懐かしいCDを使いました

こんにちは。
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。


梅雨寒で、スッキリしない日が続きますね。
木曜のバレエベーシック、実は案外動くクラス。
昨日は久しぶりに、シルヴァン・デュランさんのCDを使い
演奏のパワフルさで、夜だけどスカッとしてもらいました。


シルヴァン・デュランさんは、パリ・オペラ座のピアニスト。
このCDは私が師事していた元パリ・オペラ座のピエール先生がよく使っておられ
音域の広さと指のタッチ、リズム感の素晴らしさに圧倒されました。
(やっぱりパリオペの音楽は、パリオペらしい動きが似合うものじゃの(笑))

その後、パリ・オペラ座の教師のベルトラン氏の「バレエ指導法」を受講した際
レッスンの構造についての説明があり、自分がつまづいていた(苦手な)部分の答え合わせができ、それがきっかけで、音取りに対して臆することがかなり無くなった気がします。

オペラ座の動きって全部が美しいけど、(個人的感想)特にアレグロの動きは格別。
リズム感とプリエの”溜め”が絶妙で、バットゥリー(打ち付ける動き)等は正確だし、足さばきが軽やか。それらは全部、リズム感からなのですよね。


先日、過去にバレエピアニストを経験されていた方のブログを見つけ、興味深く拝読しました。
自分が演奏するのとは違い、裏方としてダンサーの体が上げるための工夫、選曲、弾き方について工夫する必要があり、そのため実はとても難しいものだと書いてありました。

そういえば、”音楽をやっている”方がレッスン受講に来られていた時「音が上手く取れない」とよく言われ。なんでかな?と想像したのですが、もしかすると演奏を聴いてしまい、自分が踊る側として音を捉えてないのかも?と感じました。特にリズム感に、それが感じられたかな。

バレエを踊る=体の使い方、から入ってしまうと、音楽の部分が抜け落ちてしまうことが多いのです。
だから、音をすごく工夫します。
詳しくはレッスンで・・♪

→募集は6/30まで。

『大人のバレエはエレガントに美しく』
2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。

体験、レッスンに関してのご質問やお問い合わせはこちらから。
講師依頼等も承ります。

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ






蛭崎あゆみさんのレッスンCD

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

先日レッスンCDを、久しぶりに新しく買いました。
ちなみに多分40~50枚ぐらい、持っていますが
このところよく使うのは、蛭崎あゆみさんのもの。
殆ど持っています(*^-^*)

あゆみさんの演奏は音域が広く、アクセントがはっきり。
なので、初心者の人には
「もしかして難しい、と感じることもあるかもだけど
音楽が素敵だから、ついてきてね!」の意味で、使ってます。
私自身が、まったりした演奏が苦手なので・・・^^;

音域が広くてダイナミックな演奏の場合
聴きなれてない人は、ついつい鑑賞側になりがちですが・・・
いえいえ、バレエクラスの演奏は
踊る皆さんを輝かせ、盛り上げるためのものなのです★

★このCDについている”帯”に
ジョゼ・マルティネスのコメントが。
「彼女の音楽から翼を与えられ
私達は色彩豊かな旋律にのって旅をする」
とあります。

どのパートの音楽も素敵ですが
まずプリエの音楽が、まるで空気が煌めくような感じ(に、私は聞こえる)
その他、ハバネラ調にアレンジされた白鳥の湖第四幕(フォンデュ)や
だい、だい、大好きなスカラムーシュ(アレグロ)等。
スカラムーシュは、確か連弾で弾く曲なはず・・・なのに
お一人で二人分弾いてるように聴こえるぐらい、ホント楽しい!

先日は「音を拾うこと、のツレヅレ」と言う記事を書きましたが
正しさに没頭しすぎてしまわずに
リズムを取る、と言う繰り返しと
演奏を沢山聴いて耳を慣らすことも、とっても大事。

個人的な好みですが
どうやら南米系のリズムが混じってるものが
とても好きなんだと思う。
タンゴやハバネラ、と言うリズムに
ものすご~く反応するのです。

レッスンで使うのが楽しみですね(#^^#)


レッスンのご案内

7月もスタジオレッスンと、オンライレッスンを併用して行います。
スケジュールは→こちら
スタジオでのクラスは、体験レッスン・新規ご入会も可能になりました。


個人レッスン、グループレッスン、どちらをご希望の方にも
ご一読ください。
レッスン内容や詳細等を、明記しています。(7/1改訂)
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内

2000年に開講した大人のバレエクラス。
都内では目白&参宮橋にて、クラスを開講中。
近県の幼稚園では、子供のバレエを指導しています。
レッスンのお問い合わせはHPからどうぞ。
Kayano Ballet StudioHP

Kayano Kawai  バナーを作成

Facebookもやっています。 お気軽にフォローしてくださいね。
ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださいね。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ









