パ・ド・ドゥを踊ること

おはようございます。バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

バレエを踊るうえで”パ・ド・ドゥ”と呼ばれる、男性とのパートナーリングがあります。
多分一番の醍醐味に入るものかもしれません。

昨日はパ・ド・ドゥクラスに参加して長年ブランクの空いた今の自分の状態とじっくり向きあってきました。
それは「基礎って大事やね・・」と言うのを、改めて実感した時間でもありました。

基礎は既に普段のレッスンで沢山やってきてるはずなのだけど、パドドゥで相手が関わる分、それらを理解して使っていることが、パートナーをより安心させられることなんですよね。

右膝がまだ完治しきってないため、バランスが後ろに逃げがちになるのが勿体なかったけど、普段のレッスンで「ここは守って、ここは攻める」を自分なりに考えて動いてきたお陰で、案外すんなりと勘を取り戻すこともでき、そして「全然大丈夫です!」と励ましの言葉までかけていただきました。
(嬉しかったー)

男性が自分の背後に立ち、バランスの位置や改善点を随時指摘してくれる状態はパートナーリングだからこそ。それらのコメントは絶対に聞いた方が良いし、今後も活用したほうが良いです。
普段先生からはミラーリング状態で教わる。だけど、パートナーになる人は背面にいる。
この違いも感じつつ。

パートナーリングは相手との会話なので、男性に頼るものではなく、助けて貰うものでもありませんが
だけど本番になると、男性は優しいからいざと言う時は助けてくれることもあるんですよね・・。
なんだかそんなことも思い出せたのでした。

★パ・ド・ドゥクラス、またウチでも開催したいな。
むくむく・・そんな目標ができました^^




懐かし写真。シンデレラのパ・ド・ドゥより。Photo by Kiyonori Hasegawa



★バレエクラスのご案内★
Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”大人が長く・美しく踊れるための正しい指導”をコンセプトに
都内目白と初台でバレエクラスを行っています。
6月末まで、入会キャンペーン延長します。


遠方の方や、スタジオレッスンに来れない時にオンラインレッスン♬
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内


体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)

バレエブログランキングに参加しています。
ポチっと押して応援してください♬

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

踊るための、心の鍛錬

おはようございます。バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

こちらはもう2年前ですが、”瀕死の白鳥”を踊った時のもの。
懐かしい・・


で、この写真は絵面としてはとても好きなんだけど、足が余り上手くアンデュオール(ターンアウト)してないように見えちゃうので、今日まで秘めてました(笑)
※バレエってこういうところを突かれやすい、と言うか、自分で「あら、ここ残念~~」と思う部分は往々にしてありますもん。


昨日メールで、今度舞台でソロを踊る生徒さんに何気なくアドバイスしていた時「ソロを舞台で踊る醍醐味」と言いますか、自分がどんな風に考えて臨んでいるかを伝えてみたのだけど、きっと彼女になら伝わっている気がします。頑張ってくださいね!


踊ってる時は誰でもその数分間に対し必死であり忠実で、そして没頭するもの。
だけどいかにしてその数分間の質を高めるかは、練習の積み重ねと一緒に焦らない力を身に付け、パニックになったりしないための心の鍛錬を身に付ける必要があると思っています。

それを身に付けるには、現実的な思考と視野を広げて物事をみること。
自分の普段の生活で起きうるハプニングに対しても冷静に判断でき、場合によっては他者に相談し改善する行動力があること。

よく「作品の世界に入って踊って!」等と言ったりしますが、作品の世界に入ることは、作品が創られた背景を知り、自分なりで良いから理解することであって、現実と非現実の区別を持たないまま、練習に臨んではいけないよ。。。。。

見えない世界を想像したり、また漠然とした抽象概念の注意の元でレッスンするより、その作品を創った人や作曲家、踊られた時代の状況を想像したり文献読んだりする方が、100万倍自分のためになります。
表現力を磨くのは賢明さの証でもあるので、勉強することが一番。
他には客観的&現実的な評価や意見してくれる人が身近にいることとか、そう言ったアドバイスをくれる先生に習うことじゃないかな。


