昔からの、憧れ絵画

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。



先週の月曜日に行った
ポーラ美術館からのお写真を少し。

上の写真(絵画)は、シェ・リュイのドレス。
この絵は以前から知っていたけれど、名前が分からなかった。
他にも沢山ありましたが、昔からの憧れの絵画。

ウィキで調べたら、彼女は当時のファッションリーダー的
存在だったことを知りました。
身にまとうだけでなく、制作も沢山手掛けてますね。
この黒いドレス、着てみたいなぁ。。。。♡


下の写真は、当時のコスメ。
形状が今と変わらん・・と言うところにびっくり。
そして丁寧にポーチに収まってるところをみると
きっと大切に使われていたんでしょうね。

この時代は、まだまだオートクチュール。
手間暇かけて、が当たり前だったけど
今は安くて欲しい、と思ったものが簡単に手に入れられます。
逆にだからこそ「もっと素敵になりたい」
と言う気持ちが、より強かったのかもしれませんね。
実際に昔の人の写真や絵、今見ても素敵なものが多いですから。


バレエの上達に絡めるなら
点と点になってる、自分の「素敵!」「憧れる!」と言う気持ちを
線で繋げていく方法を取ってみる。

私のクラスで喩えるとすれば
「ステップはシンプルなのに、
ものすごく踊ってる気持ちになれる雰囲気が出る」
と言うご感想が多いのですが(ありがとうございます♡)

それは私が過去からこれまで
どんなことに憧れて、どんな物事に対して関心があるかを
動き方に表しているからなので
私も点でしかなかった感情を、線で繋げる努力をしてきました。

なので真似だけでなく、ご自分が「素敵!」と感じるものを見て欲しいなぁと。
きっとその蓄積が、活かせる時が来るはず。


レッスンのご案内

7月もスタジオレッスンと、オンライレッスンを併用して行います。
スケジュールは→こちら
スタジオでのクラスは、体験レッスンも可能になりました。


個人レッスン、グループレッスン、どちらをご希望の方にも
ご一読ください。
レッスン内容や詳細等を、明記しています。(7/1改訂)
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内

2000年に開講した大人のバレエクラス。
都内では目白&参宮橋にて、クラスを開講中。
近県の幼稚園では、子供のバレエを指導しています。
レッスンのお問い合わせはHPからどうぞ。
Kayano Ballet StudioHP

Kayano Kawai  バナーを作成

Facebookもやっています。 お気軽にフォローしてくださいね。
ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださいね。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ


















淡々と、淡々と 「バレエ・メカニック」を見て感じたツレヅレ

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

6月の緊急事態宣言解除以来
コツコツ、身体を戻してきたお陰で
最近ようやく「動けてる感」を少し味わえてるところ。



バレエのレッスンは、最初からいきなり跳び回ったりはしません。
床を感じ、足の裏を伸ばし、足指で床を支えてストンと立ち
最後にそっと頭を乗せる、そんな姿勢から始まるもの。
だけど柔いわけじゃなく
頭から足までの身体をつなげるアライメントはしなやかに。

軽やかにステップを踏むために必要なのは
足指で床をどういう風に”掻く”か、とか
線状や輪を描いたりなどの、ひざ下~足首~つま先の反応。
ピンと伸びた(張った)脚線を使いながら
幾何学的な動きを、何度も繰り返します。

面白いのは、人の身体は皆違うから
幾何学的なものを表すにしても、違って見えること。
それは単に、細いとか筋肉の質がとか
そういうものではないなと。

さて、先日のポーラ美術館で
「バレエ・メカニック」と言う短編映画を観ました。
フェルナン・レジェ(こちらは画家さんですね)プロデュースの
1924年の、16分の短編映画です。
※美術館では、音は消してありましたが
Youtubeで音入りのものを見つけました。
閲覧注意、とまではいかないけれど、苦手は人は苦手かもしれません。
(映像が古いので)

先に書いておくと、ここに登場する女性は
モンパルナスのキキ、と呼ばれたアリス・プラン。
映像は写真家、マン・レイが撮影しているそう。
坂本龍一さんが、ものすごくインスピレーションを受けた
ということも、後で知りました。
音楽はもしかすると、ストラビンスキー???

