強い脚&綺麗な脚

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。


先日のレッスンでは「足を伸ばす」ことについて
かなり細かくお伝えしました。

「足伸ばして!」「膝伸ばして!」と”指摘”はできても
足のどの部分を、どう使うから⇒結果足が伸びていくの?
を伝える。
ここが一番、肝心かなめ。



強い脚(足)は、土台の”足”から上に伸びていくけれど
脚の付け根から、下に下がっていく、とも言える。
そのため下腹部の意識は
脚を操作するために欠かせない場所。


順番はできても、脚線が綺麗に出せないのは
「バレエ」と言う視点から見たら
致命的なNGになるのと
結果強い脚になれないから
色々な方法論が、巷に出回るんだと思うのだけど

「伸ばす場所さえ知っていたら、大丈夫だからね」

と私は伝えて、そこをレッスン中ずっと意識させるようにします。
その部分を知らずに、伸ばしている脚線と
知ってから伸ばす脚線とでは、見た目も全く変わります。
ただ、意識し続けることが難しく
こればかりは時間をかけていかないと、身につかないのねー。

でも筋肉って「使っていくように変化」しますから
決して諦めないで。



★上の写真は、自前の脚。
昔「X脚って良いわねー」と散々言われたけれど
膝が入ってバランスは取りにくいし
お腹は感じにくいし・・で
相当苦労したのですが
脚の伸ばし方(立ち方から)を、根気よくご教授頂いた先生のお陰で
数十年経った今も、「強くて踊れる」足になれましたよ。



バレエクラスのご案内

Kayano Ballet StudioHP

2000年に開講した大人のバレエクラス。
都内では目白&参宮橋にて、クラスを開講中。
近県の幼稚園では、子供のバレエを指導しています。
バレエで身体づくり、健康、表現をしたい等を叶えてみませんか。

10月のオンラインレッスンと、スタジオレッスンのご案内

オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内

体験レッスン・新規ご入会の
お問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム


ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中