「良いもの」の感じ方

こんにちは。バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。
今日から五月ですね。今月もどうぞよろしくお願いいたします。

今日の記事は昨夜Twitterでボソッとつぶやいたことを、少し読みやすくしてみました。

昔から「良いものを見なさいね」と教えられてきたけど
「良いもの」を勧める相手がどんな人なのか、というのはとても大切だと思っています。
”詳しい人”なのか、”その道で精進してきた人”なのか、または広告や宣伝なのか。
(小さい頃は親や先生から、そこから成長するにつれて、自分の周りの人になっていきますよね。)
そして見た後、自分がどんな感想を持つかがとても大事。
勧めてきた人と意見が一致するなら、多分同じ感性同士。

子供の方が素直に感想を言うのは、”相手の意見”に左右されない強さがあるから。
大人になると相手の顔を立てようと、無意識に自分の意見を合わせがちになる。
でもそれをやりすぎると、自分で何が良いのか分からなくなってしまう。
なので本当に感動した時は素直に喜び、大概やなーな場合はテキトーに流すのが良い笑

感性の違いって理屈じゃないので「うわ、これなんやの!?」と言うのは有っていいんです。
私もかつて「知り合いだから」と、その人の作品の良いところを探そうとしたけど
8割ぐらい「?」な部分の方が勝ってしまっていて・・
一生懸命理解しようと思ったけど、(今思うと)やはり無理だった。
(その人を知ってるから、頑張ってるから、と言う心情が働いてしまっていたけど)

本当に良いものだぁと感じた場合、”凝視する”現象が起きるはず。
言葉にならないんですよね。出てくる言葉も「すごい」じゃなくて「うぉぉ」とか。
その感動について自分の中で相応しそうな言葉を探すから
「素晴らしい」とか「綺麗」とか「すごい」が後から出てくる。そんな風に感じます。

今日は勧められた写真展を見てきて、本当に「うわ・・」しか言葉に出ず
だけど作り込まれてない分、とてもダイレクトに響いた訳です。
(作り込まれてない、ということは全てにおいて、計算されているということ)

その後同じ会場で2つの写真展を見たけど、どこか作り込まれてる感が見えて「あぁ…」と思った。
(それはそれ、という見方もあるけどね)
だけどこれは、自分の感性ものさしで見なきゃ分かんない部分。練習と同じなんだなって。


あはは、長い(笑)
お読みいただき、ありがとうございます。
さて今日はGWレッスンです。

2年前にポーラ美術館で鑑賞。ほわわわんとした色合い、何ともいえんです^^



5月に向けての、お知らせ一覧

『大人のバレエはエレガントに美しく』
2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。

体験、レッスンに関してのご質問やお問い合わせはこちらから。
講師依頼等も承ります。

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中