一番長く続けていることを大切に^^

産経のジュニアちゃんたちは、12月に学園祭の舞台に出演します。
継続が危ぶまれていた時期に、「最後の花道」的な気持ちで決めた舞台だけど
続けられることが決まってからは、その先に繋がるように気持ちを切り替えて指導中。
今回2人はソロを踊ります。

本気で頑張ろうと思うようになったらしく、彼女達は時々木曜日のクラスや、火曜日のオープンクラスも受けています。
混じることで大人や彼女達双方に良い影響が出てきている様子。

昨日「練習は誰のためにするの?」と尋ねたら
「お客さん・・・」と言うので
「それも大事だけど、まずは自分が一番安心して出来るようにするためなんだよー」と。

未成年の場合は、受講させてくれているご父兄が必ず居られます。
子供達が楽しく続けられるなら、と、習わせてくれているのはご父兄のお蔭。
観に来てくれているお客様、と言う漠然とした対象の中に
まず絶対に応援してくれている存在を知っておきましょ、と思っています。

そして分け隔てなく、会場に来てくれている人に披露する気持ちで臨む。
会場には、見えない所で頑張ってくれている裏方の方達も沢山居られます。
その人たちが居るお蔭で、短い数分の出来事でも滞りなく進むのですから
自分が安心して踊れる状態に持って行く気持ちで練習する。
踊りが踊れない、とリハーサルをやみくもにする人より
日々のレッスンを大事にしている人の方がよりよく踊れる、とも思っています。
まずは自分に集中できる気持ちを作るんですね。

舞台が終ったら一つステップ上がっているかな?^^
一番長く続けていることを(一番長い子で約7年になります)大事に出来る人になって欲しい
と、いつも願っています。

SAMSUNG
写真は去年の学園祭より。

⇒日本ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村