感じたことを言葉にしてみると、今日はこんな記事

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

 

芸術の秋ですね。
先日姉が上京していたのは、上野東京都美術館で行われている
”日本表現派展”に、絵を出品していたため。
同人なんとか、と言うのにも選ばれていました。

芸術に幼いころから携わる、というのは
たぶん、空間を捉えるのが、小さい頃から上手なのかも?しれません。
見て真似て描くことに長けてるとか
想像したことを、形に表すのが得意とか。

けれど、大抵の場合(私の個人的見解)
言葉で気持ちを表すのが、下手なことが多いです^^;
そして思いっきり、マイペースであることも。
先日もどれだけ振り回されたか・・・・^^;

けれど言葉で表す代わりに
感性で表現できるとしたら、それはそれで素晴らしい。
踊りも然り。

私がブログを延々と書いてるのは
言葉で表す練習を、ずっと繰り返してるのかも。

多くを相手に求めちゃいけないのかもなぁ・・・と
姉個人を見て「うーむ・・」と思うことは沢山あるけれど
幼いころから、姉が描く絵はとても好きだったから。

美術館のすぐそばが上野動物園!
何十年ぶり??
シャンシャンは長蛇の列で諦め
その他の動物達を眺めていました。

動物園って、なんか特殊な空間だなぁ。
本来この子達は、自分が生まれ育った場所で営みをしてるはず。
けれど、こうやって一か所に集められて、大勢の人から見られる。
ストレスあるだろうなぁ・・・とか、ちょっと考えてしまいました。

なぜ、クマだけ写真撮ったかと言うと
「わ、熊よ~、こんなのに山で出会ったら、怖いわよねぇ」
そういう声ばかり。
確かにそうなんだけど・・
けれど、熊も生きてるし・・

不忍池にいる白鳥と幼鳥。
みにくいあひるの子、を想いました。

幼い頃読んだものは、大人になると分かるけど
教訓が沢山詰まってますね。
毎日の生活に追われて、余り気にかけてなかったけど
ふとそう言った事を、思いだした時間でした。

今日も佳き日でありますように。

 

***********************
大好きなバレエに、より向き合う時間にしてみませんか。

個人レッスン専用お問い合わせフォーム>>>

お気軽にお問い合わせください。
時間等応相談可能。

通常のバレエクラスはこちらから

★バレエで美しくなる方法でレッスン★

「楽しく」と一緒に身体のより良い使い方、フィジカル面の可能性を
存分に引き出す方法を取っています。
身体の声を聞きながら、更に出来るようになっていく。
基礎が身に付き、過去の癖が取れて行く。
そんなバレエを楽しんで下さい!

初心者の方から経験のある方まで、ぜひウェルカム!

Kayano Ballet Studio HP


Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中