視野を広く持ってみてね

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

バレエが大好きだからこそ
真剣にレッスンに取り組む姿勢は
見ていて、とても素敵です。

意識が行ってる箇所を冷静に自分で判断しつつ
行えるようになれたら
「以前よりも上達した証拠」だと思います。

多分大抵の人は
「お腹を引き上げなきゃ!」と思いながら
プリエをしたり、タンデュをしたりしてますね。

だけど、
お腹が引きあがれば、全て解決かと言うと
そう言う訳ではないですよね。

お腹を意識しすぎて、反対に
お腹が固まってる人が多いです。

これは、他のスタジオでレッスンされてて
私の所にクラスを受けに来てくださることで
私が気づき、指摘させていただくのだけど

アームスへの意識
顔の付け方、音の取り方、表情、目線
エネルギーの出し方、佇まいの作り方など

バレエやってきてたら、少しは身に付いててもいいはずなのに?
と言うことが、全く見えないことも。

お話を聞くと、普段は
「お腹が引きあがってない」
と言う注意しか、されないそうで。

アームスへの意識、つま先の伸ばし方
顔の付け方、音の取り方、表情、目線
エネルギーの出し方、佇まいの作り方
これらは、お腹が引きあがってから
次にやるべきことなのでしょうか?

違うよね。
全く別物なはず。

注意を受けるのは、出来てないから、と言うこともあるけれど
逆の見方をすると
先生はそこしか見てないんだ、と言うこと。
それってちょっと悲しくない?
他にもやれてる箇所は、きっとあるはずなのに
気になった部分しか、指摘されないなんて。

私自身、過去にこれと似た事が沢山あり
でもそれが悔しくて、色々な先生に教わりに行きました。
視野が広いなぁと感じる人に出会った時は、とっても嬉しかったです。

なので、できるだけ私も広く視野をもって
指導させて頂いています。
昨日の「バレエ作品から表現を学ぼう」も
バーレッスンの際から、ヒント盛り盛り。
皆さん、最初は戸惑ってるけど
終った後、いつも解放感を感じるそうです。

1つが出来てから次へ行く、と言う考えだと
膨大な時間がかかり、目標には辿りつかない。

出来てないと言う見方をするよりも
まだ気づいてないね、と言う見方をしています。
なので”注意”ではなく”気づきを与える”。

ぜひ”気づき”に来てください。

**********************************************

年齢問わず、バレエが上達したい人を応援しています。
★スタジオ受講生募集中★

★【初心者さん歓迎のバレエベーシックコース】
毎週木曜日。バレエ未経験の方から、基礎を見直したい方まで。
基本のキ、見直しましょう。

★バレエ作品から表現を学ぼう、のクラス
9月の日曜日に行っています。
普段のレッスンと、バレエ作品がより近づくための
ヒントが満載です。

体験レッスン、個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。

Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中