一つの考え、方法などなど ~個性について

こんにちは。バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

先日アップしたこちらの動画が、中々好評の様子。
ありがとうございます。

一つの方法でもあるけど、考え方、捉え方を動画では伝えてて
この意図が伝われば私は◎だと思うのですが、どぉ?

分かりやすい先生、指導が上手い先生、などなど
色々受ける側は選ぶことができるけれど
意図を組むことが出来て初めて、それが成立するものだから
教える側もそこに至るまでの努力や時間、経験があるからまとめられる。
(まとめるのは、また違う練習が要るけど^^)

私のバレエ歴、実に長くなりました(45年になります)
でもだからと言って、私が10回ピルエット回れたり
180度脚を高く上げてキープ、ができる訳でもない。
むしろ、ここから衰えていくのに・(苦笑
(そういった身体能力があれば、まだ別だろうけど 笑)


基礎固めしてきた強さが、個性にもなるのかな、と
時折想っている次第です。





踊ってみたい作品、リベンジしたい作品、ご自身の創作(または私が振り付けても♪)
踊ってください当日のみ参加の方でも、全体に馴染むように構成しますので、ご安心ください。
※(12月末までお申込み受付) 新年の始まりのイベントになりますように。

2月4日開催!クラスレッスン&スタジオパフォーマンス、参加者を募集中です。

ただ今、体験キャンペーン中!!

2000年にスタートした、大人向けバレエクラス
”長く美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
体の使い方や表現方法まで、丁寧に指導しています
”踊る心”は、”楽しむ心”
目白と初台で、レッスン開講中
基礎を見直したい方、スキルアップしたい方、ぜひお待ちしています
オンラインレッスンもあります

体験レッスン等に関してのご質問やお問い合わせはこちらから
講師依頼等も承ります

バレエブログランキングに参加しています。
ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ



『体の方向』取れてますか?

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。


こちらの動画は、足指トレーニング。
普段子供達へ、レッスンの最初にさせています。
中々上手く思ったようにできないようで「右は出来るのに、左がぁー」とか言ってる。
できるようになった時「見て見て!!」と見せてくれるのです。か~わいいー

さて、このブログでも以前、バレエの方向について触れたことがありますが
↓   ↓   ↓ こちら ↓   ↓   ↓ 


バレエの8つの方向 と言う記事もあります。

教えていて、体の方向の向きが分からなくなってしまった時や、手や足の出す方向が曖昧な場合等に
この図は本当に優秀だなあと感じます。
5歳以上になると、これを先に見せて伝えた方が覚えが早いことも分かりました。
複雑なバレエ用語はまだこの時点では余り使っていませんが、出す足で体が開いて感じるのか、または閉じているのか?は理解できるようです。

大人の方の場合「エファセ?クロワゼ?エカルテ?」となりがちですが、この図で自分が中心に立ってることをイメージして、今どちらの足が軸なのか、そして前か後ろ、そして横に出してる時に方向の呼び名が違う、と言うことが理解できるようになれば、その後は早いと思いますよ。


こういった「約束事」を大事にしてるかどうかは、踊れるとか体の使い方以前のことで
これらが本当に理解でき、使えているとスッと筋が通って見える。
私は「筋が通って見える」踊り方が好きです。見てて綺麗だから。
だから方向には丁寧に臨んで欲しいし、練習しようね、と伝えています。

→募集は6/30まで延長しました。

『大人のバレエはエレガントに美しく』
2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。

体験、レッスンに関してのご質問やお問い合わせはこちらから。
講師依頼等も承ります。

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

とある日の、バレエベーシック(動画)

こんにちは。


昨日バレエベーシッククラスの(またまた)タイムラプス動画を撮りました。
お一人だったのもあって、まるで個人レッスンみたいな感じですが・ご快諾ありがとうございます。
それにしても、タイムラプス動画って面白い笑

★90分のレッスンを圧縮すると0.37秒になり、それを1.50秒まで伸ばしたので
多少は、どんなことをしてるかわかるかなぁと思います。

基本的に、私のクラスは『オープンクラス』ではありません。
チケット制で10回チケットの場合半年の有効期限がありますが
それはお仕事との兼ね合いでペース配分できるように、と言う考えから。
(そのため1か月以上お休みされる場合、事前に連絡を頂くようにお願いしたり
こちらから呼びかけたりもします。)


