面倒くさがらず、悲観せず

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日の動画、ご覧いただきありがとうございました♪
続きはもう少しお待ちください。



さて、実は3週間前のレッスン中
軽い肉離れをやってしまったのですが
ようやく良い状態、感覚に戻ってきました。
「あ、やっちゃった」と言う
あの、自分にしか分からない感触・・

でも初期の処置が良かったため
びっこを引いていたのも2~3日で治り
レッスンも行い、ずっとバーレッスンだけは続けていました。
軽度のもので良かった。

こういう場合
「何ができるか」を知ってるのは、とても大事だけど
「何をしないか」を分かってるのも、とても大事。


大切なのは、面倒くさがらないことと
悲観しないこと


人って、つい悲観して焦ったり
または治るまで、と一旦全て中断してしまい
その後の復帰が、面倒になってしまうこともありますね。

でも自分の体は、取り替えられないし
治ることをただ、待つだけだともったいない。
「何ができるか」で、できることをやり
「何をしないか」で、痛めた患部を労わる。

これですよ★

カフライズ、と言う
片足での”ライズ”(踵を上げ下げする動き)
これができるのが、まず目安。
次に跳べるようになるし
ジャンプアップ(跳ぶようにして立つ)
こともできるようになる。

怪我は往々にして、足裏(指の裏)~踵にかけての
滑らかな動きが、ほんの少しバランスを崩しただけでも
それまでの疲労の蓄積や
この夏の猛暑やら、冷えやら、または寝不足やら
色々な要因が重なって、ちょっとしたことで起きうるものなので
面倒くさがったり、悲観したりして
治りが遅くならないように、していきましょうね。


バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年に開講した大人のバレエクラス。
都内では目白&参宮橋にて、クラスを開講中。
近県の幼稚園では、子供のバレエを指導しています。
バレエで身体づくり、健康、表現をしたい等を叶えてみませんか。

9月も引き続き、オンラインレッスンとスタジオレッスンを併用していきます。

オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内

スタジオでのクラスは、体験レッスン・新規ご入会も可能になりました。
お問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム


ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

バーを持つとき、どう感じてる?

Kayano Ballet 河合かや野です。
10月になりましたね。

バーを持つ時、どう感じて持ってますか?
レッスンの時何気なく持ってる(触れる)ものですね。

「バーは、杖の感覚で持とうね。」
by Fujino Nobuoさん ^^

杖は、3番目の足。
怪我をした時、おじいちゃん&おばあちゃん、もしくは
足の悪い人が支えとして使う道具。
押すことで、自分の体重を利用して歩いてます。
バーを”杖”にすると、自分の体重を軸足に感じて動く練習ができる。
それを左右やるわけです。

 

★バーを持ったら、前後左右に歩ける感覚で動くこと★

”バーを引っ張る”とか”掴む、握りしめる”と言う感覚が適さないのは
”歩くように動くこと”が、出来なくなるからです。
そして握りしめると、腕力でバーを持つことになる。
バーで鍛えるべき場所は体幹であって、腕力ではありません。
持ち方だけで、アプローチする場所がかなり変わってしまうことを
まず頭に入れておきましょう。

★ウチのレッスンは、繊細な部分を大切にしています★

私のレッスンは、難しい・・と言われます。
よくよく話を聞くと、振りや順番とかよりも
「感覚」の部分で、注意が来るからだそうです。

感覚だけは、教えられるものではありません。
そして細やかさや丁寧さも、教えられるものではありません。

でも自分で「今どの位の力を入れてるか」が分からないと
ずっと大雑把で荒っぽく
もしくは、跳んでるはずなのに跳べてない
そういう状態から、抜け出せません。
間違ってるとか、正しいとかじゃない部分。

力の配分が分かるようになったら、本人が一番楽しく踊れるようになる。
努力が結果を結ぶ楽しさが分かる。
そのために、言葉をかけています。

今日の1DayWSは、”力の配分”がテーマ。
クラス時間は2時間あるので、希望される方には
ソロ他の個人指導もできます。
ぜひご予約お待ちしています。

 

