衣装は、役を演じるために着るもの

Kayano Ballet Studio河合かや野です。

普段のお洋服でも衣装でも
「服に着られてしまってる」と言う表現、聞かれたこと有るかとおもいます。
服=普段の生活が体に表れ、それが服を通して外に発信される。

 

こちらは一幕で着たお衣装。
私なりにすごくツボで、個人的に欲しかったぐらい(笑)
二幕の衣装がゴージャス&重いもんですから
こういう軽いのが良い!と言う意味ではなく
着た時に醸し出される雰囲気が、好きでした。

舞台袖で、某バレエ団団長先生が
「かや野さん、衣装似合うねー!」
と言って下さり、ありがとうございます!と。
その後「せんせ、バレエってコスプレ力、必要ですよね~」と言うと
「そうだよ~!」と返して下さり(笑) 面白かった。

衣装は役を演じるために着るものですが
それは、普段のお洋服もほぼほぼ同じです。

バレエ衣装と言うと、一般の方はチュチュをイメージされるけど
でもドレスも衣装だよ?と私は伝えます。
たとえば、結婚式で着るドレスが似合いたいから
バレエを習う方もいらっしゃいます。
それは前向きな目的で、すごく良いと思う。
立体的に見えるものは、元々の体幹を整えておく必要がありますから。


この5キロ近い衣装を着続けられるために
ピラティスボールを使った股関節の筋トレを、毎日欠かしませんでした。
バレエクラスだけだと、体が軽くなってしまうため
背中や腰にかかってくる重量に耐えられん、と感じたので。

そして、膝をきちんと閉じて座るとか
肩甲骨をしっかり起こすとか、ちょっとしたことにも
普段以上に気を配って過ごしましたね。
着られてしまってるなんて、言われたくない!と言う心の声もあったけど
「似合う。」と言うところに、やはり持って行きたかったのです。
それもひとつの役作りかな?

★昨日子供達に写真を見せたら
「せんせい?うそー、ちがうひとでしょ?」
「せんせい、がいこく、いったの??」とか
可愛い反応が沢山返ってきました(笑)

今日も佳き日になりますように。
春めいてきましたねー。

 

★メールアドバイスコースのご案内★
個人レッスンメールアドバイスコースのご案内を
 固定ページにアップしました。
本当に必要な方に、届いて欲しいと思っております。
今月も2月と同じ料金で、対応させていただきます。
お問い合わせは→こちらから

~大人のバレエはエレガントに美しく、そして健康に~

体を動かすことは、今の時代美しさと健康に繋がります。
バレエは、その両方を叶えてくれます。

初心者でも安心して始められるエクササイズ&バレエや
経験を積んだ方には、基礎力を高め、体の使い方を見直し
よりダイナミックな表現ができるようになるために
きめ細かく丁寧に指導しています。

レッスンは予約制のものと、オープンクラスがございます。
予約制クラスは、当日の場合クラス開始2時間前までにご連絡ください。

Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中