クラスの組み方、伝え方、通ってきたことのツレヅレ

バレエ教師兼ダンサーの、河合かや野です。
今日から6月ですね。

大人の方向けにバレエスタジオを始めた18年前。
その頃「バレエをよりよく踊るためには
どうしたらいいのかなぁ」と言うことが、目の前の課題でした。
なによりまず、自分のことを向上させたかった。
怪我が多かったのもあったので
身体改造するんだ!と言う気持ちで動いていました。

講習会、沢山行きましたぁ・・・
中でもヤン・ヌィッツ先生の講習会では
解剖学もみっちり学びました。
その中身は本当に濃かった。

面白いなぁと思ったのが医療的な解剖じゃなくて
運動(フィジカル)のための解剖学があるんだ、と言うこと。
しかも踊るための!

当時は紀伊国屋さんで
解剖学書をいつも開いていましたよ。
高くて買えないから、見るだけ^^
けれど面白かった。

その頃学んだことは
今でも私の大切な礎。
一度間口が開くと、そこから先は好奇心が続く限り
どんどん探究し続けることができます。

学んだことを、何かに反映させたくてワクワク。
けれど当時のクラスの仕方を想い出してみると
「これが正しいのよ!」が、すごく強かったですね・・・・

今でこそ
「正しい、をベースにできたら、後は自分で感じましょ」と
言えるんだけど
余りにも習ったことの世界観が大きいかったのか
心酔しがちな面も有ったかと思います。

「学びたての頃は、ヒートアップしてるから
熱が冷めるまで待つことが大事」
と、ある先生から言われましたが
これはとても大切なこと。

私は身体が固まるレッスンと
解れるレッスンが分かります。
良いよ!良い先生!と聞いて、実際に受けてみて
初めて納得すると言うか。

アンシェヌマンを組むことは
短い文章を、しかも淀みなく美しく伝えられるようになる、
と言うのに似ています。

同じ言い回しでもちょっと高圧的か
優しさを感じるか等が分かるのと同じで
”その日の”アンシェヌマンは、講師のセンスであり
普段考えてることが出ます。
音楽性、身体に対する負荷の強さも取り入れながら
私は大人子供関わらず、それをベースにしています。

受ける側は疑問や質問が芽生えれば
伝えて良いのですよ。
「分からない・・・」と言う質問は
多分、教えてる側も答えが出せません(笑)
また「〇〇にはこう書いてあったけど
実際にはどうなんですか?」と言う質問も余り意味が無い。

なぜなら答えはひとつじゃないから。

そういう場合は、ムリに分かろうとせず
「なるほど!」で済ますのが一番!^^

楽しく、そして価値のあるものを
形として具体的に見えるわけじゃないけれど
続けて行くと結果が見えるもの
それを提供し続けて行きたいと、思っています。

今日も佳き日になりますように。

 

—————————————————————————————

★バレエで美しくなる方法でレッスン★
KayanoBalletStudioのご案内
都心から近い参宮橋・新宿御苑前で、バレエクラスを行っています。

現役バレエダンサーが美しく踊れるように指導。
何歳からでもバレエは楽しめます。
Kayano Ballet Studio HPはこちら

♡スタジオミキでのレッスンは月謝制もございます。
その他個人レッスンも行っています。
詳細はこちらから>>>

 

 

 

 

 

 

 

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中