今日も佳い1日になりますように。

★バレエクラスのご案内★
Kayano Ballet Studio HP

バレエの基礎や、身体の使い方を身に付けたい方、
音楽性や表現力を磨きたい方は、ぜひ当スタジオへお越しください。
より細やかに、そして伸び伸びと踊れるように
バレエでセンスアップ!できますよ。
新宿御苑前と代々木にて、バレエクラスを開講しています。

レッスンは予約制です。
前日までにご予約頂くか、当日参加の方は
クラス開始2~3時間前を目安にご連絡下さい。
Kayano Ballet Studio HP

お問い合わせは→こちらから




Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して頂けると、嬉しいです♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

 

 

 

身体を柔らかくしたいなら、のツレヅレ

今日の記事は、普段教えてたり
あちこちのスタジオにレッスンに行った際、周りの人を見て感じたことから。

 

身体が固い、と仰る方を観察していると
身体が固くなるように、自分でイメージしてる気がします。

反対にそれなりに少し色々分かってきたの~と言う方を観察していると
自分の可動域と理想の状態がイメージでき、それに対していつも挑んでる気がします。

身体が柔らかいから、運動能力が優れてる>固いから優れていない
と言うことは無いのだけど
固いには、固い理由がちゃんとあるんです。
柔らかくしたいなら、そこを改善していくこと。

でも必ず、客観的にアドバイス出来る人に、ちゃんと見てもらうことが大切です。

 

自分だけだと
「この動きをやってると、気持ちが良いと思ってる。」
と自分で納得してしまうので
本当はもっと出来る所までやれるのに、可能性を止めてしまうことがあるからです。

これが所謂【我流】ってやつで
実際にウチのスタジオ生が、そう言ったのですが
それは違うよーと、昨日指摘したところ。

なぜそういう感覚に陥りやすいかと言うと
大抵「自分の感覚を大切にしてください。」と、世間一般的には言うから。

けれど自分の感覚が、まだ下から数えた方が早いのか
それとも、色々試して経験した上で培った上での感覚なのかでは
同じ事をやっていても、効果は何千倍も違うわけです。

そして本当に気持ちよいのであれば、他人から見ても分かるところまでやる。
傍から見てると苦しそうなのに、ご自分では
「気持ちが良い。」とか「楽しい。」と仰ることがあるけれど
本当に本心からそうであるなら、表情に真っ先に表れますよ。

☆こちらのストレッチはできるだけ力を抜いて、前のめりになるようにすると良いですよ。

クラスで最近必ず入れてる、ウォーミングアップより。

wp-1472132846436.jpeg
いわゆるコントラクション。
私も昔よりも、出来るようになった^^

image

背骨はエネルギーの最大の通り道。

そこにエネルギーを送り続ける意識を持つためには
”姿勢を見直して変えてゆくこと”。

私自身が過去は「身体が固い!」と信じ切って動いていたけど
今はその真逆の思考に居ますから、本当に分からないモノです^^

人間の思考パターンに
「自分自身は経験してなくても、他人から何度も体験談を聞かされると
出来たような錯覚に陥る。」と言うのがあって

先生と一緒に動くことで自分も出来た気になっちゃう、と言うのが
この場合当てはまるかな。

自分も出来たような気になった!と言うのは、成功体験としてはとっても良い事です。
良いお手本が身近にあるのは本当に幸せであり、ラッキーなこと。

でもその人が居なくても、自分だけでも出来るように練習をする、とか
自分に問いかけつつ、自分の身体に覚え込ませる、と言うことを地道に繰り返す方が
じんわりとだけど、確実にご自身がステップアップして行きます。

☆今はクラスの最初~バーレッスン終了まで、
緩めて動かして行くことをテーマに、レッスン中。
固まらないように、整えることを行ってます。
それがステップや動きに繋がれば、本当に綺麗に見えますからね♪

 

12月17日に行うバレエ小作品発表会。只今出演者を募集中。
特にソロを踊りたい方、いかがですか?