私も多少なりともブレたことがありますが、今はこんな感じで笑っていられるので、迷っている人に伝われば幸いです。





★バレエクラスのご案内★
Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”大人が長く・美しく踊れる体作り”をコンセプトに、都内目白と初台でバレエクラスを行っています。
6月末まで、入会キャンペーン延長します。


遠方の方や、スタジオレッスンに来れない時にオンラインレッスン♬
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内


体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)

バレエブログランキングに参加しています。
ポチっと押して応援してください♬

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ




動きの質感を保つ

おはようございます。
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。



踊り=歩くこと、が基になっています。(踊ってる方はご存じですね)
そしてステップを踏むには、歩き方、足の出し方、重心のかけ方、を練習します。


体を二つに分けた時”上半身と下半身”に分かれます。

足の裏は体重を伝えてくれ、地面に流すもの。
膝は自分の体重を支えてくれるもの。
股関節や骨盤は、体重をコントロールしてくれるもの。
⇒ここまでが、下半身の役目。

上半身の腕と下半身の膝の動きが噛み合うことで、優雅さは生まれると感じています。
これがコーディネーション。






ワルツのアンシェヌマンより。(一度載せた動画ですが、再掲)



私がレッスン中に注意を受ける時
「もう少しバランスで立ってる時間を長くしてみたら」とか
「もっと大きく動いてみたら」等が多いかな・・・
(自分でもいつも気を付けてるけど、「もっと」はありますねぇ)

ワルツは基本歩くステップ。それを動きの全体の印象として、波のように揺れるように見えると優美に見えます。動きが固いのは、力んでるだけじゃないことも。

練習はどんな風にするのが一番良いのかと言うと、そのステップが持っている質感を再現できること。
仮にピルエットが入っていたとしても、そこでいきなり質感を変えずに最後まで行えるようにしてみましょう。

バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”大人からでも長く・美しく踊れる体作り”をコンセプトに、バレエクラスを行っています。

入会キャンペーンを5月末まで延長します。⇒体験料がお安くなっています。



遠方の方や、スタジオレッスンに来れない時にオンラインレッスン♬
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内


体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)

バレエブログランキングに参加しています。
ポチっと押して応援してください♬

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ




急に”できるようになる”時

おはようございます。バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。



2日連続の舞台裏方生活の後、昨日自分のためのクラスを調整兼ねて受けたら
なんだか空間を把握する力が、更に良くなっていました(^ー^)v(あくまで自分比です)

緊急事態宣言最中であっても、スタジオには行けているし(閉鎖されていないので)
自宅からのオンライン発信なども続けているため、感覚は鈍ってはいないけれど
久しぶりに広い舞台空間に立った(立ち位置の直しぐらい)のが良かったのかな。
踊ってないのにね、面白い。


あくまで”感覚”は自分でしか、分かり得ないもの。
でもそれを鈍らせないようにしておくのは、大事なことだと思います。



毎度感じることだけど、急に「なんかできるようになってる!」と言うことがきっとあるので
それを信じてまい進することは、止めない方が良い。
何がその人の刺激材料になるかは、本人すら分からないもの。
それを楽しみに待つ、と言うのも、案外良いかもしれませんよ💛



今日から2日間、GWバリエーションレッスンです。お時間ある方、ご都合付く方お待ちしています。
5/4&5/5のバリエーションレッスンについて(改訂お知らせ)両日とも残1~2名受講可能です。

バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”大人からでも長く・美しく踊れる体作り”をコンセプトに、バレエクラスを行っています。

入会キャンペーンを5月末まで延長します。



遠方の方や、スタジオレッスンに来れない時にオンラインレッスン♬
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内


体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)

バレエブログランキングに参加しています。
ポチっと押して応援してください♬

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

”バランスの良さ”

おはようございます。バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。
今日も良いお天気で気持ちが良い。

