バレエ用品ツレヅレ ~バレエシューズと足~

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

バレエ用品について、ツレヅレ思うこと。
子供たちを教えるようになってから
バレエシューズは本当に消耗品で
サイズが小さくなったら
すぐ変えてあげないといけないな、と感じます。
成長していますからね(笑)

バレエシューズを選ぶ時、通常の靴のサイズから
1㎝大き目が目安と言われていますが
特に小さいお子さんの靴は
足の甲をマジックテープで留めるタイプの、スニーカーが主流。
紐で結ぶような靴と違って、どこかに”余り”がある靴を
普段履いてると思うのです。
(足の甲がしっかりある子なら、ピッタリしてるけど)

足の甲の部分に”余り”があると
無意識に足指は、ぎゅっと縮まろうとする。
そうすると、お子さんの足のサイズは
親御さんからみると、小さく感じるかもしれません。
特に、年少さんや年中さんぐらいだと
指がまるまっていても、気を付けていてあげないと気づきにくいです。

だけどバレエシューズは、シューズの中で
足指をグーチョキパーのように動かしますし
ルルベ(足指)で立ったりすることで
すると今まで縮みがちだった足指が伸び、
本来の大きさになろうとする。
特に中指、薬指、小指の感覚は、レッスンを通じて
育まれることが多いです。

靴のサイズを伝えられて1㎝大き目を選んでも
「え?ピッタリすぎる!」と言う例が、結構ありました。
普通なら少し余裕があるはずなんだけど。

それは靴のサイズが間違ってるのではなく
普段履いてる靴の、甲の部分が合ってないため
大き目の靴を履いてしまってる可能性があります。

足の甲に”余り”があるようだったら
インソールで調整してあげてくださいね。

足は身体の土台を作ります。
大切に育んであげましょう♪

大人の方の場合、バレエシューズは足元を綺麗に保つために
何足か持っておくと良いかも。
スタジオの床が汚れていると、シューズも汚れがちになるので。
綺麗なシューズでレッスンしてる方は
ステキだなと思います^^

 

綺麗なシューズで、美しく足を動せること。
足指を滑らかに使うこと。
力、入ってしまっていませんか?
正しく足指裏を使いながら、バレエのレッスンを行うための方法
丁寧にお伝えしています。

体験レッスンのお問い合わせ、お申し込みはこちらから

********************************************

大人のバレエはエレガントに美しく。
踊ることで、心と身体を調和させましょう。

大人のバレエはエレガントに美しく。
バレエで美しくなる、楽しくバレエが上達する方法をお伝えしています。
Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中