年齢やレベルは問いません。 
おおよそのリハーサルの予定は、募集要項に記載。
出演表明して下さった方から、スケジュールを調整し始めてます。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
大人のバレエは、エレガントに美しく”

「その人それぞれが、輝いて欲しいから」

現役ダンサーの講師が、基礎からテクニカル習得まで
「楽しく、分りやすく」指導します。
心と体を調和させ、歌うように踊りましょう。

★8月は、入会キャンペーン月間★
スタジオHPはこちら
体験レッスンのお申込みはこちら。

バナーを作成
お気軽にフォローして下さいね。

今日もお読み頂き、ありがとうございます。
クリックで応援してください♡
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

“バーレッスンは自己整体”な、ツレヅレより

このお仕事は、人が来てくださってナンボなところがありますが
用意して、クラス内容考えて出かけても

「あれれ、今日どなたも・・?」となってしまうことが、時たまあります(汗)

まぁ3連休だしねぇ、と、一瞬寂しさを感じてもすぐ
こういう時は「ラッキー♪」と、必ずバーレッスン&センターして帰ります。

スタジオを借りると、それなりにお金がかかるけど、
ある意味タダで使わせて頂けるから。
自習はこういう時こそがチャンス★

私にとってバーレッスンは、自己整体&ストレッチ&筋トレ。
こんなに理に適ったエクササイズ、本当に中々無い。
これを考え出した方、本当に素晴らしいです。

おまけに綺麗な音楽を聴きつつ、気に入ったウェア着てできるんですから。
楽しいですよぉ♪

image

今は真面目すぎる顔や、必死な顔をしてレッスンしなくなりました。
昔はしてましたけどね^^;

恐い顔をした動きは、そのままダイレクトに身体に悪影響を及ぼすと分かったので。

力み、無駄な力、必要以上の頑張りやエゴ・意固地さ。
それらが、パンパンに張った大腿四頭筋を作りだしますし
固くて伸びにくい脹脛やアキレス腱になったり
しなやかとは程遠い、背中のアーチを作ったり・・
股関節を痛めたり。
(かなり厳しい表現ですが!)
でも、決して無関係ではありません。

しなやかな身体になりたかったら
そんなものは、一切必要無いんです。

++++++

あの時あの先生からは、こんな注意を受けたなぁ
あそこのスタジオに行った時、あの先生は、こんなアンシェヌマン組んでたな
それをこうやってアレンジしてみようか

この動きはどこに効くかな?
あ、ここだここ!この部分だーー

等々、過去に受けてインパクトが有ったことを、ひとつずつ思いだし
自分に集中できる時間を持つことで、体は動きを再生し、再び認識してくれます。
大事なのは、ステップの順番を覚えた”その先”にあるわけなので。

今目の前にあることを、自分に生かすことだけを考えて動く。
大事なのは積み重ねること。真剣にその時間を有効に使うこと。

それが自分自身に、色々な意味でとても沢山の恩恵を与えてくれるから
だから、止められないんですよね^^

普段からそんな捉え方、ものの見方をしてます。
そう言うと「それは、先生だから。」とかすぐ言われちゃうけれど
考え方を変えることは、誰だって出来る。

変えなくちゃ、と思って変えたのではなく
変えてみたら、どうなるだろう?
あれ、変えた方が楽しい!と分かったから、そっちを選択するようになったまで。

image


美人になるおまじないの言葉
を、
ぶつぶつ言いながら撮った自撮りです(#^.^#) ふふふ(笑)

 

 

今月は入会キャンペーンを行っています。
ご入会の方には、スペインのバレエパピエカタログを進呈中!