昨日の記事をお読みいただいた方から、オンラインストレッチの個人レッスン依頼を頂きました。
ありがとうございます(*^-^*)
今月のオンラインレッスン&スタジオレッスンは⇒スケジュール でご確認ください。
(そろそろホントに、このブログとHPを一体化せねば・・)


本来はバーレッスンで、大体のストレッチや体幹のエクササイズは適います。但し『空間に立ってる』ため、ちょっとした体重の微細な移動を感じないで動いていると、鍛えられないし強くもならないのです。
だけどそこをツンツン指摘すると(説明しすぎると)、ただでさえ順番で精いっぱいの状態の場合、頭が真っ白になることもありますね。(ご経験ある方きっといるはず)

そのためエクササイズ指南して、バーレッスンの動きと同じ型や力の通り方の共通点を知り、バーレッスンで活用してくださいね、と言う方向性に持って行くことが最近多くなっています。
体を整えられ、より強化したい部分や理解を深めて行うにはとても良いと私も思います。


だけど「エクササイズをしてからじゃないと、バーレッスンができない私」にはならないで欲しいなと。
もちろん色々理由は有ると思いますが、1時間必要だったものを15分に短縮できるぐらいの考え方で臨んでいれば、自ずと体は自分の意志の向いている方向に変わってきてくれるものです。
だけど時間をかけて行うのが良い、安心を得たい、と言う考え方だと本当に何時間も必要になっちゃう。

(私も過去エクササイズ&バレエクラスで3時間半位のクラスをほぼ毎日受けていたことがあり、体は整ってきていたのだけど、全てがスローペースだったため、とある日普通のバレエクラスを受けた時に動きのキレが殆ど無くなっていて、これじゃいかん!と考えを改め、普通のクラスに出るようスケジュールを変えていきました。そしてそのエクササイズみっちりの先生とは段々疎遠になって行きました・・・)


踊りたい、だけど整えたい、と言うジレンマを経験した時期でしたけど、”バランスの良さ”の大切さを学んだ時だったのかもしれないです。
☆この経験から”大人からでも長く・美しく踊れる体作り”をコンセプトに、バレエクラスを行っています。


バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”大人からでも長く・美しく踊れる体作り”をコンセプトに、バレエクラスを行っています。

入会キャンペーンを5月末まで延長します。
5/4&5/5にGWレッスン(ヴァリエーション)行います。



遠方の方や、スタジオレッスンに来れない時には、オンラインレッスン♬
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内


体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)

バレエブログランキングに参加しています。
ポチっと押して応援してください♬

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

教えはじめたきっかけ

こんにちは。バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日は幼稚園バレエの日。
3月半ば緊急事態宣言が解除され、昨日は3度目のクラスでした。

偶然更衣室でご一緒した園の先生から「先生はバレエを小さな頃からされているのですか?」と尋ねられたので
「はい、子供の頃からです。」と答えると、すごいー、と言う顔をされた後に
「バレエを教えようと思って、先生になられたのですか?」と、再び質問されたので
「うーん、そうせざるを得ない状況になったので始めた、と言うのもあります。」とお返事すると、ビックリされていました(笑)
詳しくはAbout Me をお読みくださいね。

今振り返ると、何とも不思議な経緯を経て今に至ってる。
心の奥で「こうしたいな」と言うのはフツフツと有ったように思うけど、直接の動機はいつも何かしらの出会いや、その頃の生活を大きく覆されたことがきっかけだったなぁって。
そこから約20年、本当に早いものです。



さて、ただいま バレエクラス開講21年目記念・入会キャンペーン行います。
こちらのキャンペーン中です。
そして昨日お知らせした 5/4&5/5にGWレッスン(ヴァリエーション)行います。
どちらもお問い合わせ、お申し込みお待ちしております。

こちらは確か6年?ぐらい前のですが、自作振付作品より。


バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”大人からでも長く・美しく踊れる体作り”をコンセプトに、バレエクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来れない時には、オンラインレッスン♬
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内


体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)

