらいは大丈夫!(広いスタジオなので)

お問い合わせは下記から。

2月4日(土)ピアノ伴奏付きバレエクラス、講師とピアニストさんのご紹介

体験レッスン等に関してのご質問やお問い合わせはこちらから
講師依頼等も承ります

バレエブログランキングに参加しています。

ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

遠い記憶になりつつだけど

寒い朝ですね。

28年前、阪神淡路大震災があった日。
当時私は都内のホテルで働きながら、レッスンをするフリーターで
朝7時に出勤した時は、そのことをまだ知らなかったのでした。

今朝、当時の記憶を手繰り寄せていたけど

あの時、何をしていたっけ?
あの年、何をやっていたっけ?

が、だんだん曖昧になっていく・・


これが、風化するってことなんだろうなぁ。


だけど、記録されている当時のものを見て
そうだった、そうだった、と思い出していくことで
なんだか無作為に過ごしているものごとが勿体なく思えてきて

なんだかんだ、積み重ねた年月の上に
自分は居るんだなと思ったり。

実際に被災された方達は、絶対に忘れられないことでしょう。
私も忘れていかないように、過ごせたらなと思います。

(六甲山上から見た神戸の街。12年ぐらい前のかな?)



☆2/4(土)の講師の先生とピアニストさんのご紹介です。
スタジオパフォーマンスは残り3名程出演可能です。
クラスレッスンはまだ空きがございます。

2月4日(土)ピアノ伴奏付きバレエクラス、講師とピアニストさんのご紹介

体験レッスン等に関してのご質問やお問い合わせはこちらから
講師依頼等も承ります

バレエブログランキングに参加しています。

ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ








大人バレエのアームス改善対策


踊ってる時アームス、綺麗ですか?どうでしょうか?

アームスはポール・ド・ブラ(腕の動き)として
上半身の表現として、とても大切な役目を担ってくれたり
また、体幹を支えて(ホールド)する時にも
”縁の下の力持ち”的な役目を担ってくれたりします。

その他方向を指し示したり等、足と同じぐらい大切。
なにせ、普段使ってる「腕と手」ですからね ♪

①コーディネーションを整えるために、足の動作より先に腕を反応させる
②腕のポジションへの導線を忠実に
③脇を締めすぎず、かつふんわりさせながら中に針金が通った状態を意識
④顔(表情)と同じように扱う
⑤方向を指す時は真逆方向に常に足があると心得る

こんな動画もあります

参考になれば幸いです。
もし分からない、もっと詳しく知りたい!という方はご相談くださいね。





☆2/4(土)の講師の先生とピアニストさんのご紹介です。
スタジオパフォーマンスは残り3名程出演可能です。
クラスレッスンはまだ空きがございます。

2月4日(土)ピアノ伴奏付きバレエクラス、講師とピアニストさんのご紹介

体験レッスン等に関してのご質問やお問い合わせはこちらから
講師依頼等も承ります

バレエブログランキングに参加しています。

ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

手持ちのDVD鑑賞

ふと思いついて、手持ちのDVDを鑑賞した午後。

いつ、どこで買ったのかも覚えてない
ショピニアーナやパキータが入ってるから
その参考にしたくて買ったのかな?(苦笑)

この中に入ってる「ペトルーシュカ」がとても印象的でした。
ちょっと(かなり?)毒々しい舞台美術と、創作的なペトルーシュカの対比が
かなり際立っている演出です。
ペトルーシュカがある意味”善や自由”なのに対し、”悪と支配”側が思い切り暗く、黒く
醜く、暴力的である演出。

キラキラしたバレエ(=夢)はとても憧れるし美しいものだけど
たまにはこんな真逆感のある作品も良いかも、なんて。
買ったのにちゃんと見てないのがバレバレですが
後々興味がわくこともあるものねぇ。


振付師のオレグ・ヴィノグラドフ氏のウィキを見つけたので貼っておきます。
私あんまり詳しくないので、ほぉ・と思って読んでいました。
まだまだ、ざっくりしか知らないことって多いんですよね。