まずはお気軽に、体験においでくださいね。
お問い合わせ、どうぞお待ちしています。
詳しくは→スタジオHPをご覧ください。

wp-1467812368489.jpeg

12月に行うバレエ小作品発表会。只今出演者を募集しています。
お申込み・お問い合わせはお早めに!
バレエ小作品発表会pdfをダウンロードして、ご覧ください。

レッスンスケジュールはこちら。
体験レッスンのお申込みは、こちら。
個人レッスンも承っています。こちら。


バナーを作成
お気軽にフォローして下さいね。

今日もお読み頂き、ありがとうございます。
ポチッと応援して頂けると、励みになります。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

 

 

可能性は誰にでも♪

昨日の入門クラスは、90分間バーレッスン^^

全く初めての方が居たわけでもなく、普段来られてる方に向けてだったけど
動き方見てると「あれ?何だか違うことしてる。」と感じたところが
スタート時点からポロポロ見えたので。

伝えてる事と違うことをされると、私もまず「なんで?」と思いますし
で、最近は「なんでそういうやり方してるの?」と聞いちゃう(笑)

日々人間は揺らめきの中で生きてる存在だから
体に関して言うと、柔らかく感じられた日もあれば
今の時期、湿気や冷房、暑さ等でだるく感じる日もあったり。
ちょっぴり調子が悪いかも・・・そんな日は大抵固く感じたりする。

その揺らぎに応じて、まずは呼吸から調整してゆくと良いんですよと
普段レッスンに来てくださる方には、クラス前後に伝えたりしてます。

特にバーレッスンは非常に効果的に全身をくまなく動かし
ほぐすことができるエクササイズなのに、
身体が固まるなんて、アリエナイ!

呼吸から始まり、90分あーだこーだと身体のほぐしかた
重心の位置、ターンアウトの仕方等など、見直して行きました。
終わった後は、むしろ喜ばれました(笑)

終わった後の感想:

「身体がとっても解れました。柔らかく感じます。」

「先生に足を持ってもらって高く足が上がった時、嬉しかった。」

「背中を意識することが、少し分りました。
背中、脇、肩・・そこの各所の感覚で、動くんですね。」 等など。

 

地下鉄西新宿の駅まで、延々とそんな話をしつつ帰りました♪

wp-1467497180293.jpeg

写真は先週の初級ポワントクラス後。

ポワントで立てると言うのも、足ばかりじゃなく
上半身がどういう状態になってるかで、全然違ってきます。

脚力の強さだけで立ってる人は、背中はじめ上半身のムーヴメントが見えない。
背骨の揺らぎも、呼吸によって起こる身体の中の引き上げの循環も見えない。
自分の全重心を足元に向けて、押さえこんでしまってる。

「ねぇ、どうして、そういうやり方をしてしまうの?」と、最近はむしろ質問をします。

そうしたらまず一言目は
「使えてないから・・・」と返事が返ってくる。

いやいや、そうじゃないでしょ。

「使えてない、のではなく、自分で言われた場所を探し当てて感じて
使ってないんでしょ。」って。

身体は誰にでも必ず一つずつあるもの。
それをもっと観察したり、工夫したりしてみて欲しい。

発見できたら、ほんっと楽しいよ~~♡(#^.^#)

image

昔の稽古場の友達に先日偶然会い、その後ランチした時
今の私のポワント写真を見せたら

「わ~、別人みたい!!!!!!」とビックリされました。

今の方がポワントで踊るのが楽しい、と話すと
「今度ポワントフィッティングに連れてって!」と言われ、近々行きます^^

変化してる!ホントに変化してるんですよね。

 

ご自分の可能性、心から信じてみましょうね。
まず信じることから、です。

発見できたら、ほんっと楽しいよ~~♡(#^.^#)
今日は読売文化センター、北千住でレッスンがあります。
お待ちしています。

————————————-★

バレエ小作品発表会のPDFです。
ぜひダウンロードしてご覧ください。出演者募集中です。

★7/5(火曜日)に体験会を行います。
内容は基礎クラス、広々としたスタジオで踊りたい方、ぜひお越しください。
7月中は入会キャンペーンを行っています。
詳細はHPにて。

レッスンスケジュールはこちら。
体験レッスンのお申込みは、こちら。
個人レッスンも承っています。こちら。


バナーを作成
お気軽にフォローして下さいね。

今日もお読み頂き、ありがとうございます。

ポチッと応援して頂けると、励みになります。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村