感情の表現を身体で行うことの、ツレヅレ

KayanoBalletStudio主宰
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

常々、人は皆表現者だなぁと思っていますが
成長するにつれて、言葉を通して相手に意思表示します。

言葉はすごく便利なもの。
だけど、言葉がまだそこまで堪能じゃない
小さなお子さんの場合、話しかけながら
自然とボディランゲージが大きくなる。

今私をガッツリ鍛えてくれてるのが
親子連れバレエクラスの赤ちゃんです♡

すごい至近距離にママがいるのに(いるのに!)
ちょっとでも自分から意識が離れてる~!と感じると、ギャン泣き(^^;
最初にこにこしてるのに・・・(笑)
ママもアクティブな方なので、レッスンしたいため
2人であの手この手を思考錯誤している90分・・

そのため、赤ちゃんにも社会性を持って欲しいので
一緒にレッスンしてくれる方を、募集中でございます☆
.

「嫌!」と言う気持ちを伝えられないから、泣く。
もちろん甘えてる部分もあると思うんだけど・・・
身体からのサインを感じ取る意味では
「泣く」と言うのは、とても沢山汲み取れるものがあるようにも思う。

でも現実的に、泣き声はものすごいパワーだから
ずっと接してると大人だって疲れますし、そして慣れる。
泣かなくなる、と言うのは、子供なりに諦めが分ってくるか
「嫌」が解消されるかの、どちらかなんだろうな。

バレエのクラスレッスンの時に
毎回感情を入れる必要は、ありません。
むしろ、自分の感情をコントロールして
無の境地で、穏やかな心になれるのが理想。

だけど「表現をしようね」となった時
色々な感情の表し方を、その場で行う訳でして

怒る、笑う、悲しむ、慈しむ、愛でる・・・などなど
様々な感情がありますが、それを身体で表わす時
私達は”照れ”が先にきてしまい
恥ずかしくて出来ない、と言うことがよくあります。

こういうのは、技術よりも
心のセンサーを、身体に表す練習を繰り返す。
そういうワークも、大切だと感じます。

クラスレッスンで、感情の表し方をステップで表わす、と言うのも
行っています。ちょっと演劇的で楽しいですよ♪
幅をもたせたい方、受けにきてくださいね。

Photo by Kiyonori Hasegawa

*****************************************************************

バレエが上達したい人を応援しています!

★5月から【バレエベーシックコース】始まりました。
体験レッスンできます。
月謝制クラスですが、チケットでの受講も可。
基礎の見直しをじっくり。基礎は範囲がとっても広いです。

7月中、土曜日10:30~11:30 セルフケアエクササイズ
11:30~13:00バレエクラス 連続受講で体験される場合
通常¥5,500のところを¥5,000にて受けられます。
体験日ご入会の方は、入会金から体験料を差し引かせていただいています。

.
★7/21(日)ポワント見直しレッスン行います。
13:00~15:00 ※要予約個人レッスンのご案内

体験レッスン、個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

大人のバレエはエレガントに美しく。
幾つになっても踊り続けたい、と言う気持ちを大切に


Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中