感動って・・・のツレヅレ

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

バレエを観るとき、踊ってるダンサーの身体や動きに目が行き
お芝居を観るときは、役者さんの声や演技に魅入られ
音楽を聴くときは、素晴らしい旋律やハーモニーに酔い
絵画を観るときは、描かれたものに圧倒され
展覧会では、クリエーターが精魂込めたモノたちや
古い時代のものにおいては、それらが持つ歴史観に圧倒され

今まではそれが”感動”だと思ってた。
確かに間違いではない。

だけどどうーも以前から、感動の内容が変わってきて
それぞれの”全体図”を捉えたうえで
良いも悪いも”自分の感覚”を信じるようにしてる。

バレエでいうと
どうしても、一つを秀でようとしたり
改善させようとして、頑張ってしまう。

ターンアウト、開いて、もっと使って!
という注意が飛ぶため
自分の全体を見る余裕が、つい持てなくなりがち。

そういうことを、何年も積み重ねちゃうから
結局、心の奥底で嫌になり
違う方面に方向転換したり
ちょっとおかしな方向に、心が取り込まれたりすることも。

例えば
音楽に関わる方から
「あなたは音楽に対して、敏感だよね」と言われると
とっても嬉しい(⋈◍>◡<◍)。✧♡

役者さんから
「あなたの立ち姿と存在感は
長年バレエで培ってきたものですね」
と言われると、そりゃ嬉しい。
(バレエ歴42年になりましたよ)

バレエの方から
「条件の良い脚されてて、羨ましい」と言われると
そうですかー、どうもーありがとー、と思う。

だけど、だけど、だけどね

他者から見て「良いですね」と言われる場所は
本来何かしら自分でも気に入ってたり
昔から好きだったり、興味があったりした部分。

だから、生徒さんを教えるとき、大人でも子供でも
とても小さなことでも、誉めるようにしてる。

そして大人の場合は特に
今まで教わってこなかった、言われたことがなかった
ということを、少しでも減らすことで
「本来、そういうもんじゃないの?」という面に
気づいてもらえたらと思っています。

誉められる経験を沢山持ってる人って
やっぱり目が肥えてる気がする。

Photo by Akira Nagashima

 

★★★

体験レッスンや個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

プライベートレッスンを活用しましょう
自分自身の身体の癖、動きのパターンの癖など
見直し、改善への早道になるメリットがいっぱいです。
※1月のレッスン可能日を載せています。

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。

KayanoBalletStudioのご案内

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中