立ち方、基本のキ

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

 

先日作ったお手製ハート。
大人のクラスと、子供のクラスで使ってみました。


ひとつは足を1番ポジションにした時、おおよそ100度ぐらい
(初心者さんや小さいお子さんにさせる角度)
もうひとつは、150度ぐらい開くもの。

バレエはなぜ、このポジションに立つかと言うと
「心も体も、外向きにオープンにするため」です。

小さい子供達がバレエのポジションを学ぶ時
まだ外旋させると言う概念や筋力が弱いため、
身体が覚えるまで根気よく根気よく伝えて行く必要があります。

大人の方の場合、体重によって関節への圧が強くて
一見開いてるけど、体重が腰に乗ってることが多いです。

これは沢山外股(がにまた)にすればいい、と言うものではなく
ポジションに立った時、ストンと力が抜けて立てるようになるまで練習します。
その際もじもじしたり、ずっと立ち続けられなかったり、
重心が片側に偏ったりしないよう、心も体も整えていかなくてはなりません。

力まないで立つ、は実は案外難しい。
動ける人でも、案外体のどこかに力が入って立っています。

眉間や口元をギュッと閉めたり
目に力が入ったり
首筋に力みが見えたり
肩周りに力みが見えたり
指先に不要な力が入ったり
膝をギュッと閉めたり
お尻に力が入ったり などなど

バレエは姿勢が良くなるからと、姿勢面がクローズアップされるけど
何よりも「立ち方」を見る私です。

だけど、なによりも立ち方を直すのは、日常生活から。

立ち方が変わると、姿勢や体の内面が変わります。
何より、顔つきが美しくなります。
(柔らかくなる、と言った方がいいかな?)

 

***********************
大好きなバレエに、より向き合う時間にしてみませんか。

個人レッスン専用お問い合わせフォーム>>>

まずはご相談できますので、お気軽にお問い合わせください。
時間等応相談可能。

通常のバレエクラスはこちらから

★バレエで美しくなる方法でレッスン★

「楽しく」と一緒に身体のより良い使い方、フィジカル面の可能性を
存分に引き出す方法を取っています。
身体の声を聞きながら、更に出来るようになっていく。
基礎が身に付き、過去の癖が取れて行く。
そんなバレエを楽しんで下さい!

初心者の方から経験のある方まで、ぜひウェルカム!

Kayano Ballet Studio HP


Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中