開脚ができるようになった子

おはようございます。バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。


先日ストレッチの記事を書きました。⇒お尻のストレッチでフワフワに
こちらの内容を少し応用して、昨日マンツーマンになった小学生へストレッチ指導してみました。
体のある部位がどうしても伸びにくく、開脚が不得手な彼女に「こういうの、やってみよう」と幾つかのエクササイズを与えてみたら見事にそのポイントにヒット♬
90度にも満たなかった横の開脚が、ちゃんと開くように。
本人とても不思議そう・・でもとても嬉しそうでした。


子供のバレエはエクササイズが多め。まず体の色々な部分を目覚めさせていくのが目的ですが「効果を感じながら行う」なんてことができるのは、正直小学生以上じゃないかな、と思っています。
これは言語能力の向上と、比例してると思ってる私。
それまでは「できたね!」と言う点を押さえてあげた方が良い。(子供によるけれど)集中力が続かないというよりも、気が変わりやすいためすぐ飽きちゃったりします。

飽きやすい子の方にどうしても目が行きやすく、コツコツやってる子が引きずられないように配慮することで精いっぱいなことも多々ありますが、少し理解できるようになってきた年齢の子に”ちょっと特別な”時間として掘り下げてあげるのも時には必要ですね。

それにしても、お尻~腰方型筋のエクササイズの効果は侮れないなぁと実感。
私も真面目に続けてみたいと思います。

バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”大人からでも長く・美しく踊れる体作り”をコンセプトに、バレエクラスを行っています。

入会キャンペーンを5月末まで延長します。
5/4&5/5にGWレッスン(ヴァリエーション)行います。



遠方の方や、スタジオレッスンに来れない時には、オンラインレッスン♬
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内


体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)

バレエブログランキングに参加しています。
ポチっと押して応援してください♬

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

「何かが違う」

こんにちは。バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

教えることで得られる充実感は、”相手との手応えがあった時”。
内心「やったー」と心の中で万歳してます(笑)


例えば動きの質感を伝える時など、過去に教わった海外の先生が仰ったエピソードを、良く引っ張り出すことがあります。
日本語はとても多様なので、一つの言葉から幾つものニュアンスが受け取れる。
なので「何か違う・・?」と感じた時、どれだけ言葉で分かりやすく説明しても、どこか伝わってない気がしていました。その点、向こうの先生は端的かつ抽象的だけど分かりやすい伝え方されてるなって思う。

★喩えとして「とろけるように動いて」と言っても、「・・・?どゆこと?」になるのが常。
とろけるようにプリエから伸びて行って、等と言うと、多分「なるほど!」になるのかな。
だけどとろける=溶けて無くなる、とはまた違うものだし、しかもその状態を表そうとして首や肩を縮めてしまうのも違うよね。
とろける=チョコレートを溶かすとか、キャラメルを口の中に入れて味わうとか、どちらかと言えばそっちのニュアンスの方が強いらしい。※フランス人の先生に習ってた時、そんなこと仰ってました。

注意される時って「アウトラインや流れはできてるけど、端々に”何か違う”」があるか
もしくは「まだできるよね!」があるから。

自分はできてない、見直すことがいっぱい・・と思う気持ちと一緒に、出来ている部分もあるのだと分かると
少し、努力が報われる気持ちになれますよね。
ただ”何か違う”が直るか直らないかは、頑張り次第。
何が違ってるんだろう?に気づけたら、きっと改善できていくはず、です。


🩰バレエクラスのご案内🩰

Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”大人からでも長く・美しく踊れる体作り”をコンセプトに、バレエクラスを行っています。

4月中開催!
バレエクラス開講21年目記念・入会キャンペーン行います。

遠方の方や、スタジオレッスンに来れない時には、オンラインレッスン♬
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内


体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)

バレエブログランキングに参加しています。
ポチっと押して応援してください♬

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

ちょっとした回想と共に:(厳しさはどこまで必要?)

