音符や数字(リズム)に、目を向ける

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

12月13日、生演奏で踊らせていただきます。
この記事を書いたあとから
みっこさんがくださった楽譜に目を通すことが増えました。
楽譜って本当に色んなヒントが入ってるなぁ・・と感じます。

踊ること=表現ではあるけど
外れていたら変だよね、なんか違うよね、と言う部分が沢山あるもの。
特にリズムや音の間合いは、動きとズレていたら違和感を覚えます。

昨日は幼稚園バレエの日。
私が到着する頃は、ちょうど子供達がお帰り前の時間で
園内では、いつもお歌が聞こえるのですが
先生の歌声が高音のキーが全くずれてなく、とても綺麗なのです。
「綺麗な歌声♪ しかも全く音程が外れてないってすごいな」
と、いつも思ってるけど
やはり模範となる先生の音程が外れていたら、まずいですよねぇ・・・・

なので、子供にも大人にも「リズム感」や「間合い」については
しつこいぐらい、大切に伝えるようにしています。


そして踊りの背景にあるものは「音楽」。
それには「楽譜」があるように、踊りにも「舞踊譜」と呼ばれるものがあります。
だからずっと、廃れずに残って来れている。


「誰かの感覚」を真似ても、自分とはどうしても異なるもの。
そしたら、音符や数字(リズム)に目を向けてみましょう。
音に合わせるのが楽しい、と感じられるなら、間合いを掴む
動きの違いを観察する・・等など。
それがゆくゆく、自分の感覚と相まって、自然になっていきます。

音符と数字は不変ですから。


私は中高と数学がとても苦手だったため、途中で嫌になっちゃったけど
こういった考え方があるということを、かなり後で知りました。
もっとしっかり勉強しておけばよかった!と、後悔したものです・・・・^^;
これも上達のヒントなのですよね。

個人的に「音に合ってる」ことは
もっと褒められて良い、と思ってます(#^^#)

まず音ありき、だと思うので
動きはそれに(すぐに)かぶせていくものじゃないかな、と。




バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年から開講している、大人の方向けバレエスタジオ。
都内は参宮橋・目白にて、近県の幼稚園では、子供のバレエも行っています。
講師は現在も現役で踊っているバレエダンサー。
基礎を大切にしながらバレエの体の使い方、伸びやかに踊る方法をお伝えしています。

オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内

11月は体験月間!
体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
個人レッスンも承っています。


ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中