基本的には入会いただいた方を温めて、育てる考えです。
育てるためには時に足らない部分(筋トレ方法を指南)したり
1か月以上休んだ方にはポワントレッスン受講を希望されても、様子を見てご遠慮願ったり等
人によっては耳が痛いと思われることも、あるうるかもしれません。

だけど怪我は一番して欲しくないため、自分で改善できる糸口を示唆してそれを補佐する、といった点を徹底してるので(それを理解してくださってる方は)どんどん良くなられていかれます。

これだけは、と言う点さえ押さえれば、本当に楽しく動けるし、結構ふざけてますしね。
是非一度、体験にお越しいただけると嬉しいです。→レッスンスケジュール
バレエベーシックは、木曜19:00~20:30。5月末まで入会キャンペーン中です。

『大人のバレエはエレガントに美しく』
2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。

体験、レッスンに関してのご質問やお問い合わせはこちらから。
講師依頼等も承ります。

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ





「バランセ、色々」動画

こんにちは。バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

3月になりましたね。
今月もどうぞよろしくお願いいたします。

”バランセ”=”ワルツステップ”をクラスの中でやる時
「それは何?」と言う目で見られることがありまして・・(苦笑)。
元々は右、左、右、と踏んでいたものから、揺れる動きへとつながり
前後左右と、移動できるステップになっていきます。


あとは顔の付け方が、どうしても分からないという声もよく聞きますが
基本的に「前になる足に、顔を付ける」と言う原則があります。

そんな感じで、こちらの動画は「バランセ、色々」と題してますが
「バランセ、大中小」を取り混ぜてみました。

この音楽は滝沢志野さんのCD「Dear Tchaikovsky」から、白鳥の湖第4幕白鳥たちの踊りのアレンジ。
ちょっとマズルカっぽいリズムで、心に響く・・。


ワルツステップは3拍子なので、足を3回踏むのが原則です。でも通常ピルエット等の序盤にディアゴナル(対角線に斜めに進む)への動きで使われることが多くて、これだけをピックアップして練習する機会が余り無い?と言うか・・ ほんとはね、ステップを正しく踏めることも大事なんですよー。

バレエのステップは「自分が知ってる」「知らない」では測れないし、またピルエットなどの「回転テクニック」の方が優先順位が高いという訳でもありません。
そこを押さえておくと、これから先きっと気分がもっと楽に、レッスンを受けられるようになるはず、ですよ。


2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”長く・美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。「踊れること=語る身体」を目指して。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。

体験、新規ご入会、レッスンに関してのご質問等はこちらから。

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

少し変則的(?)なタンデュのアンシェヌマン動画

こんにちは。
先日のレッスンで、少し変則的(?)なタンデュのアンシェヌマンを組んだところ、その後が少しお通夜みたいな雰囲気になってしまったので^^; 
説明動画を撮ってみた、バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。


まずこちらは、4/4拍子と8カウント×8小節の64小節の音楽。
順番は最初前に3回・4回目に次の場所へ。その出した足を1と数えてまた3回・4回目に次の場所へ。
前横後ろの”アンクロワ”(十字)が終わったら、もう一度今度は1回ずつ一往復アンクロワ。
前に戻ったら”デトゥルネ”して逆側を続けます。

さて、わかったかな?^^ 案外動画(客観的に見てる方)はすんなり理解しやすいかもしれませんが、実際足を動かすとなると、アワワワワになるのもわかる。


4/4の場合、2回または4回足をだす順番に慣れちゃいがちなのですが、これは足し算的な動きなので変則的に感じても必ずぴたっとハマる。でもメロディだけ聴いてると合わなく感じる(実はココがクセモノ)。
でもこの壁を一度破らないと、カウント(拍子)で足を動かすことを、自発的に覚えようとしなくなるのねーー。

ちょっとお通夜みたいな空気になったのは、きっとやったことが無いから難しく感じたんでしょうね(その気持ちもわかる)。
私も最初はそうだったので、ややこしいアンシェヌマンに巡り合った時は、内容を逐一思い出しながらノートに書き記しました。
その後これよりも複雑なものに出会った時は「あ、多分あれの応用?」と勘繰りながら足を動かしてきました。その場その場で無になって、ひたすら足を動かしてきた気がします。

頭で構成を理解してまず覚え、実際に足の動きとリンクするのが楽しいなーと思えるようになってくると、きっともっと足は軽やかに動き出すはずです。また、わからない時は『数える』こと。口の中でいいので、モゴモゴ数えてみてくださいね。

