お見本(お手本)から学ぶこと

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

先生のお見本(お手本)から学ぶことは
毎回沢山あると思います。

視覚は情報の9割を占めてるため
「見ることで覚える」は大切。

だけど、結構人は
”その人の癖まで真似る”ことが多い。

あ、これはきっと癖なんだろうな、とか
判断してないんだろうと思う。

素直って怖い・・と言うことでも
もっと自分で考えなきゃ、でもなく

「これは癖なのか」
「これは何かを行うための方法なのか」を
ちょっと冷静に判断できるようになると
本当の意味で基本に則った、美しい動きができるようになります。

分かりやすく言うと
ピルエットの前に行うアームスや
ポール・ド・ブラでの指先や導線
首の角度や頭のつけ方など
「ちょっとしたところ」ではあるけど

勢いや自分の習慣で見せちゃう先生も
中には居ない訳ではなく
それって、実は「正しく見せられてない」になるなぁって。

体を使って見せるものだから
完璧なものは無いけれど
基本的なことが、やっぱり一番美しいし
テクニックも、しっかり身につくんですよね。

 

★★★

体験レッスンや個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

プライベートレッスンを活用しましょう
バレエのレッスンで疑問に思うこと、わからないこと
知らなかったことの解決、
長期お休みされてた方の再開の第一歩に。
バレエが全く初めての方の、最初の手始めに。
★お子様にも対応しています。

2月の予定を更新。
お値段も少し改定しました。

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。

KayanoBalletStudioのご案内

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中