自然体の踊りに近づく

舞台を観た時、「自然体」と感じるか

「なんか作り込んでるな」と感じるか

この二つは、どうしてもいやでも感じてしまうもので
もちろん創られたものなんだけど、それでも「自然に見える」と言うのは実はすごいこと。

バレエ鑑賞の際、技術に目がいきがちだけど
自分が踊るなら、そして指導するなら、自然体の方が良いなとは思う。
振り付けは作品によって全部違うもの。それらを自然体に見せられるというのは
まず基礎力と、あとは振付の導線をどうやってこなすか、にかかってる。


このところはこんな風にしたら、踊りやすくなるよ
このところは、こんな風にしたら、形がまとまって(整って)見えるよ
全部違うけれど、全て共通点があるもの。

クラスレッスンでも踊りなさい、とは言うけど
そこにどんな気持ちが伴うかは、無色透明みたいなもので
夫々の作品を練習しだしたときに、初めて色が付く、ような。
それが練習方法の軸になって、自分の色になっていく。
その人に似合う個性もあれば、全く違っていても良い。
日常の自分と踊る自分、2つのパターンをいつも持っているつもりでやっていればいいと思う。


むしろ、(本来は)それを教えるのが踊りの指導で
体の使い方等を改善したから、自分が望む踊りになる訳じゃなく
(もちろん大きなウェイトは占めるけど)
どうやったら自然体に近づいて、その人の色になっていくかをサポートするのが指導じゃないかなと
リハーサルを通じて、感じている私です。



10/29(土)生ピアノ演奏によるクラスレッスン&スタジオパフォーマンス行います。
当日のみ参加(参加特別枠)または、リハーサル付き(5回/10回)参加、のいずれかからお選びいただけます。クラスレッスンのみの、参加枠もございます。

10/29(土)クラスレッスン&スタジオパフォーマンス、参加者募集中!

『大人のバレエはエレガントに美しく』
”美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬

体験、レッスンに関してのご質問やお問い合わせはこちらから。
講師依頼等も承ります。

バレエブログランキングに参加しています。

ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