バレエと演技

こんにちは。バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。


先日、友人がとても興味深いブログ記事をかいていました。

バレエの見えるものが増えてきたり変わってくる

私は舞台を観に行った後、よくその余韻に浸りながら振り返りを楽しんでいます。
ダンサーの【技術】と一緒に【演技力】も。
これが中々言葉にはし辛いのだけど、瞬時に感じ取るもの。
感じ取ったものを表す語彙力は拙いけど、自分の中ではジワジワと膨れ
それを鑑賞記として綴ったりしています。

先だって新国立劇場バレエ団の「不思議の国のアリス」を鑑賞した際
スティーブン・マックレーの存在感に圧倒されましたが、演技も素晴らしかった。
自然なのです。「お芝居してるぞ!」な風には全く見えない。

踊るうえで、演技的な部分も指導しますが
どうしても踊らせることが先に来てしまう。
でも、仕上がりとしては少しでも「それっぽく」見えたいものですよね。

役者さんが「台本に書かれていることをやるだけで」なら
ダンサーは「振付にあることをやるだけで」だと思います。
だけど友人の記事にあるように
「あれだけ型が決まっているのに、突き詰めると三者三様に見える」と言う点が面白い。
演じるって面白いのよね。


作品を選ぶ時「この人に似合いそう」と言う演目を選びますが
その人の個性とリンクしている役柄を演じて欲しい、と言う意味でもあります。
中々日常生活では味わえないものですし(笑)

【演じられるようになる】ことは、時間をかければ出来るようになる、と言うものでもなく
むしろ自分で気づいた時点から、少しずつ開花していくものかもしれません。
そのためのトレーニング、私もとても関心があります。
興味深い記事を、ありがとうございました♪


10/29(土)クラスレッスン&スタジオパフォーマンス、参加者募集中!
参加枠を増やしての募集です。

スタジオパフォーマンス、参加特別枠のご案内

『大人のバレエはエレガントに美しく』
”美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬

体験、レッスンに関してのご質問やお問い合わせはこちらから。
講師依頼等も承ります。

バレエブログランキングに参加しています。

ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