『竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス』

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日山種美術館にて
『竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス』を鑑賞。
会期が明日までだったのですー。間に合った!

日本画の良さが最近少しずつ、分かるようになってきました。
色彩の柔らかさ、描かれる線の細やかさ
描かれているものが配置されている”間”の頃合いなど
西洋の絵画とはまた違った趣きがありますね。
描かれている動物や鳥たちなどが、ほんわりとしていたり
時には力強く生き生きとしていたり。

★お写真は山種美術館のインスタグラムからお借りしました。
観たい!と思った方はぜひ、美術館でご鑑賞くださいね。

展示物を飾るショーケースの片隅に目をやると、奥村土牛の言葉を見つけました。

「生き物の生きている感情を出すことは並大抵の困難さではない。生きているように見せようと描くより、描く前に鳥なら鳥、花なら花にしみじみとした愛と絵心を覚えてその気持ちで描いていれば、たとえ稚拙であってもよい味わいのものが出来るのではないか、その気持ちが何より大切なのではないかと思う」

この言葉に出会っただけで、なんだかとても有意義なものに。
大家であればあるほど、ささやかなことを大切にしているんですね。

バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年から開講している、大人の方向けバレエスタジオ。
都内は参宮橋・目白にて、近県の幼稚園では、子供のバレエも行っています。
講師は現在も現役で踊っているバレエダンサー。
基礎を大切にしながらバレエの体の使い方、伸びやかに踊る方法をお伝えしています。

オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内

11月は体験月間!
体験レッスン・新規ご入会のお問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム
個人レッスンも承っています。


ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中