スタジオの歩み

スタジオHPの”スタジオ・講師紹介”に、「スタジオの歩み」を追加しました。

歩み=歴史を振り返ってみて思うのは、発表会が出来るようになってから毎回「全力投球」で来たこと。
バレエを知っている人も、余り良く分からない人もとにかく「舞台に出てみましょう!」だった気がします。
舞台に出ることで本当に人は成長しますし、それがモチベーションとなることが多い。
ただ何回もやってきて想ったのは「舞台が最終地点」にすり替わってしまっている部分に気づいたのです。

またバレエに必要な素質として、コツコツ積み上げて行くことにより習得する精神性や、場の空気を読むこと等があります。
既に社会人になっている大人の方に、それを気づきとすることのむずかしさ。
踊りを踊る事よりも、人をまとめることの方に重点を置かざるを得ないリハーサルが苦痛にさえ感じることも。
これもまた勿体ない・・現実でした。

現在スタジオ自体では舞台の予定はないですが、今は人材を育てている期間と思っているので
必ずまた行いますよ(*^_^*)
舞台出演のチャンスは、友人が主催する舞台のお話もちらほら頂いていますので、それに出演することも可能です。
来年8月にお話を頂いています♪(*^_^*)♪ 
詳細は近々公開いたしますね。

その他、スタジオで行ってきたことを明記しておきます。
(不定期開催で継続・単発開催も含みます)

パドドゥクラス
ボディコンディショニングクラス
生ピアノでバレエレッスン
フェルデンクライスWS
コンテンポラリーWS
スタジオミキでのパフォーマンス
作品クラス講話
作品クラス講話と食事会
親子バレエ

過去のスタジオ発表会写真は→コチラから


写真はパドドゥ作品クラスより。Photo Junko Matsuo

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中