苦手な”ピケ・アンデュオール”

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。
今日はがっつり【バレエのステップ】のお話をば。

バレエを長くやってきていても、どうしても苦手なパ(ステップ)の場合、中々それが上手く出来ないために放置したりとか、練習する機会が減って行くと、どんどん劣化していく・・なんてことがあります。

私の場合ピケ・アンデュオールが苦手。ロイヤルだったかな?”レイムダック”とも呼ぶパ。(直訳:足を怪我したアヒルの意)
レイムダックはその他にも、”死に体の政治家”と言う意味もあるそうな。

昨日受けたクラスのアンシェヌマンにこの動きが入っていて、説明の時に”ソ・ド・バスク”と先生が仰った瞬間に「ん、なぬ?」
跳躍のパだけど回転の理屈は一緒やな・・・と思った後から、おおーーーー回れる!!!!
ちなみに ”ソ・ド・バスク” は、バスク地方の跳躍、と言う意味のパ。片足で踏み切った後、空中で回転(反転)しながら跳躍したあと、片足で着地。
私実はこの動きはかなり得意。で、閃いた訳なのです。


得意な動きと同じ方法論なら、苦手なものも出来るはず!

違ってる点は、ピケ・アンデュオールは立って回る、ソ・ド・バスクは空中で回転してから着地。
でも動きの導線は一緒。


バレエのパは、こういったことが自然に起こり得るもの。 一つ一つに方法論を見つけると正直キリが無くて、 「これとこれは似てる(もしくは同じ)」と言うものが分かれば、テクニックは早く習得できるはず。そのためには、まず色々なパやステップに触れる機会が必要ですが。


こちらに貼った動画は、サンフランシスコバレエプリンシパルの倉永美沙さん。
彼女の動きはメリハリがあり、そして確実な基礎力。見ていてとても美しいです。

ちなみにこちらは、ピケ・アンドゥダン(ピケターン)の時のものです。面白いよね♡

入会キャンペーン延長と、お知らせ →8月末までとなります。

年内に何か踊りません会”出演者募集 

★バレエクラスのご案内★
Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”大人が長く・美しく踊れるための正しい指導”をコンセプトに
都内目白と初台でバレエクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来れない時にオンラインレッスン♬個人レッスンもできます。
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内


体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)

バレエブログランキングに参加しています。
ポチっと押して応援してください♬

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

リハーサル動画を拝借

おはようございます。バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日のブログで少し触れた会場リハーサルの様子を、みっこさん超多忙な中早速動画にアップされていました。

※この動画を見て「なんだ、ピアノの発表会?」と思われた方は
ぜひこちらをお読みください。バレエ作品を振り付ける時

毎度感じることですが、非常に良いチームワークの中で進んでいきます。
それは観客として演奏を聴いてて思ったり、今回のように中に組み込ませてもらって感じたりとか様々なのだけど、皆音楽が好きなんだなと言うのが伝わってきます。
今回はそこにバレエがプラスされ、また違った意味でのお披露目になる訳ですが、こうやって見ると決してバレエの敷居が高いなんて思いませんし、きっかけとしては一つの例として十分あり得ることなのですから。

進行上私も舞台には出てますので、子供達共々楽しめるように構成していきます。
(実はまだ作品全部の尺が決まってない^^;)

★バレエクラスのご案内★
Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”大人が長く・美しく踊れるための正しい指導”をコンセプトに
都内目白と初台でバレエクラスを行っています。

こちらの2つの記事、ぜひ読んでくださいね。

入会キャンペーン延長と、お知らせ

(仮)【年内に何か踊りません会】概要を少し

遠方の方や、スタジオレッスンに来れない時にオンラインレッスン♬
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内


体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)

バレエブログランキングに参加しています。
ポチっと押して応援してください♬

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

足慣らしは大事。ポワントシューズのツレヅレ

おはようございます。
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。


昨日オンラインレッスン後に自習を兼ねて撮ってみた、ポワントの足慣らし動画です。
真剣なお顔してますが(ついついね)、ご興味ある方はぜひご覧ください。

先だって痛めた右膝はようやく治ってきていますが、まだ完治じゃないため時々緩めてます。
本調子じゃない時には、それなりに。

時々チラッと横を見るのは姿見を置いてるので、それを見てる(๑・̑◡・̑๑)

この足慣らし動画、バリエーションを変えて何度か上げてる気がしますが、これが一番大事だなぁと今だからこそ思えます。ポワントシューズと自分の足を本当にフィットさせるための、準備。

