バレエの8つの方向

おはようございます。バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。


昨日は月イチの、チアダンスを習っているお子さん達に向けてのバレエWS。
回数を重ねる毎にだんだん私もポイントが掴めてきて、時折「あ、バレエっぽい!」と見えることも。

レッスンを終えた後、親御様達といつもお話をしています。その内容の殆どは「それぞれの違いを理解していこうね」です。
動きにとても似てる部分が有ったり、基本的なことは同じだね、と言う箇所があるのだけど、いかんせん体現してくれるのは小学校低学年の子達ですから、自分達の思い込みが動きに出ることが沢山あるわけです。そのたびに「違う違う」と言うと否定してしまうことになるので、具体的に「この動き方と、この動き方の”違い”」を見せるようにしています。


技術面への指導も大事だけど、やっぱりバレエにおける【方向・角度】は基本のキ。
こちらをクラス前簡単に説明。

私「漢字でなんて書いてあるかな?」
子供達「えっとぉ・・じょうず?へた?
私「ね、絶対そう読んじゃう。かみてとしもて、と読みますよー」
子供達「へーーー!」

ちなみに舞台側から客席を見ると、左側が上手、右側が下手(こちらは松戸市民劇場)

客席から見た場合、右が上手、左が下手(こちらは東京文化会館)


その他はスペーシングやレッスン用語についても少し触れました。
ひぇぇ・と言う顔をした子もいたけど、ピアノでフォルテとかピアニッシモとか言うのを覚えるのと同じだよ、と言うと、すんなり納得してくれました。知識欲も旺盛でなんにでも一生懸命、知る意欲の眼力が飛んでくるので、中々気が抜けません(笑)

昨日はこちらの8つの方向とスペーシングを感じながら進めました。
いずれ説明の記事を書いてみたいと思います。漠然と分かっているよりも、具体的に活用していくことが、より踊りやすくなりますよ。

バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”大人からでも長く・美しく踊れる体作り”をコンセプトに、バレエクラスを行っています。



遠方の方や、スタジオレッスンに来れない時にオンラインレッスン♬
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内


体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)

バレエブログランキングに参加しています。
ポチっと押して応援してください♬

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

急に”できるようになる”時

おはようございます。バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。



2日連続の舞台裏方生活の後、昨日自分のためのクラスを調整兼ねて受けたら
なんだか空間を把握する力が、更に良くなっていました(^ー^)v(あくまで自分比です)

緊急事態宣言最中であっても、スタジオには行けているし(閉鎖されていないので)
自宅からのオンライン発信なども続けているため、感覚は鈍ってはいないけれど
久しぶりに広い舞台空間に立った(立ち位置の直しぐらい)のが良かったのかな。
踊ってないのにね、面白い。


あくまで”感覚”は自分でしか、分かり得ないもの。
でもそれを鈍らせないようにしておくのは、大事なことだと思います。



毎度感じることだけど、急に「なんかできるようになってる!」と言うことがきっとあるので
それを信じてまい進することは、止めない方が良い。
何がその人の刺激材料になるかは、本人すら分からないもの。
それを楽しみに待つ、と言うのも、案外良いかもしれませんよ💛



今日から2日間、GWバリエーションレッスンです。お時間ある方、ご都合付く方お待ちしています。
5/4&5/5のバリエーションレッスンについて(改訂お知らせ)両日とも残1~2名受講可能です。

バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”大人からでも長く・美しく踊れる体作り”をコンセプトに、バレエクラスを行っています。

入会キャンペーンを5月末まで延長します。



遠方の方や、スタジオレッスンに来れない時にオンラインレッスン♬
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内


体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)

バレエブログランキングに参加しています。
ポチっと押して応援してください♬

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

空間で踊るためのルール ~実践するためのヒント

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日の記事が、思いのほか好評だったので
実践するためのヒントを少し。

バレエクラスの最初には、バーレッスンがあります。
バーに捕まる位置も、相手とのスペーシングを頭に入れて。

バーに向かって立つときは
前の人との距離もだけど、
バーを挟んで、反対側にいる人との距離感も大切。
(相手とは、半身ズレて立つようにします。)

