思いやりの心と、踊りとの関係

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

相手を思いやれるって、ステキだな、と感じた
昨日年少~年中さんクラスでのエピソード。

トイレに行った後、ほぼ裸んぼ状態で手を洗ってる子に
タオルを差し出してくれる子、
レオタードを持って待っててくれる子、がいました。
3~4歳ですよぉ♡^^

普段はもう、自分のことだけが楽しくてたまらなくて
全然、静かにならないクラスだけど
時折相手のことを見て
思い遣ってくれる行動を取ってくれたりします。

へー、と思うのは
考えて動いてる、と言うよりも
反応して行動してくれてるところ
私って優しいでしょうーとか、一切ない(笑)
それがむしろ良い。
人との関わり方が、集団で分ってくる年齢ですよね。

子供から大人になって行くとき
残ってて欲しいことが、新しく身に付いたことによって
綺麗さっぱり、簡単に消えてしまうことがよくありますね。
すごく勿体ないけど。

集団行動が身に付いた時期から
何か芸事に関する習い事をさせること
それが理に適ってると言うのは
多分、技術だけの習得じゃなくて

思いやりの心が芽生えるから
じゃないかな、と感じます。

我欲なく、相手に対して反応できることを
教え込んで、学ばせるのではなく
自然に身に付けさせられること。
これが幼少期の、バレエを学ばせる良さだと思います。

それが大人になり
踊りで最も酷使する、身体についての思いやり
エネルギーの出し方は
考えるのでは無く、反応として必要。

ただ、頭で考える癖がついてしまうと
やった気分になってしまうから
だから、何となくな動きに見えてしまうのですよね。

大人でバレエを習ってる方が、ご自分の手や足に対して反応することが
ムズカシイとか、分からないと仰るのは
多分そこなんじゃないかな、と感じます。

 

***********************
大好きなバレエに、より向き合う時間にしてみませんか。

個人レッスン専用お問い合わせフォーム>>>

まずはご相談できますので、お気軽にお問い合わせください。
時間等応相談可能。

通常のバレエクラスはこちらから

★バレエで美しくなる方法でレッスン★

「楽しく」と一緒に身体のより良い使い方、フィジカル面の可能性を
存分に引き出す方法を取っています。
身体の声を聞きながら、更に出来るようになっていく。
基礎が身に付き、過去の癖が取れて行く。
そんなバレエを楽しんで下さい!

初心者の方から経験のある方まで、ぜひウェルカム!

Kayano Ballet Studio HP


Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