大人バレエのアームス改善対策


踊ってる時アームス、綺麗ですか?どうでしょうか?

アームスはポール・ド・ブラ(腕の動き)として
上半身の表現として、とても大切な役目を担ってくれたり
また、体幹を支えて(ホールド)する時にも
”縁の下の力持ち”的な役目を担ってくれたりします。

その他方向を指し示したり等、足と同じぐらい大切。
なにせ、普段使ってる「腕と手」ですからね ♪

①コーディネーションを整えるために、足の動作より先に腕を反応させる
②腕のポジションへの導線を忠実に
③脇を締めすぎず、かつふんわりさせながら中に針金が通った状態を意識
④顔(表情)と同じように扱う
⑤方向を指す時は真逆方向に常に足があると心得る

こんな動画もあります

参考になれば幸いです。
もし分からない、もっと詳しく知りたい!という方はご相談くださいね。





☆2/4(土)の講師の先生とピアニストさんのご紹介です。
スタジオパフォーマンスは残り3名程出演可能です。
クラスレッスンはまだ空きがございます。

2月4日(土)ピアノ伴奏付きバレエクラス、講師とピアニストさんのご紹介

体験レッスン等に関してのご質問やお問い合わせはこちらから
講師依頼等も承ります

バレエブログランキングに参加しています。

ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

アームス、大事

こんにちは。バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

今アームスについての、短い動画を作っています。
アームスは飾りじゃなく、体幹を助けるための
そして表現に繋がるために、欠かせない存在です。

不思議ですよね。普段は手でモノを掴み
肩や肘を使ってバッグや重いものを運んだり
と言った具合にしか使わないのに。
一般の人がダンスやバレエを見て「すごい!」と感じるのは
やはり、腕と体幹が伴って動いているからだと言う感想をいただきます。

それなのに、アームスの特に肘~手首、指先は、実はほったらかされがち。
努めて綺麗にしなきゃ、と分かっているのに、できない、と言う人が多い。
だけど、普段から生活でよく使ってる部位こそ
意識していけば、表現に大きく役立つもの。

意識した方が色々まとまってくる、できないことができるようになる。
回れるようにもなるし、跳べるようにもなる。
そして表現にも幅が生まれる。
本当にそんなものなのです。

アームス動かして、意識して
美しく踊れるようになる構成のレッスン、行ってます。


10/29(土)クラスレッスン&スタジオパフォーマンス、参加者募集中!
参加枠を増やしての募集です。

スタジオパフォーマンス、参加特別枠のご案内

『大人のバレエはエレガントに美しく』
”美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬

体験、レッスンに関してのご質問やお問い合わせはこちらから。
講師依頼等も承ります。

バレエブログランキングに参加しています。

ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