2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”長く・美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。「踊れること=語る身体」を目指して。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。

体験、新規ご入会、レッスンに関してのご質問等はこちらから。

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

足慣らしは大切 ~基礎ポワント動画

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

練習って本当にコツコツやるものですねー。
どれだけ良い知識を得ても、自分で理解できるキャパもあるし。

だけど伝えたことが理解でき、違いが分かり、それが体と繋がりながら
練習を続けてくださってる方は、丹力があると思います。

普段、スタジオ生の方を撮ることは殆ど無いのですが
ご快諾頂き、基礎ポワントクラスの足慣らし動画に載せました。
(思いがけずマンツーマンになったお陰・・・感謝)



足慣らしって大切ですね。
私こういった足慣らしを、子供の頃学んだ記憶が余り無くて
多分すぐに「立って!」と言われてきた気がします。
なのでポワントがすごく怖くて、ずっと苦手意識がありましたが
後々じっくり足慣らしをするようになってから、克服できるようになってきました。
加えて足裏のトレーニングをするようになってから、より足首に安定感が増した気がします。


動画は2つのエクササイズを、少し編集して載せています。
おおまかですが、参考になれば幸いです。


★基礎ポワントクラスは14:30~15:00
その前にある初級クラス13:00~14:30を受講された方対象です。@目白の杜スタジオ
時間等ご都合付く方、どうぞお待ちしています。


★バレエクラスのご案内★

Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
「丁寧な手本と方法」そして「バレエを通じて日常に活かせること」
舞台経験豊富な講師が、バレエの基礎を分かりやすく指導します。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。(時間・曜日応相談可能です)
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内
体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらからお問い合わせフォーム

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください♬

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ





足慣らしは大事。ポワントシューズのツレヅレ

おはようございます。
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。


昨日オンラインレッスン後に自習を兼ねて撮ってみた、ポワントの足慣らし動画です。
真剣なお顔してますが(ついついね)、ご興味ある方はぜひご覧ください。

先だって痛めた右膝はようやく治ってきていますが、まだ完治じゃないため時々緩めてます。
本調子じゃない時には、それなりに。

時々チラッと横を見るのは姿見を置いてるので、それを見てる(๑・̑◡・̑๑)

この足慣らし動画、バリエーションを変えて何度か上げてる気がしますが、これが一番大事だなぁと今だからこそ思えます。ポワントシューズと自分の足を本当にフィットさせるための、準備。

これが無くて”立つこと”ばかりしていてもダメなの。下りることができないと、立てないので。
足とシューズが馴染んでこそ、バレエシューズで練習したことが出来る。

自分ではいつも、ポワントに立った時には「菜箸でお豆さんを摘まむ」ような意識を持っています。
菜箸でお豆さんとか、つるつる滑る蒟蒻みたいなものを摘まむ時、ちょっと「気を付ける」よね。
伝わるかなぁ・・・^^

膝よ、早く治ってくれい!と心に念じつつ、今できることをやる。
脚力のためには腹筋も大事。なのでピラティスやヨガ等を思い起こしながら、筋トレしてます。

★お家でもポワントレッスンできますよ。
ご興味ある方は、お問い合わせくださいね。まずはご相談から可能です。


(*^-^*) 




★バレエクラスのご案内★
Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”大人が長く・美しく踊れるための正しい指導”をコンセプトに
都内目白と初台でバレエクラスを行っています。
6月末まで、入会キャンペーン延長します。


遠方の方や、スタジオレッスンに来れない時にオンラインレッスン♬
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内


体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)

バレエブログランキングに参加しています。
ポチっと押して応援してください♬

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

「しんどいフラッペ」

おはようございます。バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

今日は「しんどいフラッペ」(と言うお題がぴったりな)動画を載せてみます。

フラッペ=frappé(氷で冷やした)=frapper「~を叩く・~を打つ」と言う意味だそうです。
(フランス語ちゃんと勉強した訳じゃないので、ここまでにしておきます★)

フラッペは足を俊敏に動かすための練習ですが、苦手な方、多いと思います。
私も得意ではありませんが・・こんな風に拍数に合わせて足を動かす練習もしますよ、と言うのも知っておいて良いかなと思います。

(顔が真剣なのは、ご容赦ください♬)



