写真目線は、踊り手目線~バレエで美しくなる方法

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

宣材写真、撮ってもらったことありますか?
パンフレットやチラシに載せる時に使う写真です。

証明写真と違うのは
証明写真は、真正面を向いて撮ったものを使いますが
宣材写真は、少し身体に角度を付けて
撮ったものが多いです。
そして”その人らしさ”が、全面に出てるものを使います。


私=ピンク、のイメージが定着した写真(だそうな)

こちらは美容師さんご用達の雑誌に載った時のもの。
メークも着つけもバッチリ!
そして目線について、色々な指示が飛んだ現場でした。

下の2枚は、プロカメラマンさん達に撮ってもらったもの。
この時も、色々な目線指示が有りました。


宣材写真が要るなぁ、と感じ
初めて撮ってもらってから
幾度かプロカメラマンの方に
撮ってもらう機会に恵まれてます。

4枚とも違う方ですが
皆さん仰ることは同じ。

「目線、遠くを見て~!」

遠くを見てる目線って、柔らかいんです。
だから表情が優しく見える。
遠くを見てから、段々近くに焦点を合わせるように
持って来るんですね。

「そして、目だけで見ないでね!」

これも言われます。
動きが固くなるのと、表情が出ないからです。

撮られることに対し、まだまだ慣れてないため
指示が飛ぶと、つい考えちゃう自分が居ますが
けれど「これはバレエ踊る時と同じ!」と思って
臨んでいます。

バレエのクラスで、目線の注意されませんか?
私はいっぱい注意します。
動きが固くなるし、表情が出ないからでもあるけれど
何よりも、顔が恐くなるから(笑)

写真は、実物よりも綺麗に見えるのが正解(だと思う)
それはカメラマンさんの腕
撮られてる時間中、努力した被写体の意識の在り方
そして機材(この辺はよく分からないので触れませんが)
の結晶です。

今はHPやブログ
写真見て判断することが多いですが
案外伝わってるもの、あるんじゃないかな?
写真でピンと来たところは
案外当たってますよ♡

そしてバレエを活用するなら、踊り手目線としても
撮られるときのヒントとしても、目線を大切にして
優しい表情で、一日を過ごせますように。

 

—————————————————–★

♡スタジオミキでのレッスン、時間変更と月謝制導入のご案内

その他個人レッスンも行っています。
詳細はこちらから>>>

★バレエで美しくなる方法でレッスン★KayanoBalletStudioのご案内

現役バレエダンサーが美しく踊れるように指導。
何歳からでもバレエは楽しめます。
Kayano Ballet Studio HPはこちら

 

 

 

 

 

 

 

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中