子供の頃の遊び(のように)

こんにちは。
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日は子供クラス代講を務めました。暫く月2ペースの依頼なので
内容に計画を立てて進めていこうかな、なんて考えています。


子供のクラス指導は、相手が分かること、知ってることを想像しながら進めます。
バレエはね、今学校で習っていることを使えば分かるんだよ、と小学生の子達に伝えました。
丸、三角、四角、平行四辺形、ものさし、コンパス、分度器等々
もはや懐かしいアイテム(笑)
でも円や角度の概念が掴めるようになったら
それが空間にも自分の体の動きにも活かせることが、多分繋がっていくんじゃないでしょうか。


こういうの、好きだったなー(#^^#)
ちょっとした歪みとかが気になって、何度もやり直したりしませんでしたか?(私はやった派)
でもそれが将来真っすぐとか、歪まない、と言うことを正すことを覚える力になるなんて
当時は全く分かっていませんでしたよね。

ポジションを歪めない、揃える、同じ長さを保つ等の意識は
きっと昔、こんな風に遊びながら覚えてきたものなのですよね。

先日鑑賞した新国立劇場バレエ、不思議の国のアリスの会場にて
こちらもぜひ→新国立劇場バレエ『不思議の国のアリス』鑑賞記


→募集は6/30まで。お気軽にお問い合わせください。

『大人のバレエはエレガントに美しく』
2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。

体験、レッスンに関してのご質問やお問い合わせはこちらから。
講師依頼等も承ります。

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

個人レッスンを通じて想うこと

こんにちは。バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。


このところ個人レッスンのご依頼を頂くことが多く
”よりポイントを攻めて”行く大事さを感じています。

そして、皆さん異口同音に仰るのが

「今までは余り”そこまで気を付けて行っていなかった”」とか
「見よう見まねでやっていても、何も注意されず勢いでやれてきた」と。

これまでは私も「それは教える先生が・・・」と思っていたこともあったけど
最近は先生のせいばかりではないような、と思うようになってきました。
そして、習う側の問題でもないと。

なぜなら私自身、とても細かく指導され(特に上京後)、足のポジション一つにしても
「正確に!」と言われ続けてきたけれど、長い間

果たして、自分の正確な場所(位置)ってどこ?
だったから。

それを極めてロジカルに指導してくださったのが、昨日のブログにも書いた先生や
当時受けた講習会での先生方。
メソッドからくる正確さは、ただ”体の使い方からくるもの”とは質が全く違い
体の使い方は大切だけどそれは一つの要素であって
動き方や音楽性が伴って、初めて形となって見えてくるもの。
これがバレエなんだー、と開眼したのでした。


そのため、”そこまで気を付けて行っていなかった”や
”見よう見まねでやっていても、何も注意されず勢いでやれてきた”のは
そういった師匠との出会いが無かったからかもだし
習っておられた環境や、時代もあるのかもしれません。

振り返れば、奈良で最初に習った教室の先生は、マイヤ・プリセツカヤさんが大好きで
当時の古い動画を見ると、わー、先生と(踊り方等)似てる!と感じたことがあります。
もうパッションと濃い内面性で踊る方だったから
正確なメソッドと言うよりは勢い、エネルギー、感情で踊る。
昔の時代のバレエって、今とは何かが違いますもんね。


思えば、昔は一握りの人しか知りえなかった知識や方法が
今は広く知られるようにもなり、それはそれですごいことですよね。
同時に「教え方」が多岐に渡りすぎるぐらい広まって
今は正解も一つじゃない、と言う考えも加わり
「どれが正しいの?」と、分からなくなる気持ちも理解できます。

だけど古いバレエの本を見れば、押さえるべきところは共通していますし
変わっている部分も確かにあるけれど、根本が変わるわけではないし。
違って見えるのは人の体を通して動きを見るからで、それはもうしょうがない部分 笑

なので、良い指導を受けることが出来た機会に恵まれたのは、本当に幸運と捉え
これからもそれを大切にしていきたいと思っています。

★個人レッスンのお問い合わせは、下記の問い合わせフォームからお気軽に。


その昔、チャイコフスキーPDDより。
バランシンメソッドをこの頃知ってたら・・
多分もっと理解して踊れた(かもしれない)


→募集は6/30まで。お気軽にお問い合わせください。

『大人のバレエはエレガントに美しく』
2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。

体験、レッスンに関してのご質問やお問い合わせはこちらから。
講師依頼等も承ります。

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

懐かしいCDを使いました

こんにちは。
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。


梅雨寒で、スッキリしない日が続きますね。
木曜のバレエベーシック、実は案外動くクラス。
昨日は久しぶりに、シルヴァン・デュランさんのCDを使い
演奏のパワフルさで、夜だけどスカッとしてもらいました。