これが無くて”立つこと”ばかりしていてもダメなの。下りることができないと、立てないので。
足とシューズが馴染んでこそ、バレエシューズで練習したことが出来る。

自分ではいつも、ポワントに立った時には「菜箸でお豆さんを摘まむ」ような意識を持っています。
菜箸でお豆さんとか、つるつる滑る蒟蒻みたいなものを摘まむ時、ちょっと「気を付ける」よね。
伝わるかなぁ・・・^^

膝よ、早く治ってくれい!と心に念じつつ、今できることをやる。
脚力のためには腹筋も大事。なのでピラティスやヨガ等を思い起こしながら、筋トレしてます。

★お家でもポワントレッスンできますよ。
ご興味ある方は、お問い合わせくださいね。まずはご相談から可能です。


(*^-^*) 




★バレエクラスのご案内★
Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”大人が長く・美しく踊れるための正しい指導”をコンセプトに
都内目白と初台でバレエクラスを行っています。
6月末まで、入会キャンペーン延長します。


遠方の方や、スタジオレッスンに来れない時にオンラインレッスン♬
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内


体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)

バレエブログランキングに参加しています。
ポチっと押して応援してください♬

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

ポワント”Suffolk”慣らしてみました。

おはようございます。バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

先日頑張ってつま先をかがったポワントシューズを慣らした様子を
動画に収めてみました。

かなり柔らかく見えますが、足指を覆うヴァンプ部分が少し硬い箇所があり
揉んだり押したり、捻ったり。

固いシューズを柔らかくする際、金づちで叩く人も居るそうですが、なんだか分かる気がします。

内側に熱い蒸気を当てると良いのよ、と教えてもらったことも。
アイロンのスチーマーとか、ヤカンから出る蒸気とか??なるほどー
今度お風呂場に吊ってみようか・・・。

友人から教えてもらいましたが、このシューズはとても持ちが良いとか。
元はFreedの職人さんが、独立して創られたシューズ。
ソールの柔らかさは、その辺りが受け継がれてるのかな?なんて。

ちなみにこちらは、初めて足入れした時の様子。
ソールの感じがとても良いなぁと感じました。



夜にポワント履くと、足が浮腫みやすくなってるせいかきつく感じますね。
日中は大丈夫なのにね・・・。
なので何らかの対策、やれることしておこうと思っています。
(あとは膝が完治すれば、もっと出来ること増える!)
また色々ご紹介できたらと思っています。

★ポワントレッスン、楽しいですよ♬
現在日曜日の14:30~15:00に、基礎ポワントクラスを行っています。
その前のレッスン13:00~14:30をご受講頂いた後の、30分レッスンです。
皆さん少しずつだけど、上達されています。
ご興味ある方は、ぜひお問い合わせくださいね。

★バレエクラスのご案内★
Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”大人が長く・美しく踊れるための正しい指導”をコンセプトに
都内目白と初台でバレエクラスを行っています。
6月末まで、入会キャンペーン延長します。


遠方の方や、スタジオレッスンに来れない時にオンラインレッスン♬
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内


体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)

バレエブログランキングに参加しています。
ポチっと押して応援してください♬

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ



上達しない時の対処法

おはようございます。バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

普段バレエを頑張って練習しているのに、なんだか中々上達しないように感じる・・・と言う時
多分、このような気持ちになることが多いのではないでしょうか。(基本的に上達って個人的には楽しいものだと捉えています☺️)


いつも同じことを注意されているのに、今一つ理解できてない(気がする)。
自分の中で分かっているはずなのに、いざとなるとそれがすっ飛ぶ(ように感じる)。
結局、基礎ができてないんだ、と半ば諦めたり、覚え悪いし!と開き直る心境になる。

などなど。

そういった感情が沸きあがってきた際、それは自分の正直な気持ちなのでそれは大事なのですけど、じゃあ具体的にどうしたらいいの?と言うことは、案外教わる機会が少ない気がします。
大抵は現状に対してじっと我慢してやりすごしながら、悶々と(もしくは希望をもちながら)過ごすことが多いのではないでしょうか。(思い当たること、ないですか??^^)

トランぺッターの福島さん
こちらの動画に図解を入れて、対処法を説明してくださっています。

私の場合、外に出てものすごく活発に動いていた時期にこれらの対処法を知ったのですけど
こういった概念がもっと広まれば良いな、と思っています。
がむしゃらに頑張るだけでは、効率が悪いだけですし。

★動画は”楽器上達しない時の対処法”と、”楽器”と言う主題が付いていますが
”バレエ”に置き換えても、通じることだと思います。(少し方法は違うけれどね)

教えていると身近な立場になってしまい、今度は伝わりにくくなってしまうケースも多々。(笑) 
なので動画をご紹介しました。ご興味ある方は、ぜひじっくりご覧くださいね。


