素敵に見えるようになるためのヒント、のツレヅレ

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

今日は久々に、バレエウェアのネタです。

先日「欲しい欲しい!」と呟いていたら
バレエウェアが届きました。

送り主は彼さんでした。
審美眼を活かした仕事をされているので
素敵か否かを、一瞬で見分けてしまいます。

私とネットでチャットをしていた時に
見つけたそうですよ。
長くバレエをしていますが、
男性からレオタードを頂いたのは初めてです(照)

こちらを自分が受けたレッスンでお披露目したところ
先日古希になられた先生が、「あら!」と言う目でご覧になり
そこから普段の3倍、指導いただきました(笑)
先生もかなり審美眼高い方で、美しいものが大好き。
このウェアは、着ている側は緊張感が要るけど
しっかり見てもらえるウェアですわ(笑)

教える側からすると
いつも見ている人が、身綺麗にしてくると
無条件に嬉しく感じるものです。
なので、私もできるだけ身体のラインを出して教えてますね。
お互いを見合うと言うか、ね。

.

バレエのレッスンでは、なぜレオタードを着るのでしょう?
それは、身体のラインを意識して
そして自分の発見を高めて行くからじゃないかな、と思っています。
だから、身体が絞れて行く。
個人的には、シンプルが一番好き。

バレエのウェアは、最初中々敷居が高いし
またある種「特別な目」で見られたりもする。
ごくごく一般的な男性の価値観からだと
「いやらしい」捉え方をする人が居るのも事実。
(※ちなみに、「いやらしい」と「エロ」は
全くの別物ですぞ!)
私自身は、これだけ魅力的なものも
そうそう無いと思ってる。バレエをレッスンしているのにも関わらず
レオタード着てない、と言う方は
ぜひ着てほしいです。

 

可愛いもの、居心地が良いものに囲まれていると
それはそれで、良いのだけど
自分が良い!と思ったものと
相手が良い!と思ったものは
一致する時もあるけれど、時には違うこともありますよね。

そう言う場合、目が肥えてると感じる側に
合わせてみる方が良いことも、ある。

そしてその方が、意外と良かったりする。
それは、相手を見てくれている証拠。

★ご入会された方には、シューズやウェアを
選ぶ時の同行サービスも行っています。
上手く選べない…と言う方は、一度ご相談くださいね。

 

*************************************************

 

年齢問わず、バレエが上達したい人を応援しています。
★スタジオ受講生募集中★

★【初心者さん歓迎のバレエベーシックコース】
毎週木曜日。バレエ未経験の方から、基礎を見直したい方まで。
基本のキ、見直しましょう。

★バレエ作品から表現を学ぼう、のクラス
9月の日曜日に行っています。
ジゼル月間!ジゼルのアンシェヌマンから
ところどころ抜粋して行っています。
(作品を練習するクラスではありませんので、取っ掛かりやすいです)

体験レッスン、個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。

Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中