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

今日はちょっとした回想から。
バレエの指導で”身体の使い方”を教えるようになったのは、私の記憶だと(多分)20年位前?と思います。(私がスタジオを始めた頃、沢山学びに行きました。)
もちろんそれ以前もそういった知識はあるし、しっかり指導されてきてるのですが、今ほど多様化してなかったため、ある意味画一的であっても通用してきたのかも?しれません。

なかでも昔から強いなぁ~、と感じる世代がちょうど私世代から2~3歳上とか、5歳~10歳上の年齢の方達で、厳しいことを受け止められるメンタルと体を持っている層が頑張っておられたように思います。外部の公演に出た時は、いわゆる頼もしい(そしてちょっと近寄りがたくもある)先輩方でした。
そして昔の先生は、厳しさと人情が表裏一体なことが多いので、まずその先輩方から注意受けたりしてましたね。(怖かったけど、ある意味一体感が有ったようにも。)


そんな方達、結構今体のあちこちを痛めてたりします。若い頃に頑張りすぎて、その代償が表れる年齢になったのかも・・。

運動神経が良く、長期間その感覚で動かしていたりすると、無理をするのが当たり前になってしまうとか、何より「厳しく指導されるのが当然」になっているので、その高みのままでいられないと自分の価値が下がる、みたいな思い込みももしかしたらあるのかな?とか・・(あくまで推測だけど)

そんなことを想うと、今は良い意味でも意識が変わってきてると言えるし、皆が拾おうと思えば、自分に必要な知識が手にいれられるようになってきています。なので、時々「どこまで厳しさって必要なんだろう」と思います。どこまでが必要で、どこから先が必要じゃなくなるのか。そしてどんな声掛けがやる気を起こし、どんな声掛けがきっかけで嫌になるのかな、とかも。



☆痛いって嫌・・。体は痛くないのが一番望ましい。鍛える分には筋肉痛のような痛みを伴うことは必要だけど、壊れる、と言う方向には持って行きたくないですから。

と、そんなことを想いつつ、今日は子供達のWSに行ってまいります♬

バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

都内目白と参宮橋で、大人の方向けのバレエクラスを行っています。
講師は現在も現役のバレエ教師兼ダンサー。
バレエの基礎、体のより良い使い方、伸びやかに踊る方法をお伝えしています。
近県の幼稚園では子供のバレエも指導しています。
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内



体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ











良い指導をしたい(と言う想い)から抜ける

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。


教えることって、結構奥深いなぁと毎度思います。
スタジオを始めてからもうかれこれ、20年になります。(高校生の頃、そういえば少しだけ先生のアシスタントしていたんだった)

私達昭和世代は(多分きっと)感覚的な表現の元、教わってきたことが多いので
感覚と言うのはとても大事な部分、と言う位置づけにあると感じています。
だけど最近は、論理的だったり理に適ってることをまず提示したりする方法があるので、特に大人の方の場合、分かりやすく伝えられる安心材料として捉えることも多いと思います。



例えば、連続するパ(シャッセ・パドブレ・ピルエット)と言うアンシェヌマンを教え、受講者さんがスタジオを斜めに進んで行くとします。
「一回目、良かった。二回目、まぁまぁ。三回目、ちょっと崩れた。四回目、目が回ってできなかった」と言う状態になってしまったとしたら、以前なら「あらー最後の方はダメだったね」と、「できなかった部分」からの指摘が殆どでした。最後までもっと立ってなさい!とかね。(そんなのは本人が一番分かってる!と言いたいけど^^;)

だけどなぜ最初は良くて後半崩れて行ったのか、それを立て直すための説明として、今は幾通りもあります。
”全て状況に応じて”が大前提だけど、最初に力みすぎなのか(気合入れすぎ)や、連続することで、視線が上手く取れなくなってきてるのかなとか、重心のかけ方が崩れてきてるのかなとか、プレパラシオンの角度はどうかなとか、その他諸々の原因を出してあげることで、その注意を拾える人は自ら進んで改善できるようになっていきます。良い指導をしよう、と先生が頑張るのではなく、相手をよく見てあげることで、何か見つかるはず。

感覚を教えるとすれば、四回とも同じように行えるようにするための意識 ぐらいじゃないかな。
細かく丁寧に、も大事だけど、自分で考えて動けるように誘導しないと、力の匙加減すら教わらないとできない、となりがち。

良い指導、と謳うためには、相手を成長させられる状態にお互いがいることだよねと感じる今日この頃です。教える側も、肩の力も抜いて臨んでいくことが大切ですよね。






バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした大人の方向けバレエスタジオ。
講師は現在も現役で踊っているバレエダンサー
バレエの体の使い方、コツ、伸びやかに踊る方法をお伝えしています。
近県の幼稚園で、子供のバレエも指導しています。

春に向けて、諸々お知らせ
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内



体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ






誕生日を迎えました

こんにちは、バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

いつも拙ブログお読みいただきありがとうございます。本日誕生日を迎えました。

コロナ禍の中、思うように動き辛いかったり、色々な物事の本質が顕になりやすいですが、先ずは何よりも心身健康であることとが一番大事じゃないかなと感じつつ過ごしています。心身の健康状態が行動に表われるものですしね😊

年齢と共に変わりゆく身体を見つめつつ、バレエにも向き合って行きたいと思います。

バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年から開講している、大人の方向けバレエスタジオ。
都内は参宮橋・目白にて、近県の幼稚園では、子供のバレエも行っています。
講師は現在も現役で踊っているバレエダンサー。
基礎を大切にしながらバレエの体の使い方、伸びやかに踊る方法をお伝えしています。

オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内

11/29~12/27 プレゼント企画(レッスンチケットのご案内)
体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
個人レッスンも承っています。


ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

先生からの言葉、どう受け止める?