バレエブログランキングに参加しています。
ポチっと押して応援してください♬

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ


私見『バレエを習う人は増えてるけれど、舞台を観る人は増えてない』

こんにちは。バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。


さて、バレエ教師兼ダンサーが書いてるブログですが、バレエのことは伝わってますでしょうか?^^
とは言っても、最近はきっと誰かの目には留まり、そして響いてくれたらいいや、思ってる次第です。

昨日Twitterを見ていたら、TLがちょっと賑わっていました。
『バレエを習う人は増えてるけれど、舞台を観る人は増えてない』
そんな内容だったと思います。

これを見て思ったのが、自分の相方のことなのですけども、彼はバレエの舞台を観たことが一度だけ。初めて一緒に観たのが”ジゼル”。野外公演で見たため想うことが多々有ったようで、結構鋭い感想を聞かされました(笑)(普通の人とは違う感性の持ち主さんです。)

ただ、バレエの舞台を初めて見た人であっても、素晴らしいと感じる部分は同じだし、あれ、ここはどうなの?と思う点は素直にそう感じるようです。それはこれまで生きてきた社会性や概念によって形成されてきてるものなので、その感性は否定せず、あと余計な説明もしないが良いなとその時思いました。



教えてる側から見ても、昨今バレエを習う人が増えてるのは、とても喜ばしいです。
ただ、全て「バレエは素敵!素晴らしい!」ではなく「あれ、これはどうなの?」と言う部分も否定しないようにしていきたいと私は思っています。


芸術ってどこか”全て素晴らしい”と思わせてしまうような、そんな錯覚に陥ることってありますね。
そうならないためには、まず舞台を観た方が良い。自分にとって様々な部分から好み、好みじゃないとか、この演出は分かりやすいor分かりにくいなど。これは自分の引き出しを広げるための、一つの方法なのです。
劇場に行けないなら、動画でも良いと思います。まず自分とは違う存在を観ること。

また高額なチケットの公演は売れるけど、一般的に余り名前の知られてないダンサー達(私のような)が出る舞台は、どんなに日々切磋琢磨してそして良いものを創ったとしても、外からのお客様が中々増えない、と言うのはダンサーのレベル云々よりも、自分の知名度の低さを嘆くしかない^^; でもここがホントに難しいのだけど、宣伝がんばらなきゃ。


どうやったら観る人が増えるのか?それは、私もすぐには答えが出ないけれど。
だけど、バレエを習ってる人が舞台を観に行くことは、自分が今練習していることや教わってることへの繋がりを知ることになります。それが身近な教わってる先生なら、とても励みになりますね。

高額なチケットの舞台は確かに魅力的。アッパークラスですから。
でも、アッパークラスのものは時折見れるだけでも良いやん、と思う、庶民派な私です(笑)(笑)

自分が踊ることで心が発散され毎日が晴れやかになるなら、それはずっと続けた方が良いです。
その気持ちと向上心が合わさった時、色々な知識が身に付いていくので。

本来は観る側の方が圧倒的だったのが常ですし、それが今は気軽に習えると言う選択肢があるのは幸せなことです(*^-^*)


バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

都内目白と参宮橋で、大人の方向けのバレエクラスを行っています。
講師は現在も現役のバレエ教師兼ダンサー。
バレエの基礎、体のより良い使い方、伸びやかに踊る方法をお伝えしています。
近県の幼稚園では子供のバレエも指導しています。
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内



体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ




力まない、の意味

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

バレエのレッスン中、つい力んでしまうことが有るかと思います。
力まない、力を入れすぎない、固めない、と言うのは「そこに重み」ができてしまうから。

例えば肩に力が入ると、肩に重みができてしまうし
腕に力が入ると、腕に重みができてしまう。
眉間に皺を寄せて「考える顔」をして動くのも、重みになってしまいます。

体重は誰にでもあるし、地球は重力に引っ張られて下↓へ向かうもの。
そういったことを理解しながら、軽く動く、力まないように動く、と言うことは一見難しそうですが
「力を自分の中心に向かって集め、そして中心から外へ向かって放つ」と言った力の使い方をします。
※手で思い切り握りこぶし(グー)を作ったり、開いたり(パーの状態にしたり)するのと、同じことです。

