「バレエと恋愛」についてのツレヅレ

バレエ教師兼ダンサーの、河合かや野です。

昨日は夏至でしたね。
梅雨時の晴れ間は、とっても得をした気持ちでした^^

さてさて
これは「書こうかな?」
「どうしようかな?」と
ずっと温めてきたことなんですが
「バレエと恋愛」について、ざっくりと。

先日受けたセミナーの質問に出ていたこと
「選手の恋愛を、許可するべきかどうか」
(※アスリートのための、と言うセミナーだったため
選手対相手、と言う意味で書きます)

その時の先生のお返事は
「スポーツ選手である前に、1人の人間なのだから」
と仰る言葉から始まりました。

質問者さんが問われてる選手の年齢が、20歳前後だったため
伸び盛りでもあるし、けれど恋愛したい年齢でもある。
指導者からみても、確かに悩まれるかも。
これをね、バレエに置き換えてみても
ある意味同じ事が言えるんじゃないかなと、感じた次第です。

古典バレエ作品は、殆どが恋愛話。
惚れた腫れたじゃないけど、心の機微
(表面だけでは知ることのできない、
微妙なおもむきや、ことがら)
を表現できるようになるためには、現実的に恋愛を通し
経験してみないと表せないことも沢山あります。

恋愛と言うと、いつも相手と一緒に居たくなるし
どこかに出掛けたりしたくなる。
確かにそれはすごくとっても楽しいけれど
お互いを高め合えることに意味がある
と思います。

男性側の意見では、
バレリーナやバレエの先生、またはバレエを踊る女性と
知り合う機会はまず殆ど無いと言います。
公演を観るファンならいざ知らず
ごくごく一般的に、まず知り合わないよーって。

知り合わない、と言う点から見ると
「バレエに没頭しすぎて、出会う機会を失ってる」と言えるかもしれない。
せっかく素晴らしい芸術に関わっているのに。
現実的に、狭い世界に居ると
出会わないんですよね。

私を例に出すと、私の彼さんは
私の芸の幅を、広げようとしてくれてる
かなりかなり希有な存在の人です^^
実は今まで、そういう方に巡り合ったことが殆ど無く
「バレエをしている私の事を珍しがったり
または興味は示すものの、そこでお終い」な人とばかり
縁が有ったような。。

女性は自分のことを相手に知ってもらうことで
承認欲求を満たせる部分を、持っています。
けれど私の好きなことに興味を示さないなんて!と
虚しくなったりする前に
相手と自分との感性の違いを見て
今後の展開を想定したりとか
そういう見方も有ったなぁと、今では思う(笑)

けれど結構イイ年齢になった今
お互いを高め合えること または
お互いを尊重しあえること がとても楽しくなってくる。
レッスンにもまた違った目線で臨めるし。

お互いを高め合う気持ちが
周りに広がってゆくものだから
恋愛は幾つでも、ウェルカム!でいたいものだなと思う
今日この頃です。

Photo by Kiyonori Hasegawa

 

 

♡♡ 6月中ご入会の方に
バレエタイツを1足進呈いたします。
チケット購入またはお月謝入会された方限定。
スタジオ生限定の、ご紹介プレゼントもあります!

———————————————————————————–

★バレエで美しくなる方法でレッスン★
KayanoBalletStudioのご案内
都心から近い参宮橋・新宿御苑前で、バレエクラスを行っています。

現役バレエダンサーが美しく踊れるように指導。
何歳からでもバレエは楽しめます。
Kayano Ballet Studio HPはこちら

♡スタジオミキでのレッスンは月謝制もございます。
その他個人レッスンも行っています。
詳細はこちらから>>>

 

 

 

 

 

 

 

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中