懐かしい写真出てきた~♬

早くライブに行きたいなぁ・・・

★バレエクラスのご案内★
Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”大人が長く・美しく踊れる体作り”をコンセプトに、都内目白と初台でバレエクラスを行っています。
6月末まで、入会キャンペーン延長します。


遠方の方や、スタジオレッスンに来れない時にオンラインレッスン♬
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内


体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)

バレエブログランキングに参加しています。
ポチっと押して応援してください♬

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

動きの質感を保つ

おはようございます。
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。



踊り=歩くこと、が基になっています。(踊ってる方はご存じですね)
そしてステップを踏むには、歩き方、足の出し方、重心のかけ方、を練習します。


体を二つに分けた時”上半身と下半身”に分かれます。

足の裏は体重を伝えてくれ、地面に流すもの。
膝は自分の体重を支えてくれるもの。
股関節や骨盤は、体重をコントロールしてくれるもの。
⇒ここまでが、下半身の役目。

上半身の腕と下半身の膝の動きが噛み合うことで、優雅さは生まれると感じています。
これがコーディネーション。






ワルツのアンシェヌマンより。(一度載せた動画ですが、再掲)



私がレッスン中に注意を受ける時
「もう少しバランスで立ってる時間を長くしてみたら」とか
「もっと大きく動いてみたら」等が多いかな・・・
(自分でもいつも気を付けてるけど、「もっと」はありますねぇ)

ワルツは基本歩くステップ。それを動きの全体の印象として、波のように揺れるように見えると優美に見えます。動きが固いのは、力んでるだけじゃないことも。

練習はどんな風にするのが一番良いのかと言うと、そのステップが持っている質感を再現できること。
仮にピルエットが入っていたとしても、そこでいきなり質感を変えずに最後まで行えるようにしてみましょう。

バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”大人からでも長く・美しく踊れる体作り”をコンセプトに、バレエクラスを行っています。

入会キャンペーンを5月末まで延長します。⇒体験料がお安くなっています。



遠方の方や、スタジオレッスンに来れない時にオンラインレッスン♬
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内


体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)

バレエブログランキングに参加しています。
ポチっと押して応援してください♬

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ




「しんどいフラッペ」

おはようございます。バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

今日は「しんどいフラッペ」(と言うお題がぴったりな)動画を載せてみます。

フラッペ=frappé(氷で冷やした)=frapper「~を叩く・~を打つ」と言う意味だそうです。
(フランス語ちゃんと勉強した訳じゃないので、ここまでにしておきます★)

フラッペは足を俊敏に動かすための練習ですが、苦手な方、多いと思います。
私も得意ではありませんが・・こんな風に拍数に合わせて足を動かす練習もしますよ、と言うのも知っておいて良いかなと思います。

(顔が真剣なのは、ご容赦ください♬)



初心者さんの場合、一回足で床を打つと2拍待つ、のように4拍の中で数を少なくして行うのが一般的です。ただ”待つ”と言う動作を取るのが苦手な方の場合、どうしても踵から勢いを付けがちです。そんなに勢いは必要無い動きなので、言葉の文字通り足の指裏で”打つ、叩く”を練習してみてくださいね。

それから、複雑な組み合わせになるほど音をどんどん早く取ってしまう傾向がある動きなので、焦らずに拍数(リズム)に合わせることを心がけるようにしましょう。

普段こんな感じで説明してますが、現場はやっぱりライブなので、皆さん上手くできたりできなかったり等々。なので、ここでヒント★
【足を出す動き、前と横は出しやすいけど後ろは出しにくいもの。なので後ろの動きは特に気を付けて。】

バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”大人からでも長く・美しく踊れる体作り”をコンセプトに、バレエクラスを行っています。

入会キャンペーンを5月末まで延長します。⇒体験料がお安くなっています。



遠方の方や、スタジオレッスンに来れない時にオンラインレッスン♬
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内


体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)

バレエブログランキングに参加しています。
ポチっと押して応援してください♬

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

肩、固くない?