☆言葉でサックリ書いてますがこのくらいサックリ、そしてアッサリ考えた方が良かったりします(*^-^*)
難しく考えないといけないと言うのは、実はちょっと違うんじゃないかなーと、最近よく感じています。

良かったら参考になさってみてください。

バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした大人の方向けバレエスタジオ。
講師は現在も現役で踊っているバレエダンサー
バレエの体の使い方、コツ、伸びやかに踊る方法をお伝えしています。近県の幼稚園で、子供のバレエも指導しています。

春に向けて、諸々お知らせ
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内



体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

音取りの意味

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

バレエを踊るうえで音を取る、音に合わせる、と言うのは
メロディとリズムとテンポ、を聴き分けることが必要になってきます。

ゆっくり、と言うのはテンポなのか
それともリズムをゆっくりなのか、と理解も大切です。

それぞれのステップに合うリズム・テンポを含めて、それらの違いを聴き分けて
音に合わせる気持ちで動かないといけません。
(私はダンサーなの~♡ と言う心で臨むと良いと思います。)


あとは、スタッカートのように”間合い”があるリズムの掴み方、動き方が分かるようになると
徐々に少しずつかもしれませんが、音取りは容易になってくると思います。

メロディを聴いて高揚するのは、とても素敵なことです。
そのメロディを後ろで支えている音符の数だったり、弾き方だったり、そういったところを
バレエのレッスンCDだと、どんな風に使われてるんだろう?と思えるようになれば、音取りが苦手・・・と言う方も、苦手意識に歩み寄っていけるような?気もしています。


とてもお気に入り。蛭崎あゆみさんのレッスンCD

音の取り方、レッスンで詳しく解説中です♪♪♬

バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした大人の方向けバレエスタジオ。
講師は現在も現役で踊っているバレエダンサー
バレエの体の使い方、コツ、伸びやかに踊る方法をお伝えしています。近県の幼稚園で、子供のバレエも指導しています。

春に向けて、諸々お知らせ
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内
記事内にペイパル清算フォームを貼りました。ぜひご活用くださいませ。


体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

個人レッスンの良さ

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。



昨日はクラスレッスン後に、個人レッスンの依頼がありました。
個人レッスンが効果的だなぁと思うのは、ソロを踊る時や基礎の見直し、その他男性とのパドドゥ練習も(ある意味)個人レッスンですよね。

普段のクラスレッスンの何倍も言葉を浴びながら自分の体で感じて気づいて、改善していくのはとても大変だけど、それだけ意味があるものだと思います。

特にソロを踊る等明確な目的がある場合は「ただ踊らせる」だけよりも、難しい・・と感じる箇所への改善点をつめます。
そうすることで絵面として「形、形!」となりがちな人には、感覚をコントロールすることを伝えられるため、踊りやすくなる方法(コツ)に繋がり「見てる側が安心できる」ことを、体得してもらえるように感じています。


踊りは「見てる側が安心」できることが一番(*^-^*)
それには技術も大切だけど、先走らない冷静さも必要です。


☆心穏やかに踊れるようになって欲しいので、以前とはもう180度と言っていいぐらい、伝え方が違うなぁと(自画自賛だけど)思います。
高揚させることも大切だけどねー、煽っちゃいけない。

クラスレッスンの後の30分でしたが、とても肩の力が抜けて良くなられたように感じました。
長時間のレッスン後にお疲れ様でした。よく頑張られました♡

★個人レッスンの金額については⇒受講料 をご覧ください。
ぜひご活用頂けると嬉しいです。

バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした大人の方向けバレエスタジオ。
講師は現在も現役で踊っているバレエダンサー
バレエの体の使い方、コツ、伸びやかに踊る方法をお伝えしています。近県の幼稚園で、子供のバレエも指導しています。

春に向けて、諸々お知らせ
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内
記事内にペイパル清算フォームを貼りました。ぜひご活用くださいませ。


体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