踊ってる最中、我に返っていませんか?

新年のレッスン始めは、もう済ませられましたか?
リセット期間があった方は、これからの1年のために
去年までのパターンを見直してみるのもいかがでしょう。


さて、バレエを踊る際に一番大切なことは?質問したら
きっと「アンデュオール!」という答えが多いでしょう。
それは確かに大事。

だけどその前に、踊るのは「立つ」ことだから
自分がどんな風に「立っているか」に注視してみて欲しいと思います。

アンデュオールは、そもそもがムーヴメント(動き)。
バレエを構成する動きの一つの要素だから、大事なのです。
だけど、立っている状態が悪かったら?
それは質の良くないアンデュオール


立ってる時に指が浮くとか
重心位置が悪いとか
爪先をのばす際に、指に力が入りきらないとか
足が上手く上げられないとか
軸足に乗りすぎるとか


質の良くないアンデュオールを続けていると
「なんか変だよ?」な立ち姿になります。

でもそういった指摘をすると大抵
「私は足が上手く開かないから・・」と返答されるけど
その前に、真っすぐ立てるところから始めようね?と伝えるのです。

直すと「重心位置が変わって気持ち悪い」
「力が全く入ってる感覚がしない」と、否定的になられることの方が多い。

でも直した方が、明らかに真っすぐストンと立てているのに
捻じって力みがある方が正解だ、と感じてしまうのも
なんだか不健康な気もします。

どうしてなのかを聞いてみたら
「踊ってる途中でも、自分がアンデュオールできてるかと考えて確認している」と。

・・・・!

踊ってる時まで「アンデュオール」や「重心位置」は確認しないのが自然です。
基礎練習で身体に覚え込ませるから、空間に出た時は練習したことを使って試すもの。
踊っていてもふと我に返り「正しいアンデュオール」とか
「軸足」とか考えるのは、一見正しいようでいて踊りの本質からは外れちゃいます。

その点に気を付けてみることで
きっともっと、あなたの踊りが花開いてくるはず。

クラスレッスンでも指導しますが、より詳しく知りたい方は
個人レッスンにて承ることもできます。

★当日の講師の先生も決まりました!
追ってお知らせします。


当日レッスンのみ参加も可能です。
10:30~12:00/初級 受講料:¥4,000にて

体験レッスン等に関してのご質問やお問い合わせはこちらから
講師依頼等も承ります

バレエブログランキングに参加しています。

ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中