パリ・オペラ座のピアニストさん

今、田町にある、アーキタンツでは
パリ・オペラ座のピアニストさんで
↓こちらの動画 の、伴奏をされている
シルヴァン・デュランさんのピアノ演奏でレッスンが受けられます。
昨日のクラス前に行ってきました。

10年ほど前、ピエール・ダルド先生のクラスではいつも、このシルヴァン・デュランさんのCDでレッスンしていました。
パリ・オペラ座のメソッドには全然慣れないし
音楽は音域が広くて、音譜が沢山で、すごくパンチが効いてるし・・・
けれどメロディではなく、ピアノの音そのものを拾うように聴くことを覚えると
分ってくることが増えました。
相当頭を使いましたが。
その頃よく受けていた講習会でも、「バレエの伴奏と動き」について
講師の先生に沢山質問して、自分なりに理解を深めたりしましたね。

生のシルヴァンさんの演奏は、本当に音域が広くて、多分殆どが即興なのに
いたるところに音譜が飛び交う弾き方。
そして弾きながら、ダンサー1人1人を見てる。
音そのものだなぁと。
いつか、この方のピアノを生で聴いてみたいと思ったけど
約10年経ってから叶いました(*^_^*)

夜のクラスで、彼のCDを使ってレッスンしたら(写真の左上2枚)
音域の広さとエネルギーにビックリしていましたが
でも音が何よりも大事で、自分中心に聴いて居てはいけないと言うことがわかりました、と言ってくれました。
嬉しかったですねー。
10176039_662813730423271_6557974349588923736_n

私は奈良でバレエを習っていた頃は、約10年同じ音楽でクラスレッスンをしてきていて
レッスン場の環境も、お寺の敷地内になる集会所みたいな場所で
ただ楽しくだけやっていたので、全然基礎の無い子でした。
元々バレエのエキスパートでもなんでも無いのです。

それが17歳の時に京都でバレエの講習会を受けてから
良い環境の元で行われる稽古に憧れて
東京に出てきてからは、自分が良いと思った事に対してまず赴くようにして
(ネットも無い時代ですし)、情報はバレエの季刊誌とか、オン・ステージと言う業界紙ぐらい。
あとは、先生が教えて下さったりもしましたね。

特にフリーになってからは、とにかく貪欲でした。あちこちへ飛び込んで行きましたし
これ・・到底出来ないでしょ、と思うことにもチャレンジ。
若い頃はそれなりにドキドキして受けたけど
今は開催する側が自分よりも年下のことも大いに有り得る状況です。

過去に得た情報のみに固執して現在の流れを知らないでいるのは
今の時代コワイことでもあるし
けれどガツッと知識を得た時期が有るからこそ、それがベースになっているのは自信と基盤の部分。

ただ、それがどこまで伝わってるのかな、来てる人は
「この先生は何でも知ってる、何でも出来る」と安心しきってしまい
まず自分がやりたい事だけを優先してしまっていないかな・・
そう言う懸念が、時々ふと頭をよぎります。
ある意味それが、今の稽古場の状態にも表れているから
良くなる方向に持って行かなきゃ、と1人奮闘する毎日なのです。

人のバックグラウンドを大事にすることも大事。
だから、プロフィールを提示するんですものね^^
今年のレッスンは今日入れてあと3回有りますが、大切にこなして行きたいと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします(*^_^*)

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

ジゼルのレッスンCD

先日スタジオ生から戴いた、ジゼルのレッスンCD。
全曲がジゼル♡素敵です。
時々シチュエーションの振りが浮かんできて、笑っちゃうこと多々(笑)

アカンパニストは江藤勝己さん。
新国立劇場他のリハーサルピアニストをされてます。
奥様が昔の稽古場の先輩と言うご縁・・。
SAMSUNG

レッスンの時、音が取れない、と言う人結構居ます。
私も受け慣れてないクラスの時には、時折つい遅くなってしまいますが
「聴きながら」動いちゃうから、なのですよね。

バーレッスンは足からトレーニングに入ります。
「足元はリズム」
なので腰でリズムを刻み、つま先をマウスポインタに見立てて
その音のリズムを刻むように心掛けています。

確実に音を掴まなきゃ出来ないアレグロや
重心の位置をしっかり感じて動くアダージオ
回るための「一瞬の間」を必要とするピルエット
空中に浮かぶ時間を必要とする、グラン・ソ
3拍子を刻むワルツステップ
それぞれに動きのニュアンスがありますので
まず、リズムの「1」に間に合うように、練習します。
何度も何度も。

もちろん耳で音楽は聞きますが
動かす場所への「反応」を素早く行うこと。
これって運動神経です。そのためとっても良い脳の訓練になります。
毎回やることで毎回発見が見つかるんですよ~、とっても楽しいです^^

今日もスタジオでお待ちしています(^_^)/
レッスンカレンダーはコチラ。当日の体験も出来ますよ。

日本ブログ村ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします^^
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村