バレエシューズのあれこれ

おはようございます。
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日の幼稚園バレエ、なんとバレエシューズを忘れたことに現場で気づく・・
でも、ちゃんと代用できたのです。
それは、”スリッパ”。

そういえば昔、スリッパ履いて教えてる先生居られたわーと思い出し、事なきを得ました。
もっともっと昔、バレエシューズの前の形はスリッパみたいなものだったと聞いて、ちょっと納得。

さて、普段は3足のバレエシューズを使いまわしています。
どれもスプリットソール(足裏のソールが分かれているもの)。
3足あるのは、場所によって使い分けるため。(床の状態とかね)

スプリットソールだけど、割と内側のソールがしっかりしているため
つま先を伸ばす力が鍛えられるように感じます。 ※感じ方には個人差あります。

とにかく柔らかくて、ビックリするぐらい足に馴染みます。(こちらはストレッチ素材)
裸足のように感じるぐらい、柔らかい。ただ、ストレッチ素材のためサイズ選びの際ジャストサイズがよく、また足指の力がある程度無いと、縮みやすいかもしれません。
※感じ方には個人差あります。

個人的に超お気に入りのバレエシューズ。ルルベが立ちやすく、内側のインソールが特殊なため
足首を強化し、ア・テールでまっすぐに立つ力が付く気がします。 ※感じ方には個人差あります。
Repettoのサイトにも「中上級者向け」とあるため、足の強い方向けだと思います。

以前はBLOCHやチャコット等も良く履いていました。つま先を伸ばした時に足指の上部に隙間ができないものが良いと(個人的には)感じています。そういったシューズは指がしっかり伸ばせるし、見た目も美的。足指~足の甲にかけて伸びたラインも作れ、床の上での色々な動作に対応してくれます。

バレエシューズも意外と選ぶの、難しかったりします。
クラスでも少し説明したりしていますので、ご興味ある方は是非一度お越しくださいね。




★バレエクラスのご案内★
Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”大人が長く・美しく踊れるための正しい指導”をコンセプトに
都内目白と初台でバレエクラスを行っています。
6月末まで、入会キャンペーン延長します。


遠方の方や、スタジオレッスンに来れない時にオンラインレッスン♬
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内


体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)

バレエブログランキングに参加しています。
ポチっと押して応援してください♬

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

バレエシューズネタ:(定期的に書きたくなる・・)

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。


バレエのクラスを受ける際には、バレエシューズを履きます。
バレエシューズは別名・ソフトシューズとも言って、とても柔らかい。
(布または皮で出来てます)
使用していくと自分の足の形に合わせて癖が付き、その形になっていきます。

なぜソフトシューズを履いて練習するかと言うと
体重のかけ方を感じるため。
足の指一本一本に体重のかかり方を感じつつ、動かせるようになるため。
それらの結果、滑らかに滑るように体重移動が可能になっていくから。


過去記事に、こんなのがありました。
バレエ用品ツレヅレ ~バレエシューズと足~
中々良いこと書いてるので、ぜひお読みください♡


久々にバレエシューズネタを書きたくなったのは
昨日、注文したから(笑)

すごく気に入ってるシューズがあるのですけど、メーカーの説明文を読むと
「ク・ドゥ・ピエ(足首)を鍛えるのに効果的。」とあって
ソールに少し特徴があります。
替え時だなぁと感じたのは、大分クタクタになってきて
馴染みが良すぎる?に感じるようになったのもあります。


何年も同じシューズを履き続けていると、シューズの中で
自分の足指が変化することを止めてしまうと言うか
馴染んじゃってるから、やる気を起こさないというか(笑)
そんな気がします(笑)
使う頻度にもよりますが、多分半年が限界じゃないかな・・・・?

何より汚れたり、穴が開いていたら取り替えましょう。
足元って大事です。

バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした大人の方向けバレエスタジオ。
講師は現在も現役で踊っているバレエダンサー
バレエの体の使い方、コツ、伸びやかに踊る方法をお伝えしています。
近県の幼稚園で、子供のバレエも指導しています。

2月のスケジュール、ご案内

オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内
記事内にペイパル清算フォームを貼りました。ぜひご活用くださいませ。


体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)


ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

自分に合うシューズ選び

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。



レペット、と言うバレエ用品のブランドがあります。
(先日お試し購入したのは、ポワントシューズ)
個人的に、好きなんです^^

かつてはずっと、バレエシューズを愛用してたけど
ここ1年ほど、買いに行かなくなってしまい・・・・
だけど久しぶりに、復活してみたくなりました。



製品の良い(合う合わない)の感覚は
ホント人それぞれで、一概に言えないものですが
サイズだけでなく、足指の裏
(特に指の当たり方や、中足骨の動き)で
チェックすると良いと思います。
つま先が伸ばしやすい、足の裏でシューズを掴みやすい
と感じたら、当たり!かな?


レペットの場合、ソールが特徴的。
かなり立体的なので、足裏三点の位置で立たないと
グラグラしちゃいます。
なので、レッスン経験積んだ人にお勧めかもしれません。




一度よそ見をしても、また戻ってきたい・・となるのは
その商品に対して、魅力があるからですよね(*^-^*)

バレエシューズも2000円台~4000円台まで様々ですから
値段だけで決めてしまうもの、ある意味勿体ないような・・
かといって、消耗品でもあるので
〇円以上のものは買わない!と
決めてる方もいらっしゃるかと思います。

シューズには、それを履いてスキルアップできるもの
と言う目線で探す必要があり
だから足に合うものを探すのは大変で
時間もかかってしまうことも沢山ありますが
一度「これは♡」と思ったら
買ったものを信じて、様子を見た方が良い気がします。

こんな可愛いラッピングしてくださるなんて、それだけで乙女心満たされる・・💛



バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年に開講した大人のバレエクラス。
都内では目白&参宮橋にて、クラスを開講中。
近県の幼稚園では、子供のバレエを指導しています。
バレエで身体づくり、健康、表現をしたい等を叶えてみませんか。

9月も引き続き、オンラインレッスンとスタジオレッスンを併用していきます。

オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内

スタジオでのクラスは、体験レッスン・新規ご入会も可能になりました。
お問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム


ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