バレリーナの昔々。マチルダ禁断の恋ツレヅレ

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

「マチルダ、禁断の恋」を観てきました。
バレエを、ただ美しいもの、楽しいもの、と捉えてる人にとっては
こんな現実が過去に有ったんだ、と言う視点を養えるかも(?)しれません。

バレリーナは身分が低い
バレリーナには、パトロンがいる

そんな時代がありました。

身分の差は、当時は抗えないもので
人の命は、権力のあるものが采配してると言うのかな。

そういった当時の時代背景を思い浮かべつつ、見ていました。

でもいつの時代でも、踊り手って魅力的な存在なのですね♡

ネタバレになるので、余り書けないけれども^^;
実際にマリインスキー劇場での撮影が行われたそうで
装置などは、極めて重厚でゴージャスです。

今のように、軽くて踊りやすい!ではなく
重たいだろうにな、だけどこの衣装で踊るのね・・と感じたり
ライバル同士の争い、これがどうしても少女漫画的で
実際に有ったとも言われているので、何ともなぁ・・ではありますが
そう言った事を踏まえつつ見るのも、良いのかなと。

個人的に感じたのは
マチルダ・クシェシンスカヤさんは、世界的プリマだったそうで
その描き方が、もうちょっと有ってもなぁ・・・でした。
なので何も知らずにポーンと見ると
皇太子との色恋沙汰、だけにしか見えないかもしれない。
そして「怖いよう・・」と感じるシーンが多く
怖いのが苦手な私なので、最後まで観れるか少し心配になったり。
(なんとか見れましたけど)

昨日から公開なので、観たいなーと思った方はぜひ。

ちなみに、古い映画ですが
”哀愁”があります。

こちらも踊り子(バレリーナ)と大佐との悲恋を描いていますが
中学生の頃感動して、何度も観た経験があります。
バレリーナを題材にする場合、しかも歴史的なものを描くなら
良い意味での古さが欲しいなって(心のどこかで)思う私でした。

それは心の捉え方であったり
社会的風習から来る生活感だったり
そこなのかなぁ・・・。

そう思うと、今の日本でバレエが出来てるのは
なんて幸せなことなんだろうか、です。

 

12/16「デコルテオイルマッサージと、バレエレッスン」
ぜひ受けにきてくださいね。只今受付中です。

 

*****************

都内では大人のバレエクラスを18年
近県の幼稚園にて、子供のバレエクラスを開講中
Kayano Ballet Studioのご案内はこちらから

 

改善したいところを見つけ、
更に動き方をシンプルに滑らかになりたい方には
個人レッスンも行っています。
個人レッスン専用お問い合わせフォーム>>>

お気軽にお問い合わせください。
時間等応相談可能です。

 

★バレエで美しくなる方法でレッスン★

「楽しく」と一緒に身体のより良い使い方、フィジカル面の可能性を
存分に引き出す方法を取っています。
身体の声を聞きながら、更に出来るようになっていく。
基礎が身に付き、過去の癖が取れて行く。
そんなバレエを楽しんで下さい!

初心者の方から経験のある方まで、ぜひお待ちしています!

Kayano Ballet Studio HP


Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中