自分と反対側にいる相手の気配を感じつつも
自分の動くスペースを確保するとき
私、今から動くのーー!を強調する人と
余りそれは感じないのに、動きそのものが大きい人がいます。

大抵は、前方への意識が強いため
(目は前に付いてるから)
前に進む!を、誰でも無自覚に自己主張します。
だけど横や後ろの意識も、前と同じぐらい本当は欲しい。
※けれど横や後ろの意識は、
前側よりも半減してるもの。

昨日の記事で、”暴走する人”に触れましたが
多分前しか見てないんだろうなぁ~、と思います。
横に目を使う、後ろを意識する、が欠如してる。

横や後ろに意識を向けるのは
自分を守るための、危機管理の能力で
いわゆる”気配”ってやつ。
気配を感じずに、突き進むことだけするから
進めばいい、動けばいい、になっちゃう。

顔をあげて、しっかり前を見て
そして鏡を見るときは、自分から左右の斜め方向に
向かって広角に見るようにする。

そして脇の下から背中にかけて
最低でも半径50cmの意識空間をもつ。

スタジオだけでなく、外を歩いてる時にも
やってみてくださいね。


Photo by Kiyonori Hasegawa

コール・ド・バレエって
狭いスペーシングの中で踊るから
すごく鍛えられるのです。
指導するのも大変だったけど
ジゼル、また大勢で創りたい・・^^

あ、こちらの本でも
分かりやすく説明してくれてますよ!

お友達が著者です。監修の方も存じ上げてる。
「さしみ」って出てくるからね(笑)

★★★

体験レッスンや個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

プライベートレッスンを活用しましょう
自分自身の身体の癖、動きのパターンの癖など
見直し、改善への早道になるメリットがいっぱいです。
※1月のレッスン可能日を載せています。

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。

KayanoBalletStudioのご案内

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

空間で踊るためのルール

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

バレエを踊ること(踊れるようになること)は
技術や体の使い方だけでなく
秩序を学ぶことだなぁ・・・と
いつも思います。

というか、絶対そうあるべきなのです。
世の中に交通ルールがあるように
スタジオの空間を使う、ルールがあります。

クロワゼ、エカルテ、エファセ(ウーヴェルト)
などのように、斜めに使う方向があるように
アンファスやデリエール、アラセゴントと言った
前、横、後ろを指す方向もあります。

これらの方向感覚は、自分が
正方形の中心に立ってる状態が基準になってる。

でもスタジオに複数名いる場合は
その正方形が、横列と縦の列に並び
各自が斜め平行に進んでいくことになります。

大きなスタジオでのオープンクラス
様々な人がレッスンを受けに来られ
お互いのパーソナルスペースが上手く取れてない場合
縦と横、そして斜めを平行に使う、と言う感覚
または概念が無いのかなーと感じます。

踊れるダンサー達は
自分のパーソナルスペースを確保すること
そして空間の使い方を、秩序として体で覚えてる。
だから激しくエネルギーを使って、跳んだり移動したりしても
お互いがぶつかったりなど、絶対あり得ないんだけど

スペーシングの技術が無いと
単なる暴走運転になりかねません。
(実際にグランワルツの時など
怖い思い、何度もしてる・・・)

前列で踊ってる人達の間に
後列で踊ってる人が、割って入り込むとか
文字通り、右へ左へと跳び回る
ミディアム・アレグロなどで
他の人の場所に、跳び込んでしまうなど
これらはスペーシングの技術が無いから。
(ハッキリ言っちゃう!)
ちゃんと教わりましょう。

私は、自分の生徒さんが
暴走運転をする人になってほしくないので
スペーシング、方向、距離の取り方は
いつも細か~く伝えます。
空間を感じ、気持ちよく体を動かし
そして、お互いが楽しく踊れるように
これらも練習していきましょうね。


Photo by Kiyonori Hasegawa

★★★

体験レッスンや個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

プライベートレッスンを活用しましょう
自分自身の身体の癖、動きのパターンの癖など
見直し、改善への早道になるメリットがいっぱいです。
※1月のレッスン可能日を載せています。

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。

KayanoBalletStudioのご案内

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