教えるための雑感あれこれ

バレエを習うことや踊る事には、色々な要素が絡みます。
もちろん自分の身体を使って行うので、より良く動けるための知識も必要。
ただそれらを行うために、どんな由来を通して来ているかまでを知る機会が日本には少ないのが現実です。
大勢のバレエの先生が解剖学の講座を受け体の動かし方のノウハウを知り、それを自分の普段のレッスン指導に生かそうと思っても、現実的に目の前の様々な生徒さんの状況に立ち向かい、悩んでおられます。

私もかつては「身体重視」派でした。沢山勉強したのでどんどん詳しくなり、それに基づけば自分は色々分かるようになり動けるようにもなり。。
でも相手が自分と同じかと言うと、必ずしもそうではありません。
また色々詳しいが故にそれを「武器」にしてしまえることも、最近は分かってきました。
相手が知らない、と分かると、知っている側が優位に立ててしまえるのです。
もちろん、教えることはそういう要素も少なからず含んでいるため、間違いとも言いきれませんし
知識をシャワーのように浴びたら、何かしら残るものも有るのは事実・・・でも何か違うなぁと。

私が今目指してるものは、教える側も受ける側も双方が上がること。
「これやってみない?」と聞いた時に、本当は8割信じているけど2割の疑いや疑問が有るために「やる」と言えない人も居る。
その2割を解消できるように、こっちが誘導出来たら良いなーと、思っています。
それを教えるのは、もちろん現場である「スタジオ」なのですが、スタジオ以外で自分で何かやれることを探したりする場合、こんな小話に目を向けてみては?
チャコットダンスキューブより、キャラクターダンス

先日あるバレエの先生の会で、私が「バレエと乗馬ってとても深い関係が有るんですよ」と言ったら、「乗馬は内股じゃないのですか」と質問されたのですが、当時の移動手段は殆どの場合「馬に乗ること」ですね。
馬に乗るためには背中を伸ばして、丹田の奥でバランスを取らないと落馬してしまいますし、内腿をきちんと閉じる感覚はバレエのポジションで立った時と同じ意識。
パ・ド・シュバルと言う「馬の足」と言う意味を持つパが有りますが、馬が駆けてくる後ろ足をイメージした動きだと言われています。

2011_07230425
2011_07230424
写真は明治神宮近くのポニー公園の仔馬です^^

2012_05_05_000835

今日はこれからフロアバー・バレエを教える日ですが、このクラスが持つ意味も時折考えます。
90分バレエだけのクラスVSフロアでエクササイズ+残り時間バー・センターだと、90分バレエだけの方が「踊ってる感が有って良い」と思うのかな、とか。
でも90分空間に立って踊るだけで、柔らかく綺麗な身体を作れるかどうかは微妙です。。
私ごとですが、最近また3サイズが20代の頃のように戻ってきました。もちろん1~2センチの誤差はありますが、殆ど変らなくなってきました。
それは以前沢山勉強したことを、「フロアを通じて伝えるようになったからかも」と思っています。
生徒さんが綺麗になり理解が増えて、そして自分のサイズも変わらないなんて、まさに「双方が上がる効果」!
参加人数が今後増えることを期待して、今日も頑張ります(*^_^*)

↓↓ ブログ村ランキングに参加しています↓↓
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

綺麗な所に行きたくて

おはようございます。
昨日、修善寺の「虹の郷」に行ってきました。
綺麗な場所に行きたくて、少し東京をプチ脱出。

SAMSUNG
入口ゲートがこんな感じで、とても可愛らしいのです。

ロイヤル・ローズガーデンも綺麗でしたが、圧巻は今が盛りの紫陽花が咲き乱れる、日本庭園。
動画に撮ってみたけど、感じが伝わるかな。。

SAMSUNG

鳥の声と景色に癒されたのと、頭の中がすっとクリアになることが出来ました。

SAMSUNG
日本庭園内には、菊屋旅館から移築された夏目漱石記念館もあります。
夏目漱石が私と同じ歳のころ、胃潰瘍になり療養したのが、伊豆の修善寺。
部屋はきちんと片づけられモノが無くシンプル。過去の文化人や有名人が私と同じ歳の頃は、もっと老成していたんだなぁと痛感します。
「虹の郷」は伊豆氏が運営していて、元々は山だったそうです。見事な赤松の木が有ったり自然を感じる場所。紅葉の季節も美しそうです^^
多分子供連れや若い人が好む造りなのですが、昨日はご老人の夫婦が殆ど。遠足のシーズンや土日は混むんだろうなぁ。。
殆ど人が居なくて、贅沢でした。

SAMSUNG
軽く温泉に浸かった後、夜は三島で懐かしい方とお食事。美味しかった♪ 時間があっという間に過ぎました。

日々めまぐるしくアレコレ思考が飛び交い、小さな事でくよくよもするし、でも、心の核は常にしっかりとしていたいものですね。
そんな風に思った時間でした。
いつかスタジオの皆とプチ旅行してみたいな。

↓↓日本ブログ村ランキングに参加しています ↓↓
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村