シルヴァン・デュランさんは、パリ・オペラ座のピアニスト。
このCDは私が師事していた元パリ・オペラ座のピエール先生がよく使っておられ
音域の広さと指のタッチ、リズム感の素晴らしさに圧倒されました。
(やっぱりパリオペの音楽は、パリオペらしい動きが似合うものじゃの(笑))

その後、パリ・オペラ座の教師のベルトラン氏の「バレエ指導法」を受講した際
レッスンの構造についての説明があり、自分がつまづいていた(苦手な)部分の答え合わせができ、それがきっかけで、音取りに対して臆することがかなり無くなった気がします。

オペラ座の動きって全部が美しいけど、(個人的感想)特にアレグロの動きは格別。
リズム感とプリエの”溜め”が絶妙で、バットゥリー(打ち付ける動き)等は正確だし、足さばきが軽やか。それらは全部、リズム感からなのですよね。


先日、過去にバレエピアニストを経験されていた方のブログを見つけ、興味深く拝読しました。
自分が演奏するのとは違い、裏方としてダンサーの体が上げるための工夫、選曲、弾き方について工夫する必要があり、そのため実はとても難しいものだと書いてありました。

そういえば、”音楽をやっている”方がレッスン受講に来られていた時「音が上手く取れない」とよく言われ。なんでかな?と想像したのですが、もしかすると演奏を聴いてしまい、自分が踊る側として音を捉えてないのかも?と感じました。特にリズム感に、それが感じられたかな。

バレエを踊る=体の使い方、から入ってしまうと、音楽の部分が抜け落ちてしまうことが多いのです。
だから、音をすごく工夫します。
詳しくはレッスンで・・♪

→募集は6/30まで。

『大人のバレエはエレガントに美しく』
2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。

体験、レッスンに関してのご質問やお問い合わせはこちらから。
講師依頼等も承ります。

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ






見せられる状態に、持っていきますよー

こんにちは。
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

今日と明日、舞台を観に行きます。
とっても楽しみ!(明日のは観る、と言う感じなのかな?笑)

「観る、聴く、は相手がいるから成立するもの」と、いつも思っているけれど
時々「私にはまだ、見せるまでの状態じゃないから」と言う言葉も、耳にします。


これはどんな立場の方が発したかで、後の捉え方は全然違ってくるけど
自分が納得できる状態は、ここまでなら〇、ここまでならまだ× 
を、明確にしておく必要があるかなと思います。
何よりも相手にも分かりやすいし、自分にとってのボーダーライン。


よく「プロの人は自分の水準を下げない」と言うけれど
それは心や技術の調整や調律が出来ていて、体や感覚で分かっているから。

アマチュアの場合、結構”感情とその日の調子”で計ってる部分があるのかな?と思います。
もちろんそれが一定に保てる方もいますが、きっとそれを引き出せるのは、指導力にある気がする。
良い先生は感情的にならないし、無理そうな時には気を紛らわせさせてくれたり、(良い意味で)放置したり、ここぞという時には声をかけてくださったり。

やっぱりそういった人の元だと、伸び伸びできるようになるから、結果「上手になる」んじゃないかなと感じる。なのでそれをいつも心がけてます。

個人レッスンを月1ペースで受講くださってる方の、上達度が早くて。
もちろん細かい部分を見てると「あら!(なんか面白いことやってる!)」はあるけれど
動き自体が、まるでバレエを見てるように、変化されています。

こちらに出たい、と言う意思を持ってる方なので、リハーサルの前からじっくり。
ぜひお仲間に加わりませんか?→募集は6/30まで延長しました。
お申込みやお問い合わせ、お待ちしております。

『大人のバレエはエレガントに美しく』
2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。

体験、レッスンに関してのご質問やお問い合わせはこちらから。
講師依頼等も承ります。

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ







『体の方向』取れてますか?

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。


こちらの動画は、足指トレーニング。
普段子供達へ、レッスンの最初にさせています。
中々上手く思ったようにできないようで「右は出来るのに、左がぁー」とか言ってる。
できるようになった時「見て見て!!」と見せてくれるのです。か~わいいー

さて、このブログでも以前、バレエの方向について触れたことがありますが
↓   ↓   ↓ こちら ↓   ↓   ↓ 


バレエの8つの方向 と言う記事もあります。

教えていて、体の方向の向きが分からなくなってしまった時や、手や足の出す方向が曖昧な場合等に
この図は本当に優秀だなあと感じます。
5歳以上になると、これを先に見せて伝えた方が覚えが早いことも分かりました。
複雑なバレエ用語はまだこの時点では余り使っていませんが、出す足で体が開いて感じるのか、または閉じているのか?は理解できるようです。