初心者さんの場合、一回足で床を打つと2拍待つ、のように4拍の中で数を少なくして行うのが一般的です。ただ”待つ”と言う動作を取るのが苦手な方の場合、どうしても踵から勢いを付けがちです。そんなに勢いは必要無い動きなので、言葉の文字通り足の指裏で”打つ、叩く”を練習してみてくださいね。

それから、複雑な組み合わせになるほど音をどんどん早く取ってしまう傾向がある動きなので、焦らずに拍数(リズム)に合わせることを心がけるようにしましょう。

普段こんな感じで説明してますが、現場はやっぱりライブなので、皆さん上手くできたりできなかったり等々。なので、ここでヒント★
【足を出す動き、前と横は出しやすいけど後ろは出しにくいもの。なので後ろの動きは特に気を付けて。】

バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”大人からでも長く・美しく踊れる体作り”をコンセプトに、バレエクラスを行っています。

入会キャンペーンを5月末まで延長します。⇒体験料がお安くなっています。



遠方の方や、スタジオレッスンに来れない時にオンラインレッスン♬
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内


体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)

バレエブログランキングに参加しています。
ポチっと押して応援してください♬

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

プリエの動画

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。


先日「レッスンが始まる前のウォーミングアップ動画」
と言う記事を書きましたが
今日は続きを載せてみました。
またおいおい、その続き・・・を上げる予定。(予定^^)


動画、いまだに苦手ですが^^; 自分が撮るようになってから
オンラインで受講くださる方の癖や改善点が、より分かるようになってきました。
「見る力」が、鍛えられるのかもね。教えてる側にとって。


スタジオだと、直接触れて直すこともできるけど
オンラインは言葉で誘導しますから、相手の方にとって分かりやすく伝える方法を
いつも考えます。
でも見本って有ったほうが良いし
時々動画撮って、載せるのも一つの方法かも。


★昔はかなり”口やかましく言っていた私ですが
言わなくなりましたね・・・^^;
正しいやり方を教える時、伝えすぎちゃいけないと。
そして言葉数を減らしたとしても、頭の中がいっぱいになってしまう人については
「見る力」を鍛えてもらうのが、一番近道かも?と思っています。

バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年から開講している、大人の方向けバレエスタジオ。
都内は参宮橋・目白にて、近県の幼稚園では、子供のバレエも行っています。
講師は現在も現役で踊っているバレエダンサー。
基礎を大切にしながらバレエの体の使い方、伸びやかに踊る方法をお伝えしています。

オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内

11月は体験月間!
体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
個人レッスンも承っています。


ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ


実はアレグロ好き

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。


先日、ちょっと怪我してました→こちら
な記事を書きましたが
その後は、順調に回復してきています。

跳べないなんて、緊急事態宣言以来・・^^;
でもあの頃から比べると、随分元に戻ってきています。

歩かない(歩くことを推奨される)
運動不足(自宅でもできる運動を推奨される)等
引きこもってしまうことへの弊害が
ニュースになってましたもんね。
脚力って大事。。。

リハビリ兼ねて、バーでプチ・アレグロ練習中

動画では、両足で跳ぶもの   シャンジュマン
両足で跳び、片足で着地するもの エシャベ・ソテ、クペ
片足で跳び、片足で着地するもの  パ・バロネ
着地から、足を集めて移動するもの クペ・パドブレ
そんなステップを、行ってみました。

ステップにも色々カテゴリがあって
それらが合わさって、パの流れが作られます。
ひとつずつ覚えることができたら
流れのパターンとして
それらのルーティーンを覚えていくと良いです。

全部覚えなきゃ、暗記しなきゃ、ではなく
パターンを知る
組み合わせのルーティーンを知る

これが、慣れるためには必須です★
バレエ用語も一緒に覚えていきましょう。

実は、アレグロ好きなのです。
だけど、撃沈する組み合わせもあります。
短時間で沢山のステップを詰め込んだ
難易度の高いアレグロは
できるようになったら嬉しいし
組めるようになったら、もっと嬉しいだろうなーと
いつも思うんですよね・・・(*^-^*)


バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年に開講した大人のバレエクラス。
都内では目白&参宮橋にて、クラスを開講中。
近県の幼稚園では、子供のバレエを指導しています。
バレエで身体づくり、健康、表現をしたい等を叶えてみませんか。

9月も引き続き、オンラインレッスンとスタジオレッスンを併用していきます。

オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内

スタジオでのクラスは、体験レッスン・新規ご入会も可能になりました。
お問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム


ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