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。


昨日はオンラインストレッチクラスにご参加いただき、ありがとうございました。
ストレッチも、普段やらねばと思ってはいても
実際に自分では中々モチベーションが上がらないですよね。

自習については、過去記事にも沢山書いていますが、今日はこちらをご紹介します。
身体が固い方へ~ 効果的に行う方法、のツレヅレ


最近は以前ほど、「身体、身体!」と言わなくなりました。
ですが、重心の線の保ち方や下腹部の意識の持ち方など
尤も押さえて欲しい、大事なところへの指摘は的確に伝えます。

知識は確かに教わるものだけど、感じるのはご自身なので。

教えててよく思うのは
「感じるのではなく、考え込んでる」人が多いかな・・・と。

私自身、今でも時折「もっと!」と言われることもあるのだけど
自分が今やれている範疇から、さらに一歩奥へ指南してくれると
上手く目標と合致するというか、あ、なるほど!と思えたりしますね。

見る人によって「色々な”もっと!”」があるわけですが
それを”要求”として受け止めるか、”提案”として受け止めるかで、全然違ってきますよね。
これは結構、大きな分かれ道だと思います。


★私の場合、状況によって塩梅を変えます(笑)
ケースバイケース、ですが、余裕が出てきた人には”提案”的に伝えるかな。
余裕が無い状態だと、強めに言わないと相手には伝わらない。
これは世の常であります・・・^^



バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年から開講している、大人の方向けバレエスタジオ。
都内は参宮橋・目白にて、近県の幼稚園では、子供のバレエも行っています。
講師は現在も現役で踊っているバレエダンサー。
基礎を大切にしながらバレエの体の使い方、伸びやかに踊る方法をお伝えしています。

オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内

11月は体験月間!
11/29~12/27 プレゼント企画(レッスンチケットのご案内)
体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
個人レッスンも承っています。


ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ



今まで学んできたことが、役に立つ時

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日は久しぶりに、子供のクラスを担当してきました。

3/1~3/19の自粛要請期間
レッスンを行う場所がクローズされ
お願いされていた代講クラス、行うことができませんでした。
にも関わらず、別の日をセッティングしてくださり
依頼してくれた友人には、心から感謝です!
子供達も久しぶりだった子が多く
嬉しそうでした。

私が教えている近県の幼稚園のバレエクラスは
ずっと休講中・・・。
今回は卒園して辞めちゃう子も多いのに
全然皆に、会えてません。

振り替えもしたいのに
新年度の新規募集もしたいのに
先が見えない状態ではスケジュールを立て
お知らせするわけにも行かず
「分からないときには、分からない!」と
心に言い聞かせてます・・・
(正直、収入面かなり緊縮財政中)

色々アイディアは出てきて、テストするものの
それぞれの自宅環境で行うには
やっぱり向き不向きもあるなぁ・・・
だけど、何かできるはず~!と
毎日模索中。

そんな中、久しぶりに子供達向けのクラスを行い
気持ちが前向きになりました。

休むと下手になっちゃう、、、とか
(相手に)教えたことが無駄になっちゃう・・とか
以前は思っていたけれど
こういう状況に、いざなってみると
そんなに焦ることもないんだよな、って思う。
確かに感度はやや落ちるし、鈍くなるけど
「今は仕方ない!」と心に言い聞かせ
地味で良いから、やれることをやる。
それをまた、やる気になる状況ですもんね。

だって、
これまで沢山沢山学んできたんだもん!
まさかこんな時に、役に立つとは・・・
わかんないものです。

 

★★★

2000年に開講した大人のバレエクラス。
都内では目白&参宮橋にて、クラスを開講中。
近県の幼稚園では、子供のバレエを指導しています。

体験レッスンや個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

 

KayanoBalletStudioのご案内

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

希望を持って準備中

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

今朝ブログの表示数が
『808.808」回になってました!
いつもお読みいただき、ありがとうございます💛

コロナ騒動の日常ですが
何気に今だからこそ、やれることがあるので
それに集中してます。

私の場合、まずアナログ方法で
「今頭の中にあること」を伝えます。
紙に書き出して、文字や図にしちゃうのです。

動画もオンラインも活用したいけど
「聞く、読む」ことから
状況を思い起こすことができるからこそ
オンラインも活きるんじゃないかな。
希望を持って準備中~!