2/4(土)の講師の先生とピアニストさんのご紹介です。

2月4日(土)ピアノ伴奏付きバレエクラス、講師とピアニストさんのご紹介


体験レッスン等に関してのご質問やお問い合わせはこちらから
講師依頼等も承ります

バレエブログランキングに参加しています。

ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

楽しみです

ブログの固定ページにて掲載しました
講師の先生とピアニストさんのご紹介です。

両名ともご紹介いただきました。
ご縁に感謝です。
(お願いしたい方が何人もご都合合わず、ダメだったのでホッとしています)


最近はピアノ伴奏付きクラスも増えてきていますが
やはり中々・・だと思うのと
あと、ウチの生徒さんは普段私(女性)から習っているので
男性の先生は、やはり良い意味での刺激になるでしょうし。

折角なので、経験を積ませてあげたくて。


ご興味ご関心ある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。
10:30~12:00/初級 受講料:¥4,000

体験レッスン等に関してのご質問やお問い合わせはこちらから
講師依頼等も承ります

バレエブログランキングに参加しています。

ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

踊ってる最中、我に返っていませんか?

新年のレッスン始めは、もう済ませられましたか?
リセット期間があった方は、これからの1年のために
去年までのパターンを見直してみるのもいかがでしょう。


さて、バレエを踊る際に一番大切なことは?質問したら
きっと「アンデュオール!」という答えが多いでしょう。
それは確かに大事。

だけどその前に、踊るのは「立つ」ことだから
自分がどんな風に「立っているか」に注視してみて欲しいと思います。

アンデュオールは、そもそもがムーヴメント(動き)。
バレエを構成する動きの一つの要素だから、大事なのです。
だけど、立っている状態が悪かったら?
それは質の良くないアンデュオール


立ってる時に指が浮くとか
重心位置が悪いとか
爪先をのばす際に、指に力が入りきらないとか
足が上手く上げられないとか
軸足に乗りすぎるとか


質の良くないアンデュオールを続けていると
「なんか変だよ?」な立ち姿になります。

でもそういった指摘をすると大抵
「私は足が上手く開かないから・・」と返答されるけど
その前に、真っすぐ立てるところから始めようね?と伝えるのです。

直すと「重心位置が変わって気持ち悪い」
「力が全く入ってる感覚がしない」と、否定的になられることの方が多い。

でも直した方が、明らかに真っすぐストンと立てているのに
捻じって力みがある方が正解だ、と感じてしまうのも
なんだか不健康な気もします。

どうしてなのかを聞いてみたら
「踊ってる途中でも、自分がアンデュオールできてるかと考えて確認している」と。

・・・・!

踊ってる時まで「アンデュオール」や「重心位置」は確認しないのが自然です。
基礎練習で身体に覚え込ませるから、空間に出た時は練習したことを使って試すもの。
踊っていてもふと我に返り「正しいアンデュオール」とか
「軸足」とか考えるのは、一見正しいようでいて踊りの本質からは外れちゃいます。

その点に気を付けてみることで
きっともっと、あなたの踊りが花開いてくるはず。

クラスレッスンでも指導しますが、より詳しく知りたい方は
個人レッスンにて承ることもできます。

★当日の講師の先生も決まりました!
追ってお知らせします。


当日レッスンのみ参加も可能です。
10:30~12:00/初級 受講料:¥4,000にて

体験レッスン等に関してのご質問やお問い合わせはこちらから
講師依頼等も承ります

バレエブログランキングに参加しています。

ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ



身体の中を「引っ張る力」

身体への意識を向けるために
様々な概念の説明を、教える側はしてみるけれど
受け手側が、どうもイメージがピンとつかめない‥
というのは、よくあると思います。


「もっと体の中から引っ張って!」と言われても
何を・・?となってしまったり。


ヨガで「弓のポーズ」というのがあります。

子供にもよくさせていますが、子供は楽々でも
大人がやると結構キツイ。
握力や足が離れようとする力を引き戻す腕の力
そして背筋もかなり使います。

強い力を必要とするので、身体が解れてから行った方が良い動きですが
ほぐれてくると、気持ちよく力が出てきます。

空間に立って手足を伸ばして踊る時
実は案外力を使っているのです。
だけど、力んで見える※肩が上がる、動きが固い ゆえに
注意が飛んで、そして力を入れなくしてしまう。
すると今度は「全然メリハリも見えないし、力を使ってない」と指摘されちゃう。