この映画自体にはシナリオもないし
動きが淡々と繰り返されるだけなのですが
この動画を見つけてから、私何度も見てる・・(笑)
苦手と感じなかったことや
キキや、マン・レイは昔から好き、と言うのもあるかもしれませんが

「別にシナリオが無くても、楽しめるよね?」と。
もちろん最初は「なんで、バレエなの?」と思いましたが
だけど何度も見ているうちに
多分バレエの持つ幾何学的なものに、ヒントを得てるんじゃないかと。


ただ淡々と、行う。繰り返す。
もしも、意味があるとするなら
ここなのかな?と思ったりしています。

レッスンのご案内

7月もスタジオレッスンと、オンライレッスンを併用して行います。
スケジュールは→こちら
スタジオでのクラスは、体験レッスンも可能になりました。


個人レッスン、グループレッスン、どちらをご希望の方にも
ご一読ください。
レッスン内容や詳細等を、明記しています。(7/1改訂)
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内

2000年に開講した大人のバレエクラス。
都内では目白&参宮橋にて、クラスを開講中。
近県の幼稚園では、子供のバレエを指導しています。
レッスンのお問い合わせはHPからどうぞ。
Kayano Ballet StudioHP

Kayano Kawai  バナーを作成

Facebookもやっています。 お気軽にフォローしてくださいね。
ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださいね。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ








ポーラ美術館へ、インスピレーションを貰いに

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

県をまたいでの移動ができるようになり
久しぶりの、梅雨の中休み。
上半期があと2日で終わろうという昨日

箱根まで行ってきました♡

久しぶりのロマンスカー
しかも(後方でしたが)展望席に座れました。

向かった先は”ポーラ美術館”。
急に行先を決めたため
(しかも移動中メッセンジャーで指令 笑)
最初から「ここ!」と決めていたら、高速バスも良かったですね。


素晴らしき建築。
初見の私はまず、空間に見入ってました。

今は「モネとマティス」展が開催されています。
どちらも激動の時代を生き抜いてきたのに、色彩が明るくて
まるで現代の私たちにも「負けるなよぉ」
と言う、メッセージをくれてるみたい。
(最近年代を見ると、その当時の社会情勢を思い浮かべるようにしてます)

美術館って、独自の審美眼を持ち作品をコレクションしたり
企画展示をしたりする場だと、私は思っていますが
観る側が何かしらのインスピレーションを受けられ
「来てよかった!」と思える作品があるのは、良いですね。

モネのお家の、晩年のお庭だそうです。
モネさんと(*^-^*)



これを見た時、圧倒されました!
アンリさんと(*^-^*) なんか、アンリおじいちゃん、って感じですね。

画家や彫刻家の方達は「バレエ」からの
インスピレーションを受けてることが、よくあります。
アンリ・マティスも、バレエをしていた女性をモデルに絵を描いていたり
一見不思議(?)とも見える、映画のコレクションもありました。
フェルナン・レジェの「バレエ・メカニック」
こちらについては、また後日。

こんな風に身体を捻って動きのニュアンスを出すのは、バレエからのインスピレーションに違いない、と思う私。

コロナ禍、まだまだこの先も続くけれど
歩みを止めてはいけないと思うのですね。
普段何に触れているか、そしてこの先どうしたいのか。
過去に色々生み出してこられてる人から、何か学ぶ機会。
そしてまた、もちょっと時間に余裕を持って
ここを訪れたいな💛と、思います。

レッスンのご案内

7月もスタジオレッスンと、オンライレッスンを併用して行います。
スケジュールは→こちら


個人レッスン、グループレッスン、どちらをご希望の方にも
ご一読ください。
レッスン内容や詳細等を、明記しています。
オンラインレッスン・おうちでバレエ 個人レッスンのご案内

2000年に開講した大人のバレエクラス。
都内では目白&参宮橋にて、クラスを開講中。
近県の幼稚園では、子供のバレエを指導しています。
レッスンのお問い合わせはHPからどうぞ。
Kayano Ballet StudioHP

Kayano Kawai  バナーを作成

Facebookもやっています。 お気軽にフォローしてくださいね。
ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださいね。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