そして、今日もゆったり人数で
クラスレッスン行います。

 

★★★

2000年に開講した大人のバレエクラス。
都内では目白&参宮橋にて、クラスを開講中。
近県の幼稚園では、子供のバレエを指導しています。

体験レッスンや個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

プライベートレッスンを活用しましょう

KayanoBalletStudioのご案内

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

 

 

 

”勘違い”は常に起こりうる

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

普段クラスを教える際に心がけてる点は
「6歳の子でも、わかるように伝えること」

これを行うようになってから
バレエを始めてから2~3年の初心者さんでも
めきめき上達されるようになってきました。
伝わりやすいようです(#^^#)

伝え方を工夫して気づいたことは

「できてない、ではなく
勘違いして、覚えてしまってることが多い」

人間ですもの・・・^^
勘違いは常に起こりうる。

だけどそれを
「何度言ったら分かるの?」と言うより
「あれ、またちょっと違ってるね~」と
相手に気づかせるように誘導する。
すると、勘違いしてることや
何度もそれを繰り返してしまってる習性にも気づき
自分で直そうと、努力し始める。

教える側も根気が要りますが
これも慣れてしまえば、さほど苦にならず
むしろその人の勘違いの癖、が分かり
なるほどーと言う気持ちになることのほうが多いです。
(私の場合ね!)

「私、あまりよく分かってないのに
注意もされない・・」と言う方
勘違いで覚えてしまってること、ありませんか?

勘違いを治すのは、実は結構大変です。
「あ、違うことしてる」と気づいてもらった時
表面的な注意はもらえるものの
根本まで(その時間内では)難しいから。

【勘違いを治す方法】
勘違いに気づいたら、一番ベーシックな部分に
立ち返ること。
それが一番の早道であり、訓練です。
頑張って!

★★★

体験レッスンや個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

プライベートレッスンを活用しましょう
バレエのレッスンで疑問に思うこと、わからないこと
知らなかったことの解決、
長期お休みされてた方の再開の第一歩に。
バレエが全く初めての方の、最初の手始めに。
★お子様にも対応しています。
2月よりお値段を少し改定しました。

大人のバレエはエレガントに美しく。 都内を中心に大人のバレエ
近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。

KayanoBalletStudioのご案内

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

表に出てこない部分の魅力を感じる

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。
教えてて、感じること。

バレエって見た目はまず大事だし
ある意味型を知り、自分をそこにあてはめる
ということを繰り返し学びます。

そのため 教わる側からすると
☆綺麗で、美しいお手本
☆正確なテクニック
☆目の保養になる存在
☆優雅な気持ち
☆豊富な経験
☆ネームバリュー(もあれば、なお嬉しい)
といったものを、求めると思う。

だけどそれは、教える側の方たちが
目標に向かう際、全身全霊を込め
ひたすら費やしてきた時間と結果、そうなれたもの。
(最低10数年から、20年、30年以上に及ぶものがほとんど)

個人的目線だけど
現役を引退されてから
熟成期間に入ってる方のお手本のほうが好き♡

もしくは経験をかなり積まれ、昔ほどは踊れなくても
違う魅力が出てきた方達からは
確実な導線のうえに乗る、まろやかさを感じる。

踊りって難しいものでして
緩やかさはいいけど、だらしなさはアウトなのです。

そして年齢を経ると
まるくなったねー、とか言うけれど、それって多分
がっつり頑張った上での突っ張り感がなくなり
ゆるみが出てきたからかな、って思います。

既に舞台からは引退されてても、素敵な見本ができるのは
経験もさることながら、現在の状態も良いんだと感じるから。

すっごい前の写真より。
この頃は、ひたすら頑張ってました。

いい作品、いい舞台を創りたい、と発奮して
必死に目の前のことだけを考えながらやっていた頃と違い
今は振り付けするのも、違った意味で楽しくて。

今日は花ワル、最後まで完成になる予定。(多分)

今日も良い一日になりますよう。

☆昨夜遅くにWin10のアップデートを行い
どうも仕様が違う感覚のなか、記事アップ!
無事にできて良かった!(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

★★★

体験レッスンや個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

プライベートレッスンを活用しましょう
自分自身の身体の癖、動きのパターンの癖など
見直し、改善への早道になるメリットがいっぱいです。
※1月のレッスン可能日を載せています。

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。

KayanoBalletStudioのご案内

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