概念的なイメージの部分ですが


弓を引っ張る時の力を想像し、それを自分に当てはめてみると
掴めるものがあるかもしれません。
姿勢とか
お腹の使い方とか、ね。


力は目に見えないけれど、物体(道具)を通じて感じることができます。
身体は一つの道具になるので、ぜひ色々イメージして動いてみましょうね。
分かんなくなったら、「弓のポーズ」をしてみると、何か閃くかもしれません(笑)

★当日の講師の先生も決まりました!
追ってお知らせします。


当日レッスンのみ参加も可能です。
10:30~12:00/初級 受講料:¥4,000にて

体験レッスン等に関してのご質問やお問い合わせはこちらから
講師依頼等も承ります

バレエブログランキングに参加しています。

ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ


身体が柔らかくなる”ヒケツ”

毎日寒いですね。
寒いと身体が固まります。
でも私の体感だと、東京の方が(奈良よりも)暖かく感じます。
風は冷たいけど・

普段と3度~体感温度が違って、そして空間的からも「冷えるワ、ここ~」
と感じる場合、人って自ずと”省エネ体制”に入りますね。
これは無自覚な部分で、むしろ自衛本能だろうな。
だけど、だから固くなる・・のですよねぇ。

この動画では「パラレルポジション」を意識させるエクササイズがありますが
股関節を動かすときに足を開かずに、閉じた状態で動かすことで
お腹のインナーマッスルに働きかけます。
そして同時に、お尻~骨盤周辺の大きな筋肉を働かせて
体の中で熱量を上げていくように。
実はこれが一番身体が温まり、そして体が柔らかくなる
大きな一つの要因になります。

★中々ハムストリングスが伸びにくい子にも
これをさせてますが、やった後の方が伸びる~と嬉しそう。


上の2つはどちらとも腹筋(特におヘソ中心に集めていく感覚)で行う力が
強くなる目的でも行いますが、この動作の場合
前側の太腿の筋肉も多少手伝ってくれるため、この形になれます。

大きい筋肉は早く体を温めてくれますので
そのためには、それらが付いてる関節部分を動かすこと。
そうすることで関節周辺もストレッチされて、次第に全身が柔らかくなっていきます。

★固い場合、関節が柔らかい人を羨ましくなるかもしれませんが
しっかりした関節は、実はとてもありがたいんですよ。

オンラインストレッチ、現在は隔週土曜日の10:00~11:00に行っています。
対面がご希望の場合、現在は個人レッスン的扱いになりますが
ご興味ある方はお問い合わせください。




当日レッスンのみ参加も可能です。
10:30~12:00/初級 受講料:¥4,000にて

体験レッスン等に関してのご質問やお問い合わせはこちらから
講師依頼等も承ります

バレエブログランキングに参加しています。
ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

「バレエと音」素敵な関係

「バレエと音」は
やはり切っても切れない関係。
音楽を踊る、のがバレエですもん。

私が当時子供の頃のバレエ教室は、
オープンリールと言う機械で音を出していました。
でも録音されている音が伸びちゃって、余り綺麗に聞こえてなかったなぁ
という思い出も共にあります。
その後カセットテープになって、CDになって、MDもあって・・
今はスマホに入れられますもんね。
(そして今またカセットの、人気が出てるらしい)

同じ音で練習するのは、それなりに意味があるので
(動きに反応させるため)
それもあり、子供の場合は殆ど変えないようにしているのだけど
ずっと使っていたCDが、ついに壊れてきたのもあって
新年なので変えてみることにしました。


初、星美和さんのCD
子供達気に入ってくれるといいな。
これまでの音源にかなりリスペクトしてるせいか
つい似た感じのものを選んでいました。

レッスン音楽はバックミュージックではないので
耳を鍛える必要もあります。
なので、個人的には活舌良い演奏が好き。
(これは大人も一緒)
リズムを外に取るか、中に取るか(裏表の違い)も
レッスンの中で学び、それがステップの動きに繋がります。
最初は脳トレのように感じますが、慣れると脳が活性化して
音に乗れるようになってきます。


バレエが上手になりたい方、ぜひ音楽からのアプローチを
今年は頑張ってみてはいかがでしょう。
当日レッスンのみ参加も可能です。
10:30~12:00/初級 

体験レッスン等に関してのご質問やお問い合わせはこちらから
講師依頼等も承ります

バレエブログランキングに参加しています。
ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