芸術って何だろうなぁ、と言うツレヅレ

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

 

芸術って何だろうなぁと、長年携わっていて思いますが
形になっていないものを、形に表そうとする努力が、
ベースになっているんじゃないかな。

なぜ昔の人達の踊りや音楽が、
今も残っていて、現代の私たちがそれを練習するの?
と考えた時

”想像力”と言うものが、今よりも思い切り駆使していて
そして、紙とペンによって残されてるもの
口伝えで残ってるもの、があって

それらが受け取る側の責任感や、甚大な努力によって残されてて
それを何となく感じ取り、有難く感じるのかな・と。

ピアノを習っていた時
「アルプスの鐘」と言う曲を弾いたことがありました。
(当時12歳)

子供ながらに、アルプス→スイス→ハイジを連想
鐘→(テレビの名曲アルバム等で、こんな感じなんだーと連想)
そして肝心の曲は、とっても難しいと感じていました。

個人的にはもっと想像力を掻き立てる
何らかのレクチャが、先生からもっと欲しかったのかもしれない。
(結局ピアノは、その曲を最後に辞めちゃったので)

弾きこんで指のタッチが滑らかになっても
自分がどう弾いてるかが、客観的に掴めなかったのが
ピアノを辞めちゃった理由のような、気がします。
両親は上手に弾いてるよ、と言ってくれていたんだけど
それだけじゃわかんない・・・と言う、気持ちが有ったのですよね。
(当時は、自分の気持ちを上手く説明できない。
もういい、とか嫌になった、ぐらいしかボキャブラリーが無かった)

芸術が好きな子は、
妙に大人っぽい部分と(早熟さん)
自分を見てもらいたい、と言う気持ちが
人よりも、強いような気がします。
自分から生み出す「何か」を、大人に見てもらって
それを認めてもらいたい気持ちが強い気がする。(けっしてゴリ押しじゃなく)
だから難しい曲が弾けたり、
子供なのに大人っぽい踊りが出来ちゃったりするんでしょうね。

子供達に文化を!と思うのであれば
子供達が発信するセンスを大人がキャッチして
(上から目線じゃなく)伸ばしてあげる環境やヒントが必要な気がします。

それは教える先生達だけじゃなく
世の中全体がそうなることが、求められて行きますね。きっと。
大人が大人の知識を持っていないと、それは難しい。

だから大人も子供も、伝え方は違えど
同じ目線で、接するようにしてる私です。


photo by Akira Nagashima

 

 

 

*************************

夏の個人レッスン特別コースのご案内です。
7,8,9月限定。
詳細はこちらをご覧ください。

個人レッスン専用お問い合わせフォーム>>>
単発で受けてみたい、と言う方は
ご相談できますので、お気軽にお問い合わせください。

 

その他通常レッスンについては↓↓をご覧ください。

★バレエで美しくなる方法でレッスン★

「楽しく」と一緒に身体のより良い使い方、フィジカル面の可能性を
存分に引き出す方法を取っています。
身体の声を聞きながら、更に出来るようになっていく。
基礎が身に付き、過去の癖が取れて行く。
そんなバレエを楽しんで下さい!

初心者の方から経験のある方まで、ぜひウェルカム!

Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中