心が穏やかになる、奥村十牛の画

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

山種美術館にて、奥村十牛の絵を鑑賞してきました。⇒こちら(山種美術館より)

奥村十牛の「死ぬまで初心を忘れず、拙くとも生きた絵が描きたい」、「芸術に完成はあり得ない」、「どこまで大きく未完成で終わるかである」(山種美術館HPより引用)
これらを感じ入りつつ、じっくりと眺めてきました。

このお写真だけ撮影OK。他にも沢山可愛い動物達が描かれています。どの画も何か語りかけてくるような、そして見ていて心が穏やかになる気がします。

そして今回、尤も見たかったのがこちら。

昭和31年に大阪で上演された、白鳥の湖の舞台をご覧になった後だそうです。
(この時代の白鳥の湖って、日本で初演の頃辺りですから・・)
エピソードも「何かポーズを取ってもらおうかと思ったけれど、色々考えたうえ、腰に手を当ててもらったごく自然なものにした」と、あったような。
きっと踊り終わったあとの、やれやれ、と言う感じなのでしょう。
谷先生はそんなに大きな方じゃなかったけれど、画は大きくて迫力がありました。

「自分に厳しく」とよく言われてきたけれど、自分にはどれだけ厳しくてもいいけれど、表に醸し出すものには穏やかさがあるのが良いなぁと、これらの画を見て感じました。
謙虚さが何よりも大事、と言うことなのかな。(自分も若い頃、もっとそうでありたかったと思う)

★掲示してあった、山崎氏が全面的に支援したエピソードがとても興味深かったです。





バレエ作品練習会2022の予定スケジュール、再編集して更新しました。
⇒11/21まで受け付けています。
希望作品に関して、お気軽にお問い合わせください。
講師振付のバレエシューズ作品(易し目の短い小作品)も考案中です。

★バレエクラスのご案内★
Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”大人が長く・美しく踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
都内目白と初台でバレエクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。(時間・曜日応相談可能です)
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内


体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください♬

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

山種美術館にて「百花繚乱」

こんにちは。バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

先週、山種美術館にて日本画を鑑賞。
沢山のお花の絵が展示してあります。
春夏秋冬の花々が描かれ、お花好きな方にはとってもオススメ!

日本画の細やかさは、きっと画材の質感によるものなんでしょうね・・・
色を重ねても重ねても厚ぼったくならず、どこか透明感がある。
油彩独特の濃厚な色合いもそれはそれで魅力的で、決して嫌いじゃないんだけど。


昔、「沢山の絵を見ることは自分の表現の幅を広げることに繋がる」と聞きました。
なんでかなぁと思いつつその理由を一生懸命探そうとして、「良いものを見るのは良い」と言う考えだったこともあるけれど、もしかすると「様々な表現の違い」を知ることが、自分の幅を広げることになるのかな、なんて。

珍しく絵葉書を買いました♡
どの画も高名な方の作品だけど、主張しすぎず、だけどずっと見ていたいな・・と感じる。
そこがね、日本画って良いな、と思うようになった点なのかもしれないです。

★山種美術館は一人でフラッと行くのもよし、またはデートに良いかな。
大勢でワイワイ行くような雰囲気じゃないので、このコロナ禍ご時世には(もしかすると)ぴったりかもしれません^^


バレエクラス開講21年目記念・入会キャンペーン行います。

5/4&5/5にGWレッスン(ヴァリエーション)行います。
お気軽にお問い合わせくださいね。

バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”大人からでも長く・美しく踊れる体作り”をコンセプトに、バレエクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来れない時には、オンラインレッスン♬
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内


体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)

バレエブログランキングに参加しています。
ポチっと押して応援してください♬

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ


”見る力”を磨こう

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。


クラス中、レッスンのアンシェヌマンを見せる時
一緒に動いて覚える人、多いですね。
そういう方には「まずは動かないで、見て覚えて」と伝えます。
自分で動きながらだと、方法がどうしても我流になり
見る力が養われないからです。

昨日はルールを決めました。
最近2回順番を見せてるので、一度目は見る、二度目は軽く動いても良い。
こうやって何かしら小さなルールを決めていくのも、覚えるヒントになります★

クラスレッスン後に足を伸ばして立ち寄った山種美術館では
東山魁夷の日本画展が、昨日最終日でした。


余りに美しくて・・・
どの作品にも圧倒されてきました。

この美術館のすごいところは、所蔵されてる作品も素晴らしいけれど
各作品や作者に対してのエピソード紹介がとても緻密なところ、だと個人的に感じています。

中々絵が認めてもらえない時期、先生から「もっと写生しなさい」と言われ
とにかく見て、描くことだよ、と指南された。
そこには物の見方の奥深さの意味合いもあったと、記されていました。

見る力を磨くことで、小さなことにも喜びが見いだせることを
先生からの言葉で学んだ、と有ったように記憶してますが(違うかも^^;)
だからこそ不遇の時代を超えられ、大家として花開いて行ったのかもしれませんね。

ちょっと駅から遠いけれど、、、、だけど、また来よう。


バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした大人の方向けバレエスタジオ。
都内は参宮橋・目白にて、近県の幼稚園では、子供のバレエも行っています。
講師は現在も現役で踊っているバレエダンサー。
基礎を大切に、バレエの体の使い方、伸びやかに踊る方法をお伝えしています。

「1月、オンラインクラスを増設しました」

オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内
記事内にペイパル清算フォームも貼りました。ぜひご活用くださいませ。


体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)


ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

『竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス』

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日山種美術館にて
『竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス』を鑑賞。
会期が明日までだったのですー。間に合った!

日本画の良さが最近少しずつ、分かるようになってきました。
色彩の柔らかさ、描かれる線の細やかさ
描かれているものが配置されている”間”の頃合いなど
西洋の絵画とはまた違った趣きがありますね。
描かれている動物や鳥たちなどが、ほんわりとしていたり
時には力強く生き生きとしていたり。

★お写真は山種美術館のインスタグラムからお借りしました。
観たい!と思った方はぜひ、美術館でご鑑賞くださいね。

展示物を飾るショーケースの片隅に目をやると、奥村土牛の言葉を見つけました。

「生き物の生きている感情を出すことは並大抵の困難さではない。生きているように見せようと描くより、描く前に鳥なら鳥、花なら花にしみじみとした愛と絵心を覚えてその気持ちで描いていれば、たとえ稚拙であってもよい味わいのものが出来るのではないか、その気持ちが何より大切なのではないかと思う」

この言葉に出会っただけで、なんだかとても有意義なものに。
大家であればあるほど、ささやかなことを大切にしているんですね。

バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年から開講している、大人の方向けバレエスタジオ。
都内は参宮橋・目白にて、近県の幼稚園では、子供のバレエも行っています。
講師は現在も現役で踊っているバレエダンサー。
基礎を大切にしながらバレエの体の使い方、伸びやかに踊る方法をお伝えしています。

オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内

11月は体験月間!
体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
個人レッスンも承っています。


ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