懐かしいCDを使いました

こんにちは。
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。


梅雨寒で、スッキリしない日が続きますね。
木曜のバレエベーシック、実は案外動くクラス。
昨日は久しぶりに、シルヴァン・デュランさんのCDを使い
演奏のパワフルさで、夜だけどスカッとしてもらいました。


シルヴァン・デュランさんは、パリ・オペラ座のピアニスト。
このCDは私が師事していた元パリ・オペラ座のピエール先生がよく使っておられ
音域の広さと指のタッチ、リズム感の素晴らしさに圧倒されました。
(やっぱりパリオペの音楽は、パリオペらしい動きが似合うものじゃの(笑))

その後、パリ・オペラ座の教師のベルトラン氏の「バレエ指導法」を受講した際
レッスンの構造についての説明があり、自分がつまづいていた(苦手な)部分の答え合わせができ、それがきっかけで、音取りに対して臆することがかなり無くなった気がします。

オペラ座の動きって全部が美しいけど、(個人的感想)特にアレグロの動きは格別。
リズム感とプリエの”溜め”が絶妙で、バットゥリー(打ち付ける動き)等は正確だし、足さばきが軽やか。それらは全部、リズム感からなのですよね。


先日、過去にバレエピアニストを経験されていた方のブログを見つけ、興味深く拝読しました。
自分が演奏するのとは違い、裏方としてダンサーの体が上げるための工夫、選曲、弾き方について工夫する必要があり、そのため実はとても難しいものだと書いてありました。

そういえば、”音楽をやっている”方がレッスン受講に来られていた時「音が上手く取れない」とよく言われ。なんでかな?と想像したのですが、もしかすると演奏を聴いてしまい、自分が踊る側として音を捉えてないのかも?と感じました。特にリズム感に、それが感じられたかな。

バレエを踊る=体の使い方、から入ってしまうと、音楽の部分が抜け落ちてしまうことが多いのです。
だから、音をすごく工夫します。
詳しくはレッスンで・・♪

→募集は6/30まで。

『大人のバレエはエレガントに美しく』
2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。

体験、レッスンに関してのご質問やお問い合わせはこちらから。
講師依頼等も承ります。

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ






コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中