おはようございます。
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日は少しレッスンをお休みされていた方に、オンラインで指導しました。
「久しぶりに動いた感があって、気持ちよかったです!」と嬉しい感想をいただきました。


習慣的に続けていたものを中断すると、やはり体は固くなります。
筋肉は意志で伸びる(伸ばす)ものですが、意志が加わらないと縮むもの。
なので普段の生活だけだと体が固くなるのは、ある意味しょうがないのです。


ちなみに、クラス前にはいつも”肩を廻す動き”を入れています。
肩を廻すのは体をほぐすのに、まず一番手っ取り早いから^^ でもほんと。
関節包から循環液が出て、それが全身を巡って柔らかくなって行くそうです。

だけどそれだけじゃ最近足りないな、と感じるようになってきたので(私や、受講される方にとっても)
肩のストレッチを入れています。

背中側でトレーニングゴムを掴み(タオルでもOK)上下に引っ張ります。
両手が届く方は、背中側で手を繋いでも良いです。

引っ張りつつ、脇の下を思い切り開きながら側面を伸ばす(両方行います。)

引っ張りながら、天井を仰ぎます。カンブレの練習にも。

※どの動きもかなり実は腹筋を意識するので、詳しい方法はクラスにて。

肩が固いのは大人だけでなく、今は子供達も。
鉄棒にぶら下がったりするのを、もっとした方が良いんじゃないかなぁって思います。
手の力使うし、慣れないうちは豆も出来るけど、でも肩はしなやかで強い方が絶対良い。

肩って一度痛めると中々回復しませんよね。腕を上げるのも億劫になるし。
なので普段からコツコツ、予防も兼ねて。
踊りやすい体、と言うのは「痛みが無い状態で踊れる」ことを言います。
なので表に出てくる動きとはちょっと違い、地味な意識が大切だけど、コツコツ頑張って行きましょう。

バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”大人からでも長く・美しく踊れる体作り”をコンセプトに、バレエクラスを行っています。

入会キャンペーンを5月末まで延長します。⇒体験料がお安くなっています。



遠方の方や、スタジオレッスンに来れない時にオンラインレッスン♬
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内


体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

オンライン・対面での個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)

バレエブログランキングに参加しています。
ポチっと押して応援してください♬

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

長々説明するの、辞めました^^

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

もうすぐ大晦日ですね。
昨日は今年最後のバレエクラスでした。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

このところ、クラス中の説明を極力減らすように努めています。
それは、長々と抽象的に伝えても(人によっては)伝わりにくいのと
冬ですし、体が冷えてしまわないように・・と。

説明が長々と入るとこまめに寸断された感覚になってしまい、気持ち的に不完全燃焼を起こす。
そうすると、気持ちよく動けないなって。
教える側としては、色々伝えたくなっちゃう・・けどね。

オンラインレッスンを始めたこともあり
端的に伝える
長々説明しない
できるだけ具体的な語彙で伝える
と言うことの大切さが分かってきました。

スタジオでも「説明の長さ、ちょうど良いし分かりやすい」と言ってくださる。
貴重な声、大切にしていきます。
また年明けに、お目にかかりましょうね。

過去に撮った、レッスン動画。ロンドゥ・ジャンブ

★蛭崎あゆみさんのCDが好きで、よく使っています。
メロディがクリアで、音楽の印影がハッキリしているためか
気おくれしてしまう方も、中にはいるみたい・・
だけど抑揚がある音楽、私はとっても好きです。

バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年から開講している、大人の方向けバレエスタジオ。
都内は参宮橋・目白にて、近県の幼稚園では、子供のバレエも行っています。
講師は現在も現役で踊っているバレエダンサー。
基礎を大切にしながらバレエの体の使い方、伸びやかに踊る方法をお伝えしています。

オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内

体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
個人レッスンも承っています。(時間・曜日応相談可能です)


ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

プリエの動画

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。


先日「レッスンが始まる前のウォーミングアップ動画」
と言う記事を書きましたが
今日は続きを載せてみました。
またおいおい、その続き・・・を上げる予定。(予定^^)


動画、いまだに苦手ですが^^; 自分が撮るようになってから
オンラインで受講くださる方の癖や改善点が、より分かるようになってきました。
「見る力」が、鍛えられるのかもね。教えてる側にとって。


スタジオだと、直接触れて直すこともできるけど
オンラインは言葉で誘導しますから、相手の方にとって分かりやすく伝える方法を
いつも考えます。
でも見本って有ったほうが良いし
時々動画撮って、載せるのも一つの方法かも。


★昔はかなり”口やかましく言っていた私ですが
言わなくなりましたね・・・^^;
正しいやり方を教える時、伝えすぎちゃいけないと。
そして言葉数を減らしたとしても、頭の中がいっぱいになってしまう人については
「見る力」を鍛えてもらうのが、一番近道かも?と思っています。

バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年から開講している、大人の方向けバレエスタジオ。
都内は参宮橋・目白にて、近県の幼稚園では、子供のバレエも行っています。
講師は現在も現役で踊っているバレエダンサー。
基礎を大切にしながらバレエの体の使い方、伸びやかに踊る方法をお伝えしています。

オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内

11月は体験月間!
体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
個人レッスンも承っています。


ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