よみがえる「正倉院宝物」展 鑑賞記

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。
こんにちは。


郷里奈良では、毎年秋に「正倉院展」 が開かれています。
正倉院は奈良市東大寺大仏殿の北側に位置する校倉造の建築物。
聖武天皇や光明皇后のゆかりの品々をはじめ、沢山の美術品が収められています。

でもそういった美術品も年数を経ると朽ちていく。そのため「再現模造」によるレプリカが造られたりしています。模造品と言っても極めて精巧にできているのと、当時と同じ材質を使って作られているため、再現する技術が素晴らしい。ものすごく研究されたうえでのことだと思います。



いわゆる「地元民」感覚で観に行ったのに、正倉院展が”廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)”によって始まったもの、と言うのを初めて知る・・・ すいませんでした。不勉強でした。
廃仏毀釈はいわゆる『仏教と神道を切り離す』考えで、特に明治時代、沢山の仏像が壊されたりした訳です。それまでは神社とお寺はお互い守り合ってきたのに、政治的な考えですごいことが起きちゃった時代もあり。

そんなことを想うと、最近の世界情勢やら多様性だ、と言う考え方にも少し違った角度で見れるかもしれません。守るべきものと言うのは何だろうなー、と少し考える時間にもなりました。


『虎屋』の”あわぜんざい” 大変美味しゅうございました。虎屋はあんこの味が格別ですね♡

ぜひ、お時間ある方は行ってみてくださいね。


2000年にスタートした、大人の方向けバレエスタジオ。
”長く・美しくバレエを踊れるための質の良い指導”をコンセプトに
目白と初台でクラスを行っています。「踊れること=語る身体」を目指して。

遠方の方や、スタジオレッスンに来られない時にオンラインレッスン♬
個人レッスンもできます。

バレエブログランキングに参加しています。ポチっと押して応援してください。
いつもお読み頂きありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中