バレエで美しくなる方法~ 与える、手放す。

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日スタジオ生さんに、ウサギのコートを差し上げました。
私が30代の頃に買ったもので、当時は気に入ってよく着ていたのだけど
このところさっぱり出番が無く、お家で留守番状態でした。

生徒さんは今20代後半。
実際コートを目の前にしたら、ビックリして
「私に・・・!!!???」と言ってたけど
「活用します!」と、嬉しそうに受け取ってくれました。

自分で言うのもおこがましいですが
ワタクシ物持ちが、とっても良いんです。
年数が経ったものでも、新しく見えるらしく
手入れが良いんですね、と言われる。
(そ、そうなんかなーー・・・自分では分からない)

ウサギのコート、15年は経ってるのにかなり状態は良い。
だけど売りに出そうとは思えなくて。
何年もずっと出番が無いのは勿体なく
今度は誰かにお願いすればいいんだ、と思ったのです。

1つ考えたのは”寄付”
仲介に入るところを色々調べました。
だけど何となく、暑い国に持って行かれる気がしましてね。
暑い国に毛皮???それは・・・無駄になってしまうな、と。

住んでる区で、リサイクルとして回収してもらうか・・・も考えた。
だけどまだ着れるものは、リサイクルじゃ勿体ない。
案外こういうのも、むずかしいよね(笑)

そしたら「あ、〇〇ちゃんに聞いてみよう!」となったわけで笑

昔はよくこう言われたのです。
「え、自分で折角買ったのに、誰かにあげるの?勿体ない!」

そういうもんなのかな・・・(かなり正論に聞こえるし)と思い
それで、着なくなっても家に溜まる、と言う状態が発生していたわけです。
今思うと、その考えはとってもケチ!!!!!!(笑)
自分ではもう・・・と思えば、与えれば良いわけです。

知識やノウハウもそうで、普段から沢山与えてるほうだと思う。
それは、私が沢山受け取って来たから。

だけど時々感じることで、受け取る側によっては
受け取るだけで、その後活用しきれていないケースや
便利な存在としてだけ見てるな、と気づく時があります。
そうすると、その相手をケチだなぁ、と見ちゃう(笑)

感謝は受け取る時だけに発生するものじゃなくて
与えた時にも、発生するものなんだと思う。

********

今日のスケジュール

今日の1DayWSは、先週に引き続きお尻の使い方について。
お尻の使い方=エネルギーの通り方になります。

新宿御苑前スタジオ/ 13:00~15:00
ビジターの方¥3500

そして夕方からは「バレエなお茶会」
16:00~スタート。

普段こんなことで悩みがある、こうなってみたい、等を
ディスカッションする形で行います。

明治神宮前から直ぐのカフェにて。
場所は参加される方にお知らせしています。
当日参加も歓迎です。
参加費¥3000 飲み物代は各自負担。
どちらもお気軽にお問い合わせくださいね。>>>こちらから

 

出演者募集、一緒に踊りませんか?詳細お問い合わせください。
こちらは1月末で、いったん締め切らせていただきます。

バレエシューズでの作品ですが、ポワント履ける方も
中に一緒に混じってもらっても良いかも?
こちらもお問い合わせ、お待ちしています。

***************************************************

現在レッスン生を募集中です。
体験レッスンは随時可能。詳しくは下記HPからお問い合わせください。
個人レッスンも受付けております。

大人のバレエはエレガントに美しく。
バレエで美しくなる方法、バレエの上達法をお伝えしています。
Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中