基礎力のつけ方

こんにちは
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

日中は危険な暑さですが
昨日も、無事にクラスができました。
久々のマンツーマンになり、受講生のレベルに合わせ
課題にして欲しいな、と普段から感じていることを盛り込んだ内容にしました。


立ち方(重心の置き方)と、バーの持ち方
足の出し方(どこの筋肉を、どのように使うか)や、伸ばし方
アームスのキープや導線、ポジション
ステップの違いによる、力配分の仕方
足の上げ方  他


これらをバーレッスンで行い
センターレッスンは、ごくシンプルにまとめました。
(残り時間が少なくなってしまったので^^;)
熱心にありがとうございました(*^-^*)




普段から受講生の経験レベルに合わせ、内容を考えてますが
特に他所から移ってこられた方(今は殆どそう言った方ばかり)には
”基本的なこと”を教わってきてるかどうか、を見てます。
(見えてしまう、と言うのもある)


何かを教わる時の心身の状態として
「立った時にリラックスして、すぐ動ける状態にある」ことと、
「目視して覚える力がある」
「注意を聞きながら直せる」かどうか、じゃないかなと。

その状態にたどり着くのも、練習のひとつですし
こればかりは時間が許せる限り、スタジオに通って
身に着けていくしかないと思います。

体を使うことは、自分の知らない身体能力を発見することでもあるけど
ごく初歩的な”伸ばす”と言う動作をとっても
自分の頭の中の想像で行うのと
私の手で誘導するのとでは、全然違うことも沢山あります。
(足の上げ方は、時々補佐してあげることもあります)
大抵の場合「わーーーー、こんな(高さまで上がるなんて!!!)自分じゃできないー」と仰る(笑)

最初のうちは良いんですよ。なんぼでも手伝います。
でもだんだん「私の脚って、ここまで上がるんだ・・」と分かったら
そこに近づけようと頑張るはず。
そういう努力を繰り返すことで、体力、筋力が付いてきて
正しい位置で足を使うための、ポジションやアライメントを覚えていく。
それらをひっくるめて”基礎力が付いてきた状態”と呼びます。


☆クラス指導後、テレビでローザンヌ国際バレエコンクールの放映を見ました。
解説の山本康介さん、中々鋭い指摘されてましたが
「基本を大切にする」故の、アドバイスだなぁと。

ローザンヌに出てくる子達、皆身体能力高いけども
その中でも基礎ができてるかどうかを指摘できる目って、達人レベルですもんね。
でもレッスンは、年齢も経験も区別しないものですし
ちゃんと身に着ける意志で臨んでいれば、それで良いんですよ(#^^#)




レッスンのご案内

2000年に開講した大人のバレエクラス。
都内では目白&参宮橋にて、クラスを開講中。
近県の幼稚園では、子供のバレエを指導しています。
Kayano Ballet StudioHP

現在オンラインレッスンと、スタジオレッスンを併用して行っています。
スタジオでのクラスは、体験レッスン・新規ご入会も可能になりました。
お問い合わせフォーム

個人レッスン、グループレッスン、どちらをご希望の方にも
ご一読ください。
レッスン内容や詳細等を、明記しています。(8/3改訂)
オンラインレッスン・おうちでバレエのご案内

Kayano Kawai  バナーを作成

Facebookもやっています。 お気軽にフォローしてくださいね。
ブログランキングに参加しています。
ポチっと押して、応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ





コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中