大人の方の場合「エファセ?クロワゼ?エカルテ?」となりがちですが、この図で自分が中心に立ってることをイメージして、今どちらの足が軸なのか、そして前か後ろ、そして横に出してる時に方向の呼び名が違う、と言うことが理解できるようになれば、その後は早いと思いますよ。


こういった「約束事」を大事にしてるかどうかは、踊れるとか体の使い方以前のことで
これらが本当に理解でき、使えているとスッと筋が通って見える。
私は「筋が通って見える」踊り方が好きです。見てて綺麗だから。
だから方向には丁寧に臨んで欲しいし、練習しようね、と伝えています。

→募集は6/30まで延長しました。

『大人のバレエはエレガントに美しく』
2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。

体験、レッスンに関してのご質問やお問い合わせはこちらから。
講師依頼等も承ります。

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

「レッスン」と「リハーサル」の違い&出演者募集延長のおしらせ

こんにちは。
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

突然ですが、普段レッスンに励んでおられる皆様。

「レッスン」と「リハーサル」の違い、分かりますか?
多分バレエ(も、だけど)音楽含め、”クラシック”と名が付くもの全般に言えるのかもですが

「基礎練習の先に踊りがある」または「楽曲を奏でる」構造になっています。
だから基礎練習に、しっかり時間をかける。

でも他のジャンル(例えばジャズダンスとか)基礎の練習もありつつ、振付を踊りながら覚える感じ。
コンテもそうかな。ウォーミングアップでパート毎の練習を行った後、短い振付の練習に入ることが多い。
そのため動き方に慣れてないと順番も頭に入りにくく、すぐ振付を行うことに慣れてないと踊りにくいと感じたりします。(苦手意識の元は多分これ!)

『バレエは基礎が大事』と言われるけれど、構造的にクラスの中で技術を磨いていき
作品で花を咲かせる形。他の踊りは踊りながら技量をアップしていく形、のように私は感じています。

なので、「リハーサル」とは「できないことをできるようにする」時間ではなく
「自分がどんな風に踊るかを既にイメージして、それを今できる範囲で良いから再現する時間」
その違いが分かると、安心して臨みやすいのではないかな?と思います。

募集は6/10まで。  6/30まで延長します。

こちらに「レッスンから受けて欲しい」と書いていますが、レッスンは、できないことをできるように練習する時間なので、出演される方の課題点なども盛り込めたりします。
リハーサルはそれを踏まえた上での創造であり、クリエイションの時間。
そんな風に捉えて頂けると嬉しいです。

お問い合わせはお気軽に、こちらから。
体験、レッスンに関してのご質問や講師依頼等も承ります。


Photo by Kiyonori Hasegawa
当時の生徒さんと一緒に振付した作品です。

『大人のバレエはエレガントに美しく』
2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。→5月末まで入会キャンペーン!

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ


あっためて育てる

こんにちは。


昨日は友人の代講を務めてきました。
待ち時間の様子。

脚に履いてるのは、引き締めソックス(去年の手術前、病室で着用するように勧められたもの)
これが良かった。足が楽♪
冷房も入るようになり、そろそろ冷えによる浮腫み防止策を取らねば。

最初のクラスの子供達、クラスの始めから何かのスイッチが入ったかのように笑い転げていて
途中ふざけすぎて、きつめの注意が飛びそうになる3歩手前まで行きました(笑)
後半のお姉さんたちのクラス、指先などの注意点やストレッチのコツ等を教えたり。
さすが、だんだんバレエらしくなっていきます。


代講もこれまで何度も務めているので、子供たちの顔はわかるし
楽しみにしてくれているようです。(ジャンプいっぱいできるー、と言ってる(笑))

あっためてあっためて、育てるのが好き。
子供だけでなく、大人もあっためます。


10/29(土)スタジオパフォーマンス出演者募集
こちらに出演希望される方は、入会金無料です。詳しくは記事をお読みくださいね。


『大人のバレエはエレガントに美しく』
2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。→5月末まで入会キャンペーン!

