バレエとピアノは、相思相愛^^

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野

「あなたは、何のためにレッスン続けてるんですか?」と聞かれたら

私は時々
「ステキなピアノの演奏と一緒に踊りたいから」って答えます。

田町にあるアーキタンツで
現在モナコのモンテカルロバレエ団と
プリンセスグレースバレエアカデミーでチーフピアニストを務める

Massimiliano Greco

のピアノ演奏で、2年ぶりにレッスン受けてきて思ったこと。

もう、素晴らし過ぎるピアノ!
動ける動ける~♪
彼はエネルギー、ギブギブギブな人なんだなと感じます。

センターレッスン、普通は右2回、左2回行うのが
マエストロ、どんどん次々に弾いて下さるので
右3回、左3回、アダジオから殆ど動けちゃった!

音の煌めきや粒が降ってきてるみたいで
それが肌から入ってくるんです。耳だけじゃなく。

マエストロの身体から音のエネルギーが湧いていて
ピアノ1台なのに、2台、または連弾で弾いてるようにも聞こえる。
エコーの使い方に秘訣があるのかな。
音譜がいっぱいで、リズムはしっかりしているのに
メロディはふくよか。
音域の膨らみの幅がとっても広いんです。

写真は2年前のです^^

 

子供の頃のバレエ教室、10年間同じレッスン曲でのお稽古で
それが嫌で仕方が無かった。
楽しくないんだもん。
でも当時としては、致し方なかったこと。

上京してから、スタジオのプリマの先生から
レッスンで使ったCDをお借りしてMDに録音し
ずっとずっと聴いてましたよ♪
当時(私の中で)ピアノの生演奏でのレッスンは憧れそのもの。

 

バレエスタジオを始めた頃は、良い音源を探し求め
視聴ブースにしょっちゅう入り浸り
レッスンCDを買い求めました。

「ステキなピアノの演奏と一緒に踊りたいから」

自分が聴くのも、クラスに来てくれる人にも
良い音楽を聞かせてあげたい。

けれど動きに捉われると、音が二の次になるクラス事情・・
なんだか勿体ないなあと、思うことが多々。

 

バレエは、音に合わせて踊りを楽しむもの。
音をよ~く聴いて、タイミングの間合いやリズムを掴めると
テクニックが少しずつ、向上できる。
そして体も開いてゆく。
身体が開くのは、心がほどけて行くから、なんです。
それはCDでも同じ。

音の掴み方や間合い、しっかり伝えますので
あなたも音に合わせて踊れるようになりますよ♪

*****************

夏の個人レッスン特別コースのご案内です。
7,8,9月限定。内容についてはご相談に応じます。
詳細はこちらをご覧ください。

個人レッスン専用お問い合わせフォーム>>>
単発からもお引き受けできますので、お気軽にお問い合わせください。

その他通常レッスンについては↓↓をご覧ください。

★バレエで美しくなる方法でレッスン★

「楽しく」と一緒に身体のより良い使い方、フィジカル面の可能性を
存分に引き出す方法を取っています。
身体の声を聞きながら、更に出来るようになっていく。
基礎が身に付き、過去の癖が取れて行く。
そんなバレエを楽しんで下さい!

初心者の方から経験のある方まで、ぜひウェルカム!

Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中