振付をする時に想う、ツレヅレ

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日から、アラビアの振付に入りました。
前日は花のワルツ、そして昨日はアラビア
その他既に創ってる最中のもあり
頭の中は一気に創作モード。

今は12月、胡桃割り人形が
あちこちで上演されてますが
元々”お菓子の国”とされていたのが
国、と言うカテゴリで表わされるようになったのには
ソ連と言う国が有った当時、バレエをある種の
プロバガンダと活用していた頃の名残りがあるとか。
ふむふむ・・・・

ただ、昨日振付リハーサルをしながら感じたのは
”コーヒー”を”アラビア”としたのも
オスマン・トルコから一旦はヨーロッパに渡り
そこから広まったことを考えると
イスラム社会の、水タバコの煙も想像したのかな?と
勝手に思いました。
(私は吸ったことはないけど^^)

RARE. Stunning Asian PRINCESS And Bird. by DandDDigitalDelights

※画像はお借りしました。
こんなイメージ?(水タバコはくわえてなかったけど・・)

 

私の振付を踊って下さる方は
私の印象を、とても純クラシック(非常に古典的)だと思っていたのに
結構くねくね、そして少しエロい(!)振りに
「違う一面を見た・・・」と仰ってました 笑笑

バレエは、チュチュ、と言われる衣装を着ますが
見に纏うボディのルーツはコルセット。
そのコルセットのような衣装を脱ぎ捨てて踊ったのが
”イサドラ・ダンカン”
モダンダンスの創始者と言われてる方。

昔は「どっちか」しか、無かったんでしょうね。
なので一旦分かれてから、また交じり合うのに
100年位かかってるんだなぁ。

作品ひとつにしても、色々な思惑や意味が
辿ってきた道にはありますね。
そういったことも追々、伝えられたらと思っています。

★★★

体験レッスンや個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

★12月限定★
入会金¥1,000オフ!キャンペーン中。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

プライベートレッスンを活用しましょう
自分自身の身体の癖、動きのパターンの癖など
見直し、改善への早道になるメリットがいっぱいです。
※12月のレッスン可能日、少し改訂しました。

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。

KayanoBalletStudioのご案内

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中