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。

体験、レッスンに関してのご質問やお問い合わせはこちらから。
講師依頼等も承ります。

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ




「やってみなきゃ、わかんないー」

こんにちは。

新一年生に進級した幼稚園バレエの子供達。
新しい動きを、お姉さんたちの背中を見ながら
毎回一生懸命に付いていってます。


さすがに小学生になると、それまで子供子供してたのがぐっと成長。
勉強量と比例するんだなぁって思います。


昨日はケンケンパーからの、なんとなくエシャペ・ソテ・ジュテっぽい動き。
最初は「難しいーーーー」と言ってましたが、一言お姉さんたちからの

「やってみなきゃ、わかんないー」

と言う言葉で、頑張りはじめました。

サボテンの花、きれいー

大人の皆様に、頑張る機会を。




お知らせ2つ再掲

『大人のバレエはエレガントに美しく』
2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。

体験、レッスンに関してのご質問やお問い合わせはこちらから。
講師依頼等も承ります。

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ



「人が辞める時」について想うこと

こんにちは。
5月も後半になってきました。
まず、宣伝になりますが バレエクラスのご案内★5月末まで入会キャンペーン中! です。
ぜひお待ちしております。

入会を促しつつ、今日は「人が辞める時」について想うことを少し。


「入る」=「辞める」は絶対背中合わせですね。
バレエクラスを開講してからの20年、そう感じています。
辞めたくなる、と言うのは続けていたら多分きっと、誰でもあるんじゃないかな。
何か小さな不満が芽生え、それが自分の許容範囲からはみ出してしまうことでまず関心が薄くなり、行動が伴わなくなり、足が遠のく、と言う順番だと思うけど。


なんとなく「辞めちゃいそうだな・・」と思う時は、肌感覚で分かります。
真面目に取り組んでる感なのだけど、目が笑ってない。
楽しめていないから、嫌々やってるのかもしれません。

だけどほかの方は同じことを伝えても楽しそうだし、溌剌とした感じが伝わる。
なぜ同じことを言っても捉え方が違うの?と思っていましたが
それは「そういうものなのだ」と分かってきました。

先程”自分の許容範囲からはみ出してしまう”と書きましたが
その理由の多くはクラス中に起きてると思います。
できない、知らない、やったことがない、はまだ良いとして
やり方が違うと言われたり、内容についていけない、と感じたり。

でもこれが理由なら「雰囲気を楽しめたら良い」と言う考えなのかな?
もしくは「昔習った方法と違うから、私が正しい」なのでしょうか?
そういえば昔、違ってる箇所を個人的に直したら、その後「みんなの前で恥をかかされた」と言って辞めた方もいましたね。本当に難しい。(きっと注目されてしまったのが嫌だったんだな、ごめんね)。
その他は自分はできないと感じてるのに、周囲の人は難なくこなしてるように見えるから羨ましいとかかな。会話の内容も、いつも他人を褒めて自分を卑下している言葉が多かったり。


何かを習う(教わる時)は、自分を卑下したらダメなんですよ。
目的が自分でも分からなくなってしまうから。自分で自分を卑下してしまう癖があると、素直に楽しむ、という気持ちになることは難しいです(謙遜とは別)。
そして様々な要因が絡み合い、もうメンドクサイ、となってしまう。
それが「辞める」に繋がるのでしょう。でもちょっと落ち着いて振り返ってみて欲しい。
あなたの「バレエが好き」と言う気持ちは、どういったものですか?

私は44年バレエを続けてきてますが、途中何度か師事する先生が変わりました。
「先生を変える」方が、ものすごいエネルギーが必要で・・それこそ「バレエ自体が嫌になる」ことが過去はしょっちゅうあったけど、人間的な面で合わない、と思うところにはもう行かないし笑

自分の心の中にある「好きである」と言う気持ちを理解してくれる先生が、一番やはり相性が良いのだと思います。そういった先生ならクラス内容が多少きつかろうと、付いていく気持ちになれますよね。





『大人のバレエはエレガントに美しく』
2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。

体験、レッスンに関してのご質問やお問い合わせはこちらから。
講師依頼等も承ります。

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ









種を撒き、育てる

こんにちは。
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。


しがない一バレエ教師兼ダンサーの私ですが
時々「バレエってまだまだ認知度が低い!」と言う投稿をみると
そうかな・・・・?と思っています。


興味のある人がグンと掘り下げる。そもそも、そういう分野。
そして何でもってその分野の秩序が保たれているか、認知度にこだわる人は
そこを見るべきじゃないかなと思っています。


今日は幼稚園バレエ。
お子さんが習うことは、親御さんが居られるわけですから
体験後に受講のお礼と共にバレエの歴史や成り立ちを簡単に伝え
レッスンの意図を示し、そして様子を見ます。

その時間が、楽しさえすればいいのか
難しかったと言ってたけど、頑張らせてみるのか
まずそこが分かれ目です。
そこは強制できないし、相手の判断に委ねるしかないけれど
その中で一人でも入れば◎。
実際そういう子は続けるし、自分の肌で感じて沢山のことを覚えてゆく。


大人も似てるかな。
同じ方向を向いてる方同士は気が合うし、教えたことが伝わり良くなっていかれる。
基礎の段階で土壌耕し、テクニックを覚える段階でそれが芽を出す。


とても地味だけど、育てることや知ってもらうには種を撒くところから始めるわけで
その種が育つ土壌も必要です。
微力だけど自分はその種をコツコツと撒き、せっせと土壌を耕してる気がします。

今回は入会が4名♪ にぎやかになりそうです。




『大人のバレエはエレガントに美しく』
2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。

体験、レッスンに関してのご質問やお問い合わせはこちらから。
講師依頼等も承ります。

